• ホーム > 
  •  > タグ:
  • 塗装
  • チョーキングを抑える?!聞いたことがないラジカル制御型塗料を解説します
    1. チョーキングを抑える?!聞いたことがないラジカル制御型塗料を解説します

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「ラジカル制御型」という水性塗料の解説動画です!

      聞きなれないものですが、一体どのような塗料なのでしょうか?

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

       

      水性塗料でも高耐久!ラジカル制御型塗料?外壁塗装は基本的に塗り替え道場では油性を使用しますが、アパートやマンションの塗装で匂いが出ない水性を使用するときがあります。

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

       

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      水性と油性の違い

      さて、現場はアパートで出演は塗装班職長・寺西くんです。

      寺西先生の塗装講座、はじまりはじまり~。

      今までいろいろな塗料をご紹介していますが、覚えていますでしょうか?

      油性の2液性のものが大半で、クリーンマイルドシリコンやクリーンマイルドフッ素といったものがよく登場していました。

      今回はアパートということもあり、水性塗料で塗装を行っています。

      水性塗料って、塗替え道場で出てくるのって珍しくないですか?

      あまり、話の中でも登場していないですよね。

      なぜアパートだから水性塗料を使用しているかというと、住人の方が匂いを気にされるのでその辺りを考慮してのことだそうです。

       

      普段、「油性油性」っていっているのに急に水性塗料?

      油性と比べて性能が落ちるんじゃないの?

       

      マジックでも水性より油性の方がなんだか強いイメージがあるかと思います。

      本当に水性は油性より性能が落ちるのでしょうか?

      確かに昔の水性塗料は劣化が激しく持ちが良くありませんでした。

      一番よくある劣化症状は、ツヤが急に落ちることです。

      そして油性に比べて持ちが悪くて、チョーキングが出やすい。

      チョーキングというのは白い粉が発生してくる劣化症状です。

      この白い粉が発生すると塗膜劣化のサインですので、メンテナンスのタイミングですよ。

      今、この壁は塗ったばかりでまだ1回目なのですが、ピカピカでツヤツヤじゃないですか~?

      いつも使用している油性に見劣りしないくらいキレイですね。

      どのような塗料を使用しているのでしょうか?

       

      チョーキングを起こすラジカルとは?

      今回使用している水性塗料は「エスケープレミアムシリコン」です。

      ハイブリッドシリコン樹脂塗料というもので、ラジカル制御型塗料になっています。

      ラジカルというものを制御する機能、性能がついた塗料なのです!

       

      はて?ラジカルとは?

       

      実はこのラジカルというものがチョーキングを起こす原因。

      つまり悪いものなのですが、これを抑えてくれる性能がこの塗料には付いているのです!

      塗料の中に白の顔料として酸化チタンが使われています。

      紫外線を浴びるとラジカルという物質を出し、塗膜の劣化を促進させるのです。

      これによってチョーキングが起こるという仕組み。

      ラジカルにより塗料の寿命も短くなりますので、ラジカル制御型を使用することで油性と同じくらいツヤも出て長持ちします。

      素晴らしい塗料ですね!

      しかし特別な性能があるということは、扱いは変わるのでしょうか?

      基本、油性も水性も塗り方自体はさほど変わりはありません。

      ただ、水性には油性に無い特徴があり、そのあたりが難しいようです。

      ます、水性の特徴は塗っている時ではなく塗った後に色味が出ます。

      塗っている最中は色味が薄く出るのです。

      確かに、寺西くんが塗った箇所、薄いですよね

      色の上りが後から来るので、塗っている時は明るく見えます。

      そして後からだんだんと濃くなってくるのです。

      これはおもしろいですね!

      油性にはない現象です。

      乾くと色が濃くなりますので、2回目の上塗りの時に差が出ます。

      塗っている時に色の違いが、目で見られるという訳。

      乾くとちゃんと同じ色になりますよ。

      本当に色が違うのでびっくりですね。

      これなら塗り残しなく完ぺきに塗れますね!

       

      乾きが早い!水性塗料の特徴

      ラジカルについては分かりましたね!

      水性塗料には他にも乾きが早いという特徴があります。

      特に夏場は乾燥時間がかなり短くなり、とっても早い!

      指で触れるくらいの指触乾燥(表面の乾燥)は炎天下で直射日光が当たっていればなんと20分ほどで乾くそうです。

      これはすごい!

      けれど、塗っている時からどんどん乾いていくので、ムラが出やすいというデメリットが。

      今回のこの現場は、そういったことも踏まえて複数人で作業しているそうです。

      上下作業にする、なるべくつないで塗る、といった工夫をして行うそうですよ。

      また、塗料によって乾くスピードも違います。

      それぞれ塗料の説明書きにちゃんと乾燥時間が載っていますので、塗る時はよく読みましょう!

      早く乾く水性塗料ですが、湿度が高い時は乾きづらくなります。

      水で希釈する塗料なので、空気中に水分が多いと薄くなったりすることも。

      塗る際も早くつなげないと毛羽立ちという状態になり、ツヤが引いてしまうのです。

      それが水性塗料の難しいところですね。

      なので、半乾きの時はあまり触らないようにした方が良いですよ。

      でも、滑りが良いのでスッーと塗れます。

      もし、DIYで塗装をするならば水性の方が扱いやすいですよ。

      油性は準備ももちろんですが、終わった後の処分も大変!

      匂いもきつく、汚れもシンナーでないと落ちません。

      火事の元にもなりやすいのでかなり気を使いますね。

      その点、水性塗料は簡単に落ちます。

      肌に付いてもお風呂で擦れば落とせますので、DIYには水性塗料がおすすめです!

       

      プロはハケも使い分ける

      水性塗料と油性塗料の違いは結構ありましたね。

      使用している道具は何か違いがあるのでしょうか。

      ここからは寺西くんがハケに付いて熱く語ってくれます。

      まず、水性塗料のハケはナイロン製です。

      いわゆる化学繊維で作られた人口毛でフワフワとしています。

      対して油性塗料用は獣毛で、ヤギの毛が多いそうです。

      他にもタヌキ、馬、ブタ毛などがありますよ。

      またどこの毛なのかにもよって、値段が変わります。

      ヤギですと、腕の毛、顎の毛、しっぽなど。

      そういえばヘアブラシや歯ブラシなんかも毛の種類があるのをご存じですか~?

      使用感の違いや、値段も差がありますよね。

      塗る対象物でハケの毛の種類が変わるそうです。

      例えばブタの毛ならば、硬いのでリシン仕上げなどにGood!

      リシン仕上げというのは外壁の種類で骨材が入っている表面がザラザラ・ボコボコしている壁です。

      そういったザラザラには柔らかい毛では負けてしまうので、硬いブタ毛がいいそうですよ。

      塗る物の種類によってハケも使い分けているなんて、さすがプロですね!

      メーカーによっても違いはあるそうで、適した使用法などはちゃんとハケの説明書きに記載されています。

      購入する際はよく読んで参考にしてくださいね。

      また、毛の長さも種類があるそうですよ。

      好みもあり、短い方が使いやすい人もいれば、長い方が上手く塗れる、という人も。

      寺西くん愛用のハケはGPフレッシュというものです。

      2,000円ぐらいでちょっとお高め…?

      けれど使い捨てではないので、洗って手入れをして大事に使用しています。

      1本で半年ぐらいは使用したいので丁寧に扱うようにしているそうです。

      雑に扱うと固まってしまい使えなくなってしまうので、手入れは大切ですね!

      このGPフレッシュは毛先が細いので線が細くキレイに塗れるそうですよ。

      お高めではありますが、やはり道具にはこだわるのがプロですね。

      寺西先生、解説をありがとうございました~。

       

      次回は「錆止め」についての解説です。

      台風が落ち着きましたが、大雨もまだありますね。

      鉄部塗装についてお話しま~す。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

       

    2. 塗装道具紹介パート2!塗装職人の道具を公開します! 

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から前回の道具紹介動画の第2弾!

      工具などのご紹介で~す。

      塗装する時はどのような道具を使用しているのか、お見せします!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

       

      外壁塗装に必要な道具ご紹介!塗装職人なら誰でもわかる工具を塗り替え道場流にご紹介します。

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      道具紹介パート2

      今回はプロの塗装職人が使用している道具類のご紹介ですが、実は前回紹介済みの動画の続きになります。

       

      パート1はこちら↓↓↓

      道具紹介!塗替え道場の塗装班道具紹介!外壁塗装のプロの使う道具を解説します。

       

      前回はテープ類をご紹介しました。

      マスカーやマスキングテープなど色々ありましたね~。

      その時に紹介しきれなかった他の道具をお見せします。

      どのようなものがあるのでしょうか…?

      最初に登場したのは、「証拠写真用カード」です。

      これは他の動画でも何度か見たことあるかもしれませんね!

