0120-168-373

まずは現地調査を予約する

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

メールでのお問い合わせ

塗替道場

本社 〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓4-99

  • 緑店
    〒458-0801 愛知県名古屋市緑区鳴海町字山下88
  • 一宮店
    〒491-0836 愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1
  • 春日井店
    〒486-0855 愛知県春日井市関田町3-56-2
  • 刈谷店
    〒448-0844 愛知県刈谷市広小路5-35
  • 豊田店
    〒471-0845 愛知県豊田市田中町5丁目39
  • 半田店
    〒475-0836 愛知県半田市青山4丁目7-10
  • 四日市店
    〒510-0836 三重県四日市市松本3丁目12-16
  • 横浜店
    〒241-0032 神奈川県横浜市旭区今宿東町
    1493リバービュー88 1階

スタッフブログ

  • シリコン
  • フッ素
  • 塗料
  • 塗装
  • 弾性硬化剤

2020/03/25

塗料って何が違うの?性能の違いで耐久性が変わります!~寺西流塗料耐久テスト~

「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「塗料の耐久テスト」の動画をご紹介しま~す!

塗料にはいろいろな種類がありますが、どう違うのでしょうか?

寺西流耐久テストで塗料の耐久度をご紹介します。

思いがけない結果にこうご期待です!

 

気になる動画はこちら!

↓↓↓

【塗料の性能の裏側?】シリコン フッ素も実は性能は変わらない?価格を超えた性能はいかに!!

 

★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!            

毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

 

寺西流塗料耐久テスト!

いつもの現場からではなく、今回は室内からお届けです!

会社の一室から寺西くん一人で配信!

社長がいなくて、ちょっと寂しいのですが塗料の違いを解説&耐久テストしていきます。

塗料ってグレードがありますよね。

価格も高いものから低いものがありますが、これは何が違うのでしょうか?

一般的に上から、フッ素→シリコン→ウレタンとなります。

フッ素が一番価格は高く、ウレタンはお値打ち。

シリコンはその中間くらいで、一般的な物という位置づけです。

これらは価格が低いから、物が悪いというわけではありません。

それぞれ性能が違い、一概にこれが一番良い!ともいえないのです。

寺西くんは10年以上塗装職人をしていますが、未だにどれいいのか分からないのですよ!

お客さんに自信を持って、「これが一番!」と説明したいのですが、正直分からない…。

そこで、今回行うのが「耐久テスト」です。

どのように行うのかというと、塗料の割れ方を見てみることにしました。

シーリングの上に塗装をするとクラック(ヒビ)が入ってきます。

劣化するとシーリングは痩せていき、建物の動きで伸びたり縮んだりするのをご存じですか?

また、暑さや寒さでも伸び縮みはします。

そのシーリングの動きに塗料がついていけないので、ヒビが入ってきてしまうのですね。

塗料には伸縮性はありません。

そこで登場するのが、弾性硬化剤

これは伸縮性がアップする硬化剤で、主剤と硬化剤を混ぜて使用する2液性の塗料に混ぜるものです。

当然、弾性アップするので割れに強いはずですね!

早速、検証です!

 

検証のやり方

検証のやり方はプラスチック段ボール、通称段プラに塗料を塗って、折り曲げる!

シンプルで分かりやすいですね。

乾いてから折り曲げて、割れるのか割れないのかを見ていきます。

寺西くんの後ろのホワイトボードにもう用意されていますよ。

 

2液性シリコン弾性       2液性シリコン普通

 

2液性フッ素弾性        2液性フッ素普通

 

この4つで見ていきます。

寺西くんの予想では、一番破れにくく割れないのがシリコン弾性!

次にフッ素弾性、シリコン普通、フッ素普通と予想しています。

シリコンとフッ素はどっちが割れやすいかというと、フッ素の方が硬いのでシリコンの方が割れないのではないか、という予想だそうです。

フッ素の方が高価でグレードは上なのですが、硬めなので割れるか割れないかでいうと、シリコンの方が勝っている!ということですね。

なので、きっとシリコンは柔らかい!

割れにくいはずです。

塗料を塗った段プラをぐしゃぐしゃにしてしまおう!という検証ですよ。

面白そうですね。

しかし、最初から割れてしまうとつまらないので、検証は割れにくい予想から。

シリコン弾性→フッ素弾性→シリコン普通→フッ素普通

この順番でやっていきます。

 

塗料の種類

その前に、ちょっとおさらいです。

そういえば塗料ってどのぐらい種類があるのでしょうか?