      塗替え道場のHPにも現場写真が掲載されているのですが、そこにもちゃんと写っていますよ。

      手のひらぐらいのサイズで、単語帳のようにリング留めしてあります。

      塗装中」や「塗装完了」、「下塗り完了」などいろいろなパターンが揃っていますね。

      これを塗装しているところで一緒に映して、証拠写真を撮っているのです。

      お客様に進捗具合を報告する時に写真を一緒にお出ししています。

      これすごく分かりやすくていいですよね!

       

      使いやすさ重視!刃物類

      次は刃物類のご紹介。

      腰に付けられる専用のポケットのようなものにたくさん入っています。

      まずは、養生する時などに必要なカッターです。

      寺西くんはTAJIMAというメーカーがお気に入りだそうですよ。

      大き目の刃で切れ味抜群!

      しかもこのカッター、なんとお尻の部分に缶開けが付いるのです。

      刃先の方にはマイナスドライバーも付いていますよ!

      多機能でとっても便利ですね。

      職人さんに人気のあるカッターのようです。

      柄もカラバリ豊富らしく、寺西くんはを愛用。

      動画に何度か登場しているブリキくんだそうです。

      刃はシルバーのものが入っていますが黒い刃があるそうで、それの切れ味がすごく良いそうですよ。

      スッーと切れて気持ちがいい!

      やなり刃物は切れ味が要です。

      同じように刃物でハサミも持っています。

      このハサミは特別な物ではなく、なんと100円ショップのSeriaで購入!

      糊も付きにくく、切れ味も良いということです。

      見つけると買い占めるそうなので、寺西くんおすすめの逸品ですよ。

      ぜひ皆さんも購入してみてください。

       

      ケレン作業にはこれ!

      こちらも他動画で何度かご紹介していますが、ケレン作業に必須な革漉きです。

      あまり見かけない道具かと思いますが、形はヘラに似ていますね。

      缶を切って開ける時や、サビ取りをする時などに使用するものです。

      寺西くんが2つ手に持っていますが、1つが違いますね~?

      端が丸くくり抜かれていますね。

      これは何に使うのでしょうか?

      実はローラーをしごくのだそうです。

      洗う時などに、これでしごくと塗料を吐き出させられる優れもの。

      専用の革漉きです。

      革漉きの柄もいろいろ種類があり、寺西くんは樹脂派だそうですよ。

      握った時に手が痛くなりにくいそうです。

      こだわりも人それぞれですね。

      木製の柄が多いみたいで、お尻の部分が金属になっている物もあるそうです。

      金属のは、ハンマーで叩けるようにできているのでそれも便利そうですね!

      普通のホームセンターで販売されているので、欲しい方は見に行ってみてください。

      こういったものは全部布製のケースに入れ、ベルトに通して仕事しています。

      そして次は電動工具のサンダー

      グラインダーと呼ぶこともあるのですが、本来は研磨用がグラインダーでサビ落とし用のサンドペーパー(紙やすり)を付けたものはサンダーといいます。

      すごく似ているのですが用途が違い、工具自体も別物なのですね。

      ヒダヒダになっているサンドペーパーを付けて電気で動かします。

      めちゃくちゃ取れそう!

      ひたすらサビ落としが続く時などに、これを使用しています。

      手でやるのは大変そうですからね。

      コードレスバッテリー式もあるそうで、そちらは短時間用

      一部を削る時に使用します。

      ずっとサビ落としが続く時はコードの方を使用です。

      鉄部塗装をする時は必ずケレン作業が必要ですので、一日中サビ落としの時はこれが一番!

      サンドペーパーを強力な物に変えて使用しています。

      次はスクレーパーです。

      これはあまり見たことがないですね。

      革漉きに形が似ているのですが、先の部分がカッターの刃になっています。

      危なそ~!

      よく切れそうじゃないですか?

      塗料を剥がしたい時に使用するものです。

      浮いているもの限定だそうですが、よく取れるそうですよ。

      傷が付くので、傷ついても良い場所に使用したりします。

      サイズもいくつかあり、小さいものをよくケレン作業では使用しているそうです。

      便利な寺西くんおすすめの道具なので、使てみてはいかがですか~?

       

      何でもあります!

      ここまで刃物やケレン道具など、塗装屋さんっぽいものが出てきましたね。

      後は何があるのでしょうか~?

      ちょっと変わったものを紹介。

      次に寺西くんが見せてくれたのは、テープ。

      前回のマスキングテープと同じようなものと思ったら、これは「配管保護テープ」なのです。

      エアコンのホースに巻かれているテープで、塗替え道場がサービスで行っています。

      現場に行って、エアコンのホースがボロボロになっているのを見つけるとサービスで巻き直ししますよ!

      営業から圧力がかかっているそうなので、やらない訳にはいかないですよね(笑)

      けれど、あんまりたくさんあると大変です…。

      テープつながりで次は「ペンキ塗りたてテープ」。

      貼るだけで注意喚起ができるので、とっても便利です。

      おすすめテープですよ~。

      そして、小物を外す際に使用する「ソケット」もあります。

      六角になっているもので、フェンスを外す時などに使用するものです。

      格子が付いている窓がありますよね?

      塗りにくくて邪魔だな~、中側が塗れないな~という時に外したりするそうです。

      邪魔だから塗れない、で塗らない訳にはいかないのでそういった時に使用してしっかり塗装を行っています。

      もう1つ金具があるのですが、こちらは足場のクランプを外す道具です。

      足場材があって塗れない時などに、外して位置を変えたりもします。

      ハンマーも持っていますよ。

      ちゃんと足場班が塗装しやすいように組んでくれているのですが、塗装班でもこっちの方がやりやすいと思った時には足場を組みかえたりすることも。

      他には塗装する際に無くてはならないもの、はかりです。

      このはかりデジタルで、とっても見やすい!

      塗替え道場の塗料は2液性なので、主剤と硬化剤、シンナーを混ぜる時に使用します。

      デジタルはいいですよ!

      計った後に“0”に戻せるので、乗せたまま次の材料を計れます。

      最重量は15kgぐらいのものがおすすめ。

      一斗缶1本分より多い量が計れるはかりが使いやすいです。

      シーリング材も持って行くことがあります。

      後から、クラックが出た時にちょっとした補修もしているそうです。

      アルミテープも持っていて、トタンに穴が空いている時などに補修します。

      塗装と関係ないものも用意しているのですね。

      実は樋交換もできて、付け替えや勾配の取り直しなども行います。

      塗装屋さんは「なんでも屋さん」ですね!

      塗るだけではなく様々なことができますので、ぜひ塗替え道場にご依頼くださ~い

       

       

      次回は「水性塗料について」の動画をご紹介します。

      水性塗料ってあまり登場しないですよね~。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

       

       

    3. 塗装の必需品マスカーやテープをご紹介!~寺西先生の塗装講座・道具紹介編

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「塗装職人の道具」についてご紹介ですよ!

      プロの塗装職人が使う道具、気になりませんか~?

      全てご紹介するわけではないのですが、いつも車に積んでいる必需品から何点かピックアップ!

      ぜひご覧くださ~い!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      道具紹介!塗替え道場の塗装班道具紹介!外壁塗装のプロの使う道具を解説します。

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

       

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      塗装職人が使う道具とは?

      今回は塗装班職長・寺西くんがプロの塗装職人が使用する道具紹介をします!

      いつも車に積んでいる必需品をとりあえず並べていますが、今回はテープに的を絞ってお送りしますよ。

      視聴者の皆様からも「道具紹介をしてほしい!」とよくコメントをいただいていますので、満を持して、道具紹介の回でございま~す!

      現場が飛行機がよく通るところのようで、音声が聞き取りにくいのですがご了承ください。

      ノイズが多めです、スミマセン!

      社長自らピンマイク持って音を拾っております。

      では寺西先生の塗装講座・道具紹介偏で~す。

       

      養生にはこれ!マスカー

      やはり塗装屋さんが使う道具といえばこれ!

      マスカーです。

      何度か塗装動画でも登場しているのですが、覚えていますでしょうか~?

      ガムテープとビニールシートが一体化している養生用の道具です。

      これならばビニールシートをいちいちテープで留めなくてもいいので作業が楽そうですね。

      ビニールシートを貼るだけで広げることができる、とても便利な道具。

      しかも、このビニールシートはただのビニールシートではないのですよ。

      なんと静電気加工がしてあります。

       

      え?静電気?ビニールシートが手にまとわりついて邪魔じゃない?

      バチッとして嫌じゃない?

       

      静電気と聞くと、どうしてもマイナスなイメージがありますよね。

      特に冬はバチバチするので苦手な方も多いはず。

      なぜこのような加工が施されているかというと、まず窓などにくっつきやすい!

      ペタッと静電気でくっつくので貼りやすいですね。

      これは素人でもすぐに分かることですが、それだけのために加工がしてあるわけではありませんよ。

      塗料がくっ付きやすいようになっているのです!

      どういうことかというと、塗料は粉状になって飛んでしまうのをご存じでしょうか?

      その粉状になった塗料がビニールシートにくっ付くように静電気加工されているわけです。

      これすごいですよね!

      さすがの社長も知らなかったようです。

      塗装専用、となっているのはそういう意味なのですね!

      そしてサイズもいろいろあります。

      塗替え道場で使用している物は5501100の2種類。

      ガムテープの色も種類があるそうですよ。

      パッと見でこれが550、こっちが1100と分かるように色分けして使用しています。

      ちなみにだいたい塗装屋さんは550をで使用しているそうなのですが、塗替え道場は逆です。

      茶色5501100

      なぜかというと…。

       

      発注間違えちゃった!!

       

      今更変えるとみんな混乱してしまうので、ずっとこれでいくそうです(笑)

      これらを窓や養生するものに対してサイズを使い分けています。

       

      マスキングテープといえばカモ井

      お次はマスキングテープです。

      これは動画内でいつも紙テープと呼んでいるものですね。

      養生する際には必ず使います。

      塗装班で使用しているのはKABUKIという名前のものです。

      名前がすごく格好いい!

      SASUKEもあるそうで、それぞれ幅が違うのだそうです。

      メーカーはマスキングテープで有名なカモ井加工紙株式会社

      mtというマスキングテープを見たことありませんか?

      マステ女子もいるくらいマスキングテープは様々なものがありますね!

      寺西くんはKABUKIの太いのと細いのを使用しているそうです。

      太いのは「軒天と壁の取り合い」で使用している、と言っているのですがちょっと分かりにくいので補足します。

      色を変えます、という時にテープを貼るのですが細いテープだとハケで塗る際にはみ出しやすい!

      勢い余ってハケが飛び出した時に、太ければその分被害が最小限になる、とうわけですね。

       

      じゃあ、全部太いのを使用すればいいんじゃない?

       

      ところが太いのは小回りが利かず、場所によってはちょっと使いづらいところもあるのです。

      例えば角を取ったりする時、太いとやりづらい!

      サッシなどは細い方が使いやすいそうです。

      そしてこれ一番、大事!

      値段も違います。

      コスト面を考えると、使い分けした方が無駄もないのですね。

      このKABUKIは割と粘着力が強いタイプで、弱いものも使用しているそうです。

      弱いのは何に使うのかというと、既存のものに貼る時に使用します。

      既存というのは色分けをする時の元の壁などのことで、粘着力が強いとそこの塗料を剥がしてしまったりするそうです。

      そうならないためにわざわざ弱いものも用意しています。

      紙テープといえども、きちんと用途別に使い分けているなんてさすがプロですね!

      それと、弱い粘着力のものは剥がす時に破れやすい!

      そうなると残ったものを取るのが大変なので、一発で剥がせるものを普段使用しています。

      スッと剥がせると作業効率も変わりますからね。

      そういえばシーリング班も紙テープ使っているのをご存じですか?

      昔、社長は在庫管理が楽なるから、全部同じ物を使用して欲しいと頼んだことがあるそうなのですが、作業自体が違うので同じ物は使えないと言われたそうですよ。

      今そんなことを言うと「社長は何も分かってない!」とコメント荒れてしまいますね!

      ちゃんと社長はそれぞれの仕事を理解していますよ!

      YouTube撮っているだけではなく夜はちゃんと社長業に勤しんでいます。

      お疲れ様です!

       

      粘着力比べをしてみよう

      次にご紹介するのは、ガムテープとパイオランです。

      パイオランとは一般的に養生テープと呼ばれている粘着力が弱く、手で簡単に切れるテープのこと。

      ガムテープは粘着力も強く、尚且つ糊残りも強いそうです。

      直射日光が当たってしまったりすると糊がべとべとに残って、それをキレイに取る作業がすごく大変!

      なので、サッシなどには使用しません。

      さぁ、ここでこれらテープの粘着力を試してみたいと思います。

      社長のヘルメットに貼って、どれぐらい違うのかを音を拾って確かめてみましょう。

      寺西くん、お願いします!

       

      ヘルメットに貼ります…グルッと一周して…

      更に一周して…鼻と口をふさいで…

       

      おっと!やり過ぎました!寺西くん、やらかしましたね!

      もう社長は声も出せないくらい、いい感じに巻けました(笑)

      でもこのまま強度を解説してくれています。

      ベリっといい音、拾えましたね。

      2人の仲良し具合をお届けしました~。

      次、パイオランテープです。

      引っ越しの時などによく使う養生テープですね。

      ちょっと切ってみましょう。社長、お願いします!

      あれ、意外と切れない…。すぐ切れますが、ちょっとコツがいるようです。

      粘着力はだいぶ弱く、地面には付きません。

      ヘルメットに…期待していますよ!

      やめてよ!と社長から振り来ていますからね!

      テープ伸ばしてビリッ…。

       

      やらんのか~い!

       

      そこはいかないと!まだまだの寺西くんでした!

      では剥がしましょう。

      ぺりぺり…。

      やっぱり全然、強度が違いますね。

      これはどんな時に使用するのかというと「あまり使いません」とのことです…。

      これだけ遊んでおいて、使わないとはビックリ!

      たまに使用するので常備しておくのですね。

      いろいろ道具を揃えていましたが、またの機会に他のものもご紹介します。

      ご期待くださ~い!

       

      次回はシート防水について解説していきます。

      列島を縦断していった大型台風でしたが、ご自宅で傷んでいるところありませんか?

      屋上の防水をご紹介します。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

    4. DIYで塗装するとどうなる?防水効果や耐用年数にも違いがでます~塗装工事は名古屋の塗替え道場に~

      台風・大雨が毎週のようにあり、気候が安定しませんね。

      涼しかったり暑かったりと、体調も崩す季節です。

      天気予報を見て「また台風が発生か…」と思いますよね。

      「台風後って外壁すごく汚れて嫌だな」って声もよく聞きます。

      強風で雨が打ち付けられて窓や壁が汚くなります。

      塗装がはがれていて気になってきたら外壁塗装のタイミングかも。

      「メンテナンスもしてないしそろそろ塗り替え時期かな」と思ったら外壁塗装を考えてみませんか?

       

      でも壁を塗るくらいなら自分でできそうだな!

       

      そう思う方も多いはず。

      今回はDIYで塗装をするのとプロに頼んだ時との違いをお伝えてしていきま~す。

      どのような道具、テクニックで塗装するのかもご紹介しますよ!

       

      塗装はDIYでできる?

      「DIYが趣味」・「棚や椅子の塗装をしたことがある」

      手先が器用で作ることを趣味としている方も多いですね。

      ホームセンターにはプロ仕様の材料もそろっていて、ネット通販では何でもそろいます。

       

       家の外壁ぐらい材料さえあれば自分でできる!

       

      大概の方は、そう思いますよね。

      自分でDIYすれば費用も抑えられるし、好みの仕上がりにできて良いことばかり。

      でも、外壁って簡単に塗れるものなのでしょうか?

       

      ローラーにペンキ付けて塗るだけでしょう?

       

      本当にそうでしょうか?

      まず、外壁塗装に必要な材料と道具を揃えないといけませんね。

      販売されている塗料には1缶で塗れる量の目安が書いてあります。

      なので、まず塗る場所の大きさを考えないといけません。

      外壁なので、平米で計算します。

      平米とは平方センチメートルのことで単位は「㎡」を使いますね。

      よく、不動産のチラシなどに「賃貸面積〇㎡」と書いてあるのを見たことはないでしょうか?

      面積を計算しなければいけません。

      外壁の縦と横の長さを計って、平米を出しましょう。

      そしてそれを元に材料をそろえます。

       

      こんなに使うの?!

       

      計算してみたら思った以上の量でビックリするかもしれませんね。

      次に道具を揃えます。

      使用するものはまず、ローラーです。

      これがあると広い面積を塗るのにとても楽ですので、外せない道具ですね。

      使用する材料に適した素材のものがあります。

      材料が水性か油性なのかでも変わってきますので、よく確認してください。

      そしてハケも用意しましょう。

      ハケもサイズがいくつかありますので、塗る場所に合ったものを用意します。

       

      ローラーで塗るのにハケが必要?

       

      壁をひたすら塗る時はローラーを使用しますが、角や壁の端っこ、付帯部と呼ばれる樋の裏などはローラーが入りません。

      上手く塗れませんので、そういった狭い場所はハケを使って塗るとキレイにできますよ。

      塗る前には必ずケレン作業をしましょう。

      ケレンとは掃除のことです。

      汚れていたり、ゴミやほこりが付いていたりしたらキレイに塗ることはできません。

      また、ケレンと一緒に必ずやって欲しいことは洗浄です。

      高圧洗浄機があるといいですね!

      洗浄機を使って、壁をキレイに洗い流しましょう!

      一通り洗浄が終わったら、塗装開始!と行きたいところですがまだ準備があります。

      それは養生です。

      養生とは窓や塗りたくない場所、壁の傍に置いてある車などに塗料が付かないよう、ビニールシートなどで保護すること。

      これをしておかないと、あちこちに塗料が付いてしまい大変なことに!