数え切れないほどあるので、主流の塗料をざっくりご紹介。

まずは今回、検証実験で使用しているシリコン、フッ素、そしてウレタン

それ以外には無機やラジカルといったものがあります。

シリコンはグレードとしては中間あたり。

よく使用されるメジャーな塗料です。

耐久年数は12~15年ほどで、遮熱や防汚機能などが追加されている物もあります。

カラーバリエーションもかなり豊富ですよ。

ウレタンはシリコンよりグレードは下です。

今はシリコンが多く使用されるようになりましたので、使用頻度は少なくなってしまいました。

けれど、塩ビ製、鉄部などに相性が良く、密着性が高い、弾性があるのでひび割れしにくいなどメリットがあります。

DIYにもむいている塗料ですので、おすすめですよ。

耐久年数8~10年ほどでシリコンよりやや落ちます。

そして、耐久年数でならばフッ素がおすすめ!

15~20年ほど持ちます。

少々価格が高いのですが、その分耐久性、耐薬品性、耐候性と他の塗料に比べてメリットが多いので、外壁にはフッ素をおすすめです。

屋根塗装にもむいていますよ。

ここまでは聞いたことがある塗料かと思いますが、無機やラジカルはご存じでしょうか。

無機は耐久性が高い塗料でフッ素よりも長持ち。

耐久性は20~25年程といわれています。

レンガやガラスのような炭素を含まない無機が塗料の原料で、紫外線に劣化しにくいので長持ちするのです。

ラジカルは最近注目の新しい塗料です。

耐久性は13~16年でシリコンと同じくらいですね。

劣化を引き起こす物質を抑えることができる、新しい塗料。

まだそんなにメジャーではないので、聞いたことないものかもしれませんね。

他にもいろいろありますが塗料の紹介はここまでで、検証結果を見てみましょう!

 

検証結果

お待たせしました!検証結果発表です!

まずは2液シリコン弾性からいってみましょう!

それぞれ、プライマー(下塗り材)だけ塗ってあります。

では寺西くん、やっちゃってください!

段プラの縦の筋目方向に折ります。

 

何ともない!全く破れません。

 

次、横の筋目に逆らって折りますよ。

 

何ともない!

 

予想通りですね。ぐちゃぐちゃにしても破れません。

思った通りです。

では、2液フッ素弾性いきます。

フッ素は硬めですが弾性硬化剤が入っているから破れないと予想。

やってみましょう!

 

破れない!何ともない!

 

ぐちゃぐちゃにしても大丈夫!

さすが弾性硬化剤です。

そして2液シリコン普通

これは弾性硬化剤ではなく、通常の硬化剤が混ざっています。

現場で最もよく使われる塗料。

いきま~す!

 

あれ?破れない!

 

シリコンすごい!全く破れていませんね。

ちょっと折れ目をつぶしてみましょう。

割れない…破れない…。

ぐちゃぐちゃにもしてみましょう。

破れない…。

すごいけど、画的にどうなのでしょうか?

正直、寺西くん的には破れて欲しかった

画的にはつまらない…ですかね?

はい!気を取り直して2液フッ素普通いきます!

これは破れますよ~。硬いですもの。

もちろん、寺西くん予想も破れます。割れます。

弾性硬化剤を入れたから持っていたようなものです。

普通の硬化剤では割れてしまいますよ。

やってみましょう!

 

あれ…?

 

反対側にも折って…。破れない…。

 

ぐちゃぐちゃにしても破れる気配なしです。

まいったな…

思わず本音が漏れる寺西くん。

これも検証結果です。

再度ぐちゃぐちゃにしても破れない!

破れなければ、持ちの良い塗料と思いますが寺西くんは動画的に展開がなくて困ってしまいました(笑)

最終手段で巻き始めます!

必死過ぎですが、画的にどうしても破れて欲しい!

けれど破れないのです。

 

検証結果は全部一緒!破れません!

 

今回は残念ながら結果が「破れない」となりましたが、別な検証動画でリベンジします!

伸ばすような検証をするということなので、その検証も楽しみですね。

お疲れ様でした!

 

次回は「足場」についての動画をご紹介!

足場についてじっくり解説します。

お楽しみに~☆

 

また見てね~。

 

 

無料見積もり即日対応

相見積もり大歓迎

あのYouTubeで
有名な塗替え道場が
笑顔で
見積もりお伺いします

塗替え道場 スタッフ写真
塗替え道場 代表写真塗替え道場 代表写真
メールで無料見積・現地調査を申込む