      しっかり養生はしてくださいね。

      この養生に必要なビニールシートやマスキングテープなどもホームセンターやネットで購入できます。

      ビニールシートはマスカーと呼ばれるガムテープとビニールシートが一体化した養生専用のものがありますので、それを使うと楽ですよ!

      サイズもいろいろありますので、窓の大きさなどに合わせて用意してくださいね。

      なんだか準備段階で疲れてきましたね。

      必要なものが多くて、大変ではないですか?

      用意するだけでも一日潰してしまいそうです。

      週末のお休みで塗装を考える方が非常に多いと思いますが、準備段階で最初のお休みは終わりそうですね~。

      養生を一通り済ませて、準備ができたら早速塗ってみましょう!

      塗料は何を用意しましたか?

      水性ですか?油性ですか?

      1液性のものと2液性のものがありますがどちらでしょうか。

      いざ塗る、となっても塗り方にも順序があります。

      最初に下塗り材を塗りますので、それを用意してください。

      ハケで細かい所を塗って、ローラーで広い面積を塗りましょう。

      外壁ですから上の方から下に向かって順序良く!

      全部塗ったら、乾燥待ちです。

      乾燥したら次は本番用の塗料を同じように上から塗ります。

      これが中塗りとなりますので、乾燥待ちをしてもう一度塗って、上塗りの完成です。

      お疲れ様でした~

       

       耐用年数は塗料の違いで変わる!

      塗装の工程をご説明してきました。

      塗料は1液性のものと2液性のものがあります。

      ホームセンターなどでは1液性のものしか販売していないかもしれません。

      材料屋さんやネットなどでは2液性のものが購入できると思います。

      1液性は「蓋を開けてすぐ使える」、2液性は「2つの材料を混ぜて使う」という違いがあるのですが、2液性は面倒くさそうですね。

      主剤と硬化剤が別になっており、使用するたびに混ぜて作ります。

      確かに1液性はすぐ塗れて、保存も楽でいいのですが、2液性の方は仕上がりが良く持ちが違う!

      耐用年数も変わってきます。

      また、使用材料で耐用年数も変わってきますが、一般的なものですとウレタン、シリコン、フッ素があります。

      値段もフッ素が一番効果ですが耐用年数も一番長く、丈夫です。

      もちろん、下塗りからきちんと塗装をした場合ですよ。

      フッ素の塗料をいきなり洗浄もしていない外壁に塗った場合は、長持ちしません。

      全ての工程を経た結果にですので、DIYの際も手順を守れば塗料の缶に書いてある耐用年数で外壁を守ることができます。

       

      塗装工事をプロに任せる理由

      DIYで塗装をする方法をご説明しましたが、ここまでの工程で「自分でできる!」と思いましたか?

      養生するだけでも、きっとお休みが終わってしまいますよね。

      ですので、DIYの塗装はやはりおすすめできません。

      また、洗浄も養生せずに塗料をいきなり塗るというやり方は上手く塗れませんのでNGですよ。

      下塗り・中塗り・上塗り3回塗りをしないと外壁を守ることができません!

      例え塗れたとしても、ただ塗っただけでは剥がれてきたり、雨水が侵入してしまったりと、もう一度塗らないといけなくなります。

      しっかり塗装をすれば10年ぐらいは持つものなので、ここはやはりプロに任せてみませんか?

      もちろん、洗浄も養生もきっちり行い、隅々までキレイに塗装します。

      3回塗りをして仕上がりもとってもキレイです。

      ついでにクラック(ひび割れ)などの補修もしましょう。

      雨漏りの心配がないように見てもらうこともできますよ。

      また、足場を組むのであれば防水工事も一緒に行って台風・大雨に備えませんか?

      塗替え道場では塗装工事と一緒に防水工事もおすすめしています。

      防水専門の職人も抱えておりますのでトータルメンテナンスができますよ!

      確かに「DIYの方が安くできる」というのもありますが準備も大変、失敗したら塗り直し、となるならばプロに任せてください。

      満足のいく仕上がりで、家屋を守るお手伝いをしますよ!

      資料請求・見積り、お待ちしております!

       

      次回は「屋根塗装」の動画をお届け!

      屋根の職人さんと塗装班・職長寺西くんがじっくり解説します。

      お楽しみに~☆

    5. 塗り替え道場は補修もできます!吹き付けタイルの模様を復元しました~!

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「吹き付けタイル」についてご紹介していきます!

      吹付タイルってどんな工事?

      塗装と関係あるの?

      塗るだけじゃない塗装の技術をお見せします!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      塗装職人が本領発揮!職人技が光る!外壁の復元!補修工事お見せします!

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      吹付タイルってタイル工事?

      今回はいつもの塗装解説動画とちょっと違います!

      ただ塗るだけじゃない塗装の奥深さをお見せしますよ~。

      現場は戸建て、外壁の塗装です。

      出演は小林社長と塗装班職長・寺西くん。

      壁一面に養生がたくさんしてありますね。

      この壁をよく見て欲しいのですが、ぽつぽつしているのが分かりますか?

      これ、「吹き付けタイル」っていうものです。

       

      え?タイル工事?

       

      ハズレ!塗装工事です!

      タイルと名前が付いていますが、塗料を塗って模様を作る塗装技術になります。

      どうやって作っていくのでしょうか…・

      一緒箇所だけ空いていて、白くなっていますがここはパテがしてあり、この上にぽつぽつの模様を作っていきます。

      今回は材料の解説から、仕上げまでをお見せします!

      職人技をとくとご覧ください!

       

      えい!

       

      ここで魔法登場!

      とは、しませんのでご安心を~(笑)

      では材料の紹介です。

      吹付タイル専用の塗料「レナラック」。

      これをまず、撹拌していきます。

      よ~く混ぜますが、長いのでここは魔法で!

      パッ!終わりました。

      これを吹付用の「ガン」に詰めますがスミマセン、ここもでいきます!

      パッ!詰めました。

      魔法が何度も登場しますが、施工部分は魔法なしでちゃんとお見せします!

      詰め終わった段階で早速、拭き付けていきますよ。

      ガンの先にチップというものがあり、口径がいろいろあります。

      このチップを変えることで、模様の大きさを変えることができるのです。

      同じ模様を作るために、この口径で大きさが合うかどうか試し吹きをします。

      そのために毎回、このような大き目の養生をするそうです。

      拭き付けてから「大きさが違った!」なんてことになったら大変ですものね!

      では吹いてみましょう!

       

      シュバババーーー!

       

      結構、音がしますねー。

      ちょっと小さかったようです。

      大きい口径に交換するので魔法をかけます!

      はい!戻ってきました。

      もう一度吹きましょう!

       

      シュドドドドドーーー!

       

      音もなんだか違う気がします。

      大きさ、全然違いますよ。

      口径を変えただけで、こんなに模様に違いがでるのですね。

      本番、いってみましょう!

      ここで社長が念押しです。

       

      これを吹くと、この壁の模様と同じになり全然分からなくなるということ?

       

      なります!(キッパリ)

       

      本当に~?

      見せてもらいましょう!

       

      シュドドドドドーーー!

       

      終わりました!

      白いままなので、まだ分からないですね~。

      粒上のものがたくさん、飛んでいますが本当に同じになるの~?

      最後は壁と同じ緑にちゃんと塗ったら完成ですよ。

      次の工程にいきます。

      ジャンプ~~~!

       

      模様もいろいろ、拭き付けの種類

      さて、ここで拭き付けに関してご説明しますね。

      拭き付けと呼んでいるこの塗装技術ですが、種類がいくつありますのでご紹介!

      今、寺西くんが行った拭き付けタイルの他に、スタッコリシン仕上げと呼ばれるものがあります。

      まず、拭き付けタイルですが、タイルと呼ばれていますがもちろんタイル工事ではないですよ。

      ガンと呼ばれるスプレーを使用し、塗料を噴射させて模様を作る施工です。

      凡タイル、玉吹き塗装とも呼ばれます。

      なぜ、タイル工事でもないのに拭き付けタイルと呼ばれるかというと、「硬化するとタイルのように硬くなる」、「タイルに代わる材料としてよく使用されるから」だそうです。

      諸説あり、みたいですが「なるほど~」と思いますよね。

      この拭き付けタイルの美しさは職人の腕によって変わってきます。

      つまり、腕の良い職人に仕上げてもらわないと、今回のような補修は上手くできない、ということです。

      寺西くんはもちろん、腕の良い職人ですので同じに施工しますよ!

      模様を付けた後には、仕上げ材を被せて仕上げます。

      次はスタッコです。

      仕上げ材(セメント・塗料・骨材)を吹き付けますので、塗装は被せません。

      吹き付けタイルとの違いはここですね。

      吹き付け後にそのまま乾燥して仕上げる「吹き出し仕上げ」と吹き付け後にローラーで押さえる「凸部処理仕上げ」の2種類の施工法があります。

      スタッコのデメリットは凹凸がかなりありますので、この凹凸部に汚れが溜まりやすい!

      しかし、厚みがかなりありますので耐久性がありますよ。

      低コストでもありますので、このスタッコはおすすめです。

      もう1つの工法は、スタッコに似ているのですがリシン仕上げといいます。

      こちらも仕上げ材(塗料に砂壁状の骨材)を吹き付ける施工。

      施工も早く低コストなのはスタッコと同じですが、塗膜はスタッコより薄いです。

      クラック(ひび)が発生しやすいというデメリットがあるのですが、クラックに強い製品も登場していますので、こちらもおすすめですよ。

      壁に模様を付けたいと思ったら、こちらの吹き付けを思い出してみてくださいね。

       

      吹き付けたらローラーで仕上げ

      さぁ、次の工程ですよ!

      吹き付けた玉のサイズが大きくて、団子状なのでこれをつぶしていきます。

      まさか、一つ一つ潰していくの?

      いえいえ、使う道具はこれ!

       

      ヘッドカットローラ~~~!

       

      吹き付けなどで作られた凹凸模様を抑える他のローラーです。

      これにシンナーを付けてローラーでつぶしていきます。

      なぜシンナーを付けるのかというと、ローラーに塗装がくっ付いてしまわないようにするためです。

      シンナーは弾くので、ローラーをかける前によく付けましょう。

      では、つぶしていきます。

      ちょっと固まってきてしまいました?

      でも、これの上に塗料を塗るのでその仕上がりも計算に入れてやらないといけないのですね。

      できました!

      どうでしょうか…目地のテープを外します。

      この後は乾燥待ちをして、塗料を塗っていきますよ!

      壁の色と同じ、緑色の塗料をローラーで塗ると…。

      境が消えて…壁と同じになっていきます!

      動画で確認してみてください。

      分からないぐらいになっていますよ~。

      社長も乗り出して見ています!

       

      社長社長社長!

       

      カメラの前です!邪魔!

      せっかくの壁、見せてください…!

      そんなこんなで、塗り終わりましたので近づいて見てみましょう。

      どこからでしょうか?境が分からないですよね。

      キレイにできました。

      すごいですね!

      いかがでしょうか、合格ラインじゃないですか?

      お客様からもOKいただきました!

       

      補修も塗り替え道場に!

      このように、壁の模様を合わせる補修もきっちり行います。

      しかし、いろいろな技術があるのですね。

      塗るだけじゃない塗装の奥深さ、お分かりいただけましたか?

      動画でこの仕上がり、よく確認してみてくださいね。

      本当に分からないくらい、キレイに仕上がっていますよ。

      素晴らしい!

      塗装や他の技術など、見たい、聞きたいとありましたらぜひコメントをお願いします。

      寺西くんが解説しますよ!

      また、見積りもお待ちしておりますので、ぜひ資料請求もしてみてくださいね。

       

       

      次回は「雨漏り」シリーズでお送りします。

      もしかして雨漏りは自分で直せるかも?

      自分でDIYするのと、プロに頼むのとではどれぐらい違いがあるのでしょうか。

      費用は?期間は?ちゃんと直せるの?

      その疑問にお答えします。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

    6. ベランダも雨戸もキレイに!高圧洗浄機で塗装汚れもチョーキングも剥がしましょう!~寺西先生の塗装講座・高圧洗浄偏~

      皆様、こんにちは。

      愛知県・岐阜県・三重県を拠点とする外壁塗装専門店 塗替え道場 です。

       

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「高圧水洗浄」についての動画をご紹介!

      ご家庭でも使っている方いるのでは?

      なぜ塗装の前に洗浄するのか、使い方も解説します!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      痛みが酷い住宅の洗浄はこうする。プロ仕様の高圧洗浄機の使い方解説

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      塗装前に行う大事な工程

      今回の現場はトタンの住宅です。

      ここで、塗装前に行う大事な工程をご紹介!

      使用するものは高圧洗浄機で、ホームセンターで売っているようなものではなくエンジンで動く圧力のかかる強力な機械を使います。

      なぜ、洗浄するのか解説していきますよ!

      出演は塗装班職長・寺西くんお一人。

      人気の寺西先生の塗装講座です。

      いつもと違って、長袖のカッパを着ていますね。

      洗浄の時はやはり必要なのでしょうか?

      と、思ったら…。

       

      「動画用です!(キッパリ)」

       

      夏は暑いので、着ないそうです…。

      そうですよね、暑いですから。

      それこそ、熱中症になってしまいますので気候に合わせて、というところでしょうか。

      さて、見慣れないカッパの寺西くんが早速、解説してくれています。

      高圧洗浄機の使用する際には、ただ水をかければいいわけでは無く、注意すべきことがあるそうです。

      今から洗っていく所はモルタルトタンになっている壁で、ちょっと劣化が進んでいます。

      触るとモルタルがポロポロ落ちてくるくらい、ひどい状態です。

      ここにいきなり高圧洗浄機で水をかけるとどうなると思いますか?

      TVでも紹介されているので、高圧洗浄機がどういったものかご存じだと思いますが、水の勢いがとにかく強いですよね?

      当たると痛いくらいの水圧です。

      試しに寺西くんがトタンにかけてみます。

      バシュッ!すごい音が!

      なので、このモルタル壁にやると、穴が空いたり、もっとポロポロと壁が落ちてしまったりしてしまいます。

      このような劣化が見られる場合は、洗浄機のを取り外しましょう。

      すると、水がチョロチョロと出てくるではありませんか!

      なるほど~、水圧をかけずに水をかけるだけにするのですね。

      軽く洗い流すぐらいでOKなので、ザッと洗い流しましょう。

      この壁も上から塗装をするので、まずは洗い流すことから始めます。

      では、トタンはどのように洗うのでしょうか。

      同じようなチョロチョロで汚れが取れるとは思えませんね。

      次はトタンの洗い方です。

       

      汚れも剥がれる!チョーキングもスッキリ

      さて、トタンですがだからそんなに洗浄しなくてもいいだろうと考える人が多いのですが、これは間違いです!

      ここには元々塗装がしてあり、上にホコリや砂など、そして目に見えないゴミも付いています。

      このまま、上から塗装をすると密着が悪くなり、塗料が上手く乗りません。

      なので、強い圧でしっかり洗浄していきます。

      そして、このトタンは前に塗った塗料がチョーキングを起こしていますので、これもしっかり洗い流しますよ!

      チョーキングというのは、劣化現象の1つで触った時に白い粉が付く状態。

      白亜化現象」とも呼ばれ、顔料が粉状になって塗装表面に現れることをいいます。

      動画を見ると分かりますが、なんとなく白っぽい色をしているのが分かりますよ。

      これは、こういう色の塗料ではなく、チョーキングによるものです。

      割とよくある劣化現象なので、自宅の壁もこのチョーキングが現われたら塗り替え時期と思ってください。

      また、耐用年数よりも早くチョーキングが現われたら、施工不良の可能性があります。

      その場合は施工業者に連絡してくださいね。

      保証期間内であれば対応してもらえると思いますよ。

      このチョーキングのトタンは洗浄前にケレン作業を行います。

      ケレンとは錆を削ったり掃除をしたりして、塗装をしやすい状態にすることです。

      これをするのとしないのでは大違い!

      特に鉄部はしっかり行う必要があります。

      錆を削るにはマジックロンを使用。

      マジックロンは他の動画にも何度か登場していますね。

      削り落としがしやすいスポンジのようなものです。

      サンドペーパーでもいいのですが、トタンのような山形になっているところはマジックロンのような弾力のあるものでしっかり当てて擦るといいですよ。

      頑固な汚れも錆もしっかり削れます。

      トタンはつなぎ目のところがが出やすいのですが、マジックロンで擦るとキレイに削り落とせるのでおすすめですよ。

      こんなに擦ったら傷が付いちゃうのでは?」と思いますが、それでいいのです!

      なんと「足付け」と呼ばれる作業方法で、あえて傷をつけるように擦ります。

      鉄は壁と違ってツルツルとした表面なので、塗料を吸い込みません。

      なので、傷つけることによって、その付いた傷に塗料が入り込んで密着が良くなる、という訳なのです。

      ちゃんと考えられた作業なのですね!

      ケレンは足付けも兼ねた作業なので、キレイに仕上げるための大切な工程ですよ。

       

      高圧洗浄機は洗浄力が違う

      では、洗浄開始です!

      威力がすごいです!カメラに水がかかるくらい(笑)

      洗ったところは下の塗料が剥がれてキレイになっています。

      すごいですね!

      本来は壁の洗浄を行う前に破風と樋をするそうです。

      破風は木部なので、あまり高圧だと傷が付いてしまうので先に水を噴射して圧をだしてから、離れて洗浄します。

      素材によって水圧を変えて洗浄するので、一口に洗浄といっても、手間がかかっているのですね。

      樋は割れることはあまりなので、そのまま洗浄してOK。

      バシャバシャとかけて洗浄してください。

      裏にホコリが溜まっていたり、鳥のフンが付いていることもあるのでよく洗いましょう。

      思いっきりかけて洗うと気持ちがいいですね!

       

      ベランダ・雨戸もこれで解決

      塗装の準備として洗浄をすると、紹介していますが実は塗らないものもキレイにしています。

      ベランダの手すりも洗浄していますよ。

      なぜかというと、塗装する際に養生をするのですが、汚れてホコリが付いているとテープがくっ付かないのですね。

      塗っている最中に養生が取れてしまうと、塗料が他のところに付いたりして大変なことに。

      しっかり、養生するためにはテープを貼る場所もキレイにしますが、養生をしない場所は洗わない、という訳ではないですよ。

      土間や通路も実はキレイに洗っています!

      コンクリートはしっかり洗わないと滑って危険なので、特によく洗うそうです。

      この高圧洗浄機を使用すると黒ずんだコンクリートも白くなりますよ!

      このままベランダもキレイにしましょう。

      ベランダの床を洗浄すると砂が出てきましたね。

      これが汚れですね~。

      ここで、1つ注意点。

      ホースを引っ張る時は手すりなどに擦り付けないように!

      ゴムのが付いてしまいます。

      気を付けて持って移動しましょう。

      いろいろなことに気を使っているのですね。

      次は雨戸を洗います。

      雨戸は段になっているので、から当てないと汚れが落ちません。

      たんねんに洗います。

      窓も洗いますので、雨戸を開けて当てていきましょう。

      先ほどの雨戸と同じ要領で下から洗っていくと、窓は室内に水が入ってしまいますので、気を付けてくださいね。

      サッシレールも驚くほどキレイになりますよ。

      年末大掃除がとても楽になるので高圧洗浄機は本当におすすめです。

      このように洗浄力も素晴らしいので、塗装前に行う洗浄はとても重要な役割をもっています。

      これで塗装の仕上がりが格段に上がりますので、もしご自分でDIYする時も洗浄してくださいね!

       

      次回は「雨漏り」シリーズでシーリングについてお送りします。

      台風に備えて、雨漏りを防ぎましょう!

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~。

    7. 外壁をムラなく塗る!塗装の2回・3回塗りの色の違いや直し方も分かります!

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「ムラなく塗る」についての動画をご紹介です。

      キレイに塗るのって本当に難しいですよね。

      その職人技をお見せします!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      外壁塗装のボスが語る!壁をムラなく塗る「技」

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

       

       

      塗料は何を選ぶ?

      出演は塗り替え道場・小林社長と毎度おなじみ塗装班職長・寺西くんの2人です。

      のっけから社長が謝罪する事態となっていますが、誠に申し訳ありません

      社長はいつものあれ、忘れてしまいました。

      もちろん、動画を見ればすぐ分かりますが、何だと思いますか…?

      ピコハン!ではないのです~。

      なんと衣装です!

      なので、寺西くんの隣には親方みたいな方がいますが、社長ですよ!

      若干、面白みにかけますがいつも通りスタートです。

      寺西くん、よろしく~。

      では、真面目な話をしていきましょう!

      今回はムラなく塗る方法としまして、塗料のお話から。

      外壁を今、塗装中ですがALCの壁になります。

      ALCというのは、以前他の動画でも説明していますが軽量気泡コンクリートのことです。

      「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の頭文字を取ってALC

      高温高圧で蒸気養生されていて内部は気泡で空いています。

      なので、とても軽いのが特徴。

      通常のコンクリートに比べると1/4程の重さなので、外壁として使う場合は金属網で補強されたパネル状になったものを使用します。

      気泡が空いているので、夏は涼しく冬も一定の温度が保てるので温かい、というのがメリットです。

      このALCの外壁を下塗り材で塗っています。

      ちなみに寺西くんが真面目に解説している横で、社長の顔芸が拝めますよ!

      存分に笑ってくださいねー。

      このまま続きますが、寺西くんは何を話すのか忘れてしまいます…。

      気を取り直していきましょう!

      下塗り材ですが、「SDサーフエポ」というエポキシ系のものと「ソフトサーフSG」というのを使用しています。

      SDサーフエポはサイディングボードに適したもので、フィラーとシーラーの間ぐらいの物。

       

      ・フィラーは粘土質でヨーグルト状、クラック(ひび割れ)を消す効果があり、層を厚くする時などに使用。

      ・シーラーは密着性があり、接着剤のような役割や吸い込みムラを無くす時に使用。

       

      その両方をとったものがSDサーフエポで、サイディングボードに使用します。

      SDとはサイディングボードのことなのですね~。

      そしてソフトサーフSGはALC・モルタルに適していて、クラックに対する追従が強い!

      なので、今回はソフトサーフSG使用します。

      …って、社長が寺西くんのセリフ取って全部説明しちゃいました!

      もう一度、寺西くんからの解説、必要ですか…?

      いいですよね!社長の解説バッチリです!

      寺西動画に「寺西全然ダメじゃん」みたいなネガティブコメント入ると、泣きながら削除しているそうなので、元気になるようなコメントくださーい!

      ガラスのハートなもので、ご飯食べられなくなっちゃうみたいです(笑)

      職人目線の内容が濃い動画をこれからも、どんどん増えていきますので応援よろしくお願いいたします。

       

      外壁をムラなく塗装しよう!

      では、塗装に戻りましょう!

      中塗りをしていきますが、使用材料は「クリーンマイルドシリコン」です。

      2液性(主剤・硬化剤が別でシンナーなどで希釈して混ぜて使うタイプ)の塗料。

      色は薄いクリーム系で明るい色です。

      外壁の元の色は実は茶色。かなり濃い色でした。

      なので、元の色が透けてしまうので下塗り材もを使用しています。

      今回の中塗り材ですが、実はシンナー少なめにして濃く作って、ドロッとさせているそうです。

      このドロッとしたもの、硬くて腕も疲れる、平米伸びない、ハケも進まないと良いことありません!

      なぜこんな使いにくい状態にしたのか、というとドロドロしているということは色の止まりが良い、厚みがつく、というメリットがあるのです。

      この様に、規定の範囲で色を見ながら調整を行っています。

      濃い色の上に薄い色を重ねるために、きちんと色が乗るように工夫をしているのですね!

      どのように塗っていくのかというと、まずは左側に材料を置きます。

      縦にサッサッと簡単そうに塗っていますね~。

      これが上手に塗られているのかどうか、社長にはよく分からないそうです~。

      なので、カメラ寄ってみましょう!

      最初に材料を置いた場所と最後に置いた箇所、良く見るとが違います。

      材料が薄いと、均等に伸びるのですが、濃ければ濃いほど均等にするのが難しいのです。

      ここで、次は横に動かしていきます。

      これが、「十字に切る」という塗り方です!

      中塗りをムラなく塗らないと上塗りをした時に目立ってしまいます。

      均等に伸ばすためにもこの中塗りをムラなく塗ることが大切なのですね。

      しっかり十字切っていきましょう!

       

      ローラーでの塗り方・直し方

      実はガ↑イヘキ…。

       

      ガ↑イヘキ???

       

      イントネーション可笑しすぎます(笑)

      社長にピコハン貰いましょう!

       

      戻ります。

      実は外壁の側面というのは山形になっているそうです。

      ∧∧∧∧∧∧←分かりやすく図解するとこんな感じ!

      なので、この山形の隙間に塗料を入れないといけません。

      片方だけにローラーを動かすとその面しか塗られなく、隙間に入らないので左右上下に動かして十字を切るという訳です。

      左右、上下で2回塗るから2回塗りなのですね!

       

      寺西くん「そうです…。」

       

      ブー!違いますよ!

      寺西くん、肯定しちゃダメ!

       

      中塗り・上塗りで2回です!

      下塗りと合わせると3回塗りですよ!

      乾いてからもう一回塗ります。お間違えの無いように

       

      塗料が濃いととにかく伸びない!

      この山形の隙間に入らないので、色が乗らないのですね。

      左右上下ともに往復して塗らないと、定着しないのでしっかり、塗りましょう。

      ここで手を抜くとムラになってしまいます。

      薄いところ、濃いところがないように塗るのがムラを無くすことになりますので、中塗りはきちんとやらないといけなのですね。

      乾く前によく材料を伸ばしていけば、ムラを無くすことができます。

      山形に定着するよう十字を切って塗っていってくださいね。

       

      色を見れば2回塗り・3回塗りは分かる

      しかし、これだけ濃い材料で塗っているのですが、時間が経ってくると透けてくるのです!

      特に凸凹した外壁は尖っている先端には塗料が乗らず、どうしても少なめに付きますので透けてしまうのですね。

      凹んでいるところは塗料が溜まりますのでいいのですが、先は時間が経つと透けていくというわけです。

      かなりカメラ寄って、近くで撮影していますので動画で確認を。

      よく見ると透けてきているのが見えますよ。

      そしてこれは2回塗り(上塗り)をするとバッチリ良くなります!

      中塗りと上塗りがピッタリくっ付くので、塗料がきちんと乗るのです。

       

      「本当に2回塗っている?」

       

      お客様からもよく聞かれますが、中塗り・上塗りは見れば分かります!

      中塗り1回しか塗っていないと、絶対に分かる!

      上手い人が塗れば分からないぐらいにはなるかもしれませんが、基本的に見れば分かるのです。

      足場のある状態で塗る時はどうしても上から順番に塗っていくので、ローラーが重なる部分が出ます。

      乾燥時間に差が出てしまい、重なっている部分は2回塗りになってしまうのですが、もうそれだけでも1回なのか2回なのかが、分かりますよ!

      職人じゃないと分からない、というわけでわありません。

      素人でも見ればはっきり分かりますので「塗ってないんじゃない?」という心配はご無用です!

      見方さえ知っておけば、塗ったか塗ってないかも分かります。

      ムラは中塗りの時にしっかり無くしておけば上塗りの仕上がりがよくなりますので、十字を切って塗料を伸ばしていきましょう!

       

      次回は「雨漏り」シリーズでサッシについてお送りします。

      台風シーズンですから、雨漏り心配ですよね!

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~。

    8. 住宅の外壁は防水工事した方がいいの?効果と耐用年数の違いも教えます!~外壁塗装は名古屋の塗り替え道場で!~

      台風シーズンに突入しましたね!

      お住いの家屋は雨漏りしていませんか?

      「今は無事だけど、そろそろメンテナンス必要かも…」

      そう思っていたら外壁塗装の塗り替えベストタイミングですよ。

      塗り替え道場にお任せください!

      今回は塗装の種類や外壁についてご紹介してきます。

       

      住宅の外壁はDIYで防水工事ができる?

       

      外壁なんて自分で塗れるのでは?

       

      実際、ご自分でDIYされている方も多いですよね!

      ホームセンターに行くと、ありとあらゆる材料が揃っています。

       

      どれを使用すればいいのか性能も何も分からない…。

      何を揃えればいいのか、道具もどうしたらいいのか…。

       

      そう思っている方もいると思います。

      そもそも塗装は塗るだけでいいのでしょうか?

      確かにハケやローラーに塗料を付けて塗れば、「塗る」ということはできますね。

      「塗装」となると塗るだけではないのを知っていますか?

      塗装職人が行っていることは「塗る」作業だけではないのです。

      塗ることで得られる機能がありますよ。

      それは防水効果と補修です!

      まず、塗料は防水効果のあるものを選びます。

      そしてそれに合わせて、下塗り材を用意。

      下塗り材は主に2種類です。

       

      ・フィラー:ヨーグルト状。接着力は弱くトロミがある

      ・シーラー:水っぽい塗料で接着力が強い。シャバシャバしている塗料

       

      シーラーは接着剤の役割を持っているので、塗料の密着性を高める働きがあります。

      この下塗り材を塗って、上から塗料を塗ると塗膜の剥がれなどを防げるという訳です。

      ではフィラーは何の役割があるのでしょうか?

      接着力が弱いのでシーラーとは別な働きをします。

      外壁を塗る時、防水効果を持たせるのはもちろんですが、補修をすることが何よりも大切です。

      補修というのは外壁の「劣化を直す」、ということ。

      主に壁のひび割れやシーリングなどです。

      シーリングは防水工事になりますので、塗装で直すことはできません。

      これは別な施工、作業となりますので防水工事として行いましょう。

      けれど、小さなひび割れは塗装で補修が可能。

      ここでフィラーが大活躍するのです!

      塗料を塗る前によく外壁を見てください。

      クラック(ひび割れ)無いですか?

      大きなクラックはシーリングできちんと埋めないといけません。

      ひびの隙間から雨水が入り込んで雨漏りの原因となりますよ!

      目立ったクラックが見つからない、全然ひび割れしていない、ということなら塗装できますが外壁に近づいてよ~く見てください。

      薄~いクラック、無いですか?

      ヘアクラックと呼ばれる、髪の毛ぐらいの細い薄いひび割れがあるかもしれませんよ。

      このクラックをシーリングで一つ一つ埋めていくの、大変だと思いませんか?

      実はフィラーを塗ると、このヘアクラックが埋まるのです!

      フィラーは凹凸を埋めることができる材料なので、下塗りにこれを塗るのをおすすめします。

       

      外装用塗料の防水効果はどれぐらい?

      さて、塗装材料のご紹介をしましたが、これらの塗料は本当に雨水を防いでくれるのでしょうか?

      外壁に塗っただけで水が染み込まないものなのでしょうか。

      様々な塗料がメーカーから販売されていますが、「防水塗料」と書いてあるものは間違いなく防水機能を発揮します。

      しかし、ただ塗るだけとはいえ、「1回塗るだけで良し」というものではありません。

      ザーッと塗って終わり、という訳にはいきませんよ。

      塗り方にも手順があり、塗り残しがないように塗らなければ意味がありません。

      主に塗る時は「3回塗り」といわれる塗り方をする必要があるのです。

      前の項目で下地のご紹介をしていますが、この下塗りをするかしないかでも仕上がりは変わってきます。

       

      ①下塗り②中塗り③上塗り

       

      この3回塗りをすることで塗料の機能が発揮されます。

      また、塗料によっては遮熱効果のあるもの、防カビ機能、透湿性(湿気を放出する)がある製品もありますよ。

      防水と一緒にこれらの機能を併せ持った塗料を使うことで、大切な住宅を守ることができます!

      また、塗装をすることで外観を美しくすることができますので、お好みの色でオシャレにできますね。

      色は決められないほどたくさんありますので、迷ったら業者に相談してみてくださいね。

      手元で見るサンプルと実際の色、大きな壁に塗った時のイメージはかなり違ってくるはずです。

      好きな色だからと塗ってみたら思っていたのと違った、なんてことも。

      せっかく塗るのであれば、あなたの住宅に合った素敵な塗装をしましょう。

      美しくするだけが塗装のメリットではありません。

      防水はもちろんですが、何といっても塗装をすることで住宅の劣化を防げます。

      雨水が入り込まないようにすることも劣化を防いでいますよね。

      外壁が汚れないようにする機能がある塗料もありますよ。

      そういったもので大切な住宅を守りましょう!

       

      耐用年数は材料で変わる

      防水効果のことを長々紹介していますが、これらの塗料はどれぐらいで塗る替えるべきなのでしょうか?

      実は耐用年数は使用する塗装材料で変わります。

      一般的によく使われるのがウレタン・シリコン・フッ素の3つ。

      これらはそれぞれ特性があり、耐用年数も違います。

       

      ウレタン:ウレタン樹脂の塗料。

           雨樋などの付帯部にも向いている。耐用年数は約10年

      シリコン:遮熱効果や防汚効果などの機能を併せ持つ製品もある。

           耐用年数はウレタンより長く約15年

      フッ素:汚れを弾き、滑り落ちやすい性質があるので、外装に向いている。

           耐用年数は約20年と一番長く、耐久性優れた特徴がある。

       

      これだけ見てもかなり差がありますね!

      値段もウレタンが一番安価で、フッ素高くなります。

      ウレタンの2倍ほどの耐久年数がフッ素にはありますので、長い目で見るとそんなに高くはない?!

      細目にメンテナンスをするのであればウレタンでもいいと思いますが、頻繁にメンテナンスをするのは面倒だな、ということであればフッ素がおすすめです!

      色褪せすることもなく、紫外線にも強い。

      防水性はもちろん、耐熱性にも優れていますよ。

      カビの発生を抑える効果もあり、良いことづくめですね!

      メリットばかり紹介していますが、デメリットはないのでしょうか?

      ない!」わけないですよね~。

      最大のデメリットは価格が高いこと!

      まだ一般住宅で使用実績があまりないので、請け負う施行業者が少ないです。

      きちんと下処理を行い、塗装していかなければフッ素の性質を活かせません!

      なので、まずは業者に「フッ素を使用したことはあるのか」を聞いてみましょう。

      また、どのような塗料を使用するのかも聞いてみてください。

      粗悪な塗料で塗られたら、外壁が傷んでしまいますからね。

      自分でDIYする時も、塗料はよく選んでくださいね。

      安いからと粗悪なものを選ばないように!

       

      塗装はプロに任せるのが一番!

      塗装は3回塗り、とお伝えしていますが塗装をする前にしなければいけない準備があります。

      これを怠ると塗れないだけではなく大変なことに!

      まず順番ですが、①洗浄②養生③補修④下塗り・中塗り・上塗りとなります。

      洗浄というのは外壁をキレイに洗うことです。

      高圧洗浄機などで外壁をきちんと洗いましょう!

      そして養生です。

      養生シートをくまなく貼って塗りたくない場所(窓や置いてある車)を守りましょう。

      クラックがあったらシーリングで補修です。

      ひび割れは放っておくと雨漏りの原因になりますからね!

      そして下塗りです。

      中塗りをしましょう。

      上塗りもきっちり行います!

      以上の工程を全部行うのですが、DIYでできますか…?

      この壁だけ、と一部分のみならばチャレンジできると思います。

      しかし、外壁全部となるとなかなか大変な作業ですね。

      なので、ここはプロに任せましょう!

      塗り替え道場が適切は方法、材料で施工いたします。

      まずは見積を依頼してみましょう。

      他の業者にも依頼して見比べても構いません。

      そして、ご自分の住宅に合った価格・方法の業者に塗装依頼をしましょう。

      見積りは無料ですし、分からないことを相談するのも無料です。

      くれぐれも見積り、相談でお金を要求してくる悪徳業者に依頼はしないよう気をつけてくださいね。

       

      次回は「ムラなく塗る方法」の動画をご紹介です。

      人気の塗装動画で丁寧に解説していきますよ!

      お楽しみに~☆

    9. 塗装の錆止めは下塗りでしっかり!塗料の塗り方と色を解説します~寺西先生の塗装講座・バルコニー丸ごと錆止め偏~

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「錆止め」についての動画をご紹介!

      錆止めってした方がいいの?どのタイミングでするの?

      塗料の色や塗り方などを解説していきます!

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

       

      鉄骨塗装を錆びないコツ公開!プロの職人がたっぷり解説!さび止めをしっかり塗りましょう!

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      塗料の色はどう決める?~作り方偏~

      今回は「錆止め」についてです。

      お馴染みの塗装班・職長の寺西くんが解説してくれますよ!

      社長ぬきですが、解説たっぷりの濃い内容になっていますので、じっくりご覧ください!

      さて、材料置き場からスタートですが、まずは塗料の作り方から始めましょう。

      今から行うのはもともと赤く塗ってあったバルコニーをに塗り替えです!

      白に塗りますので、錆止めもを使用。

      赤から白に塗り替えるのはなかなか大変な作業だそうですよ。

      濃い色の上から薄い色を塗ると、どうしても透けて下の色が見えてきてしまうのだそうです。

      なので、赤色が出ないように下塗りで白色の錆止めを使用していきます。

      塗る順番は、①下塗り(錆止め)②中塗り③上塗り3回塗りです。

      この下塗りをしっかり塗らなければ、現状の赤を隠すことはできません。

      なので、下塗りはとても大事です。

      それでは塗料を作っていきましょう!

      使用するのは「SKマイルドボーセイ」というもので2液性の材料です。

      缶から出してすぐに使えるのが1液性、主剤と硬化剤を混ぜて作るのが2液性。

      塗り替え道場では塗料は「錆止め」も2液性を使用しています。

      この2液性の良い所はとにかく持ちが良い。

      使う分だけ毎回混ぜて作らないといけないので手間がかかりますが、2液性の方が仕上がりもキレイで持ちが違います!

      SKマイルドボーセイは主剤が12.8kg、硬化剤が3.2kgです。

      1割の量を作っていきます。

      主剤1.28kg+硬化剤0.32kgを注ぎますよ。

      この時、缶の口はにしてくださいね。

      上にすると口が汚れてしまうのを防げます。

      2つを入れたら混ぜる前に、本来はこの時にシンナーを入れていますが今回は濃い目の塗料を作りたいのでシンナー無しでいきますよ。

      現状、赤なのでそれを白に変えるためには濃い材料でしっかり塗らなければ隠せません。

      シンナーを入れてしまうと薄まってしまうので、このような時は入れずに使用してくださいね。

      混ぜ合わせていきま~す。

       

      かくはん中~。

       

      この塗料はシンナーを入れなくてもかなり水っぽくてシャバシャバなので~す。

      入れなくても大丈夫なくらい緩めですね。

      これにシンナーを入れると薄まって透けますので、「吸い込ませたい」などの役割があるのであれば入れて使用するといいですよ!

       

      バルコニーとベランダは何が違う?

      塗り替えする場所がバルコニーなのですが、バルコニーとベランダって何が違うのでしょうか?

      そういえばテラスなんていうのもありますね~。

      この違い、分かりますか?

      実は明確な違いがあるのですよ!

      今回の現場でもあるバルコニーは、人が1~2ぐらいしか入れないちょっと狭い所です。

       

      もしかして狭いとバルコニーっていうの?

      広い所はベランダ? 

       

      いいえ、広さは関係ないのです。

      正解は屋根があるかどうかで決まります。

       

      ・バルコニー:2階以上で屋根のない手摺付きの場所

      ・ベランダ:屋根付きの場所

      ・テラス:建物1階で屋根がなく、突き出している場所

      ・ルーフバルコニー:下階の屋根部分で屋根なしの場所

       

      このようにそれぞれ明確な違いがみられますね!

      ポイントは屋根です。

      バルコニーは屋根がなく、ベランダには屋根がある、ということ。

      テラスは1階のみを指すようですね。

      対してルーフバルコニーは上階の下の階の屋根部分を使用した屋根なしの場所です。

      マンションなどの最上階によく見られます。

      ベランダには屋根があるので洗濯ものを干すことができますよ。

      うちはどっちかな~、と思ったら屋根があるかどうか見てくださいね。

       

      塗装の錆止めは必要?

      それでは、実践しますよ!

      バルコニーに到着です。

      ここで作った塗料をすぐ塗るのではなく、最初にすべきことがあります。

      鉄骨塗装をする時に必ずすべき作業があるのですが、分かりますか~?

      それはケレン作業です。

      ケレンとは塗料を塗りやすくするために錆を取ったり、ゴミを取り除いたりする掃除のこと。

      これをしっかり行わないと塗装をしても上手く塗れません。

      必要な道具は革漉き、ワイヤーブラシ、そしてスポンジにサンドペーパーが付いた便利なものを使用しますよ。

      これで表面を削れるところまで削っていきます!

      擦っていくと錆の色が薄くなってくるので、それぐらいまで削ればOK。

      では錆止めを塗っていきましょう!

      バルコニーの中(内側)に寺西くんが入ります。

      なぜ中から塗るのかというと、外を先に塗ってしまうと中に入れなくなってしまうからです!

      乾くまで触れなくなってしまいますからね。

      小さいミニローラーを使って、手摺の隙間など隈なく塗りますよ。

      最初は手摺の上からです。

      ん~~。シンナーを入れていないのにかなり薄めですね~。

      赤色が透けて見えます…。

      ひたすら塗っていきましょう。

      画的にかなり地味ですねー!

      塗装はやはり地味な作業のようで、足場のような派手なアクションはありません。

      コツコツやる作業ですね。

      地味~な感じなので、もう生着替えとかしてみますか(笑)

      カメラの前で言ったことは本当になりがちなので要注意ですね!

      生着替え、見てみたいですが塗装を続けますよ。

      何度も塗り重ねて透けを無くしていきましょう。

      これは下塗りなので乾いたら上に2回重ねて全部で3回塗りますよ。

      なかなか時間がかかる作業です。

      ここで、ハケの登場!

      ローラーが入らない狭い隙間などはハケで丁寧に塗っていきます。

      このような細かい仕事をきちんとすることで仕上がりが違うのですね!

       

      錆止め(下塗り)の塗り方

      寺西くんはスーッと動かして、手摺をローラーで塗っていますが、何かコツはあるのでしょうか?

      ローラーはとても簡単に見えますよね~。

      塗り方で大事なのは「滑らないようにすること」だそうです。

      滑るというのはローラーが滑らないように、という意味。

       

      動かした時にローラーの回転と距離が一緒になるようにする

       

      分かりづらいのですが、ローラーが滑ると回転より進んでしまいます。

      塗料が塗られず透けてしまうということに。

      これは動画でよく見てみてください。

      確かに、滑ってしまうと全然、塗料が付かずスカスカな感じになっています。

      拭きとっているような状態になるそうです。

      なるほど、これでは動かすたびに拭き取られていつまでたっても塗れませんね!

      ちゃんとローラーを動かした時に回転しているかどうか見て、塗りましょう。

      寺西くんは、すごくキレイに塗っていますね!

      さすが職長!仕事が丁寧です。

      同じように他の部分も塗りましょう。

      下の土台もしっかり塗っていきますが、裏側などは忘れがちなので、よく見て塗り残しがないように。

      ここで、寺西くんが素朴な疑問を口にしました。

       

      自分で塗装をする人は多いですか~?

       

      DIYをする方、結構いそうですよね。

      この動画を見て、「こういうの塗りたい」などありましたらコメントくださ~い。

      塗り方のアドバイスを寺西くんがしてくれますよ。

      ぜひ、お待ちしていまーす。

       

      塗料でどんどん塗られていくのを見るのって気持ちいですね!

      見ていて楽しい動画でした。

      次回のご紹介動画は「塗装剤の耐用年数」について。

      動画シリーズではなく、雨漏りシリーズでお送りします。

      台風シーズンに突入してきましたから、雨漏りなど気になることをお伝えしていきますよ!

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~

       

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