• ホーム > 
  •  > タグ:
  • 外壁塗装
  • 最後まで手は抜きません!寺西先生の塗装講座~タッチアップ偏~!!
    1. 最後まで手は抜きません!寺西先生の塗装講座~タッチアップ偏~!!

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「タッチアップ」の動画をご紹介です!

      塗装を終えた後、お客様に引き渡す前の最終チェックがあるのをご存じですか~?

      管理が隅から隅まで検査をするので、その前に仕上げをしますよ。

      塗装班職長・寺西先生がタッチアップについて解説しています。

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      職人の最後のひと手間!細かな部分で差が出る職人のこだわり紹介

       

      塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!            

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      仕上げに差が出るタッチアップ

      今回の現場は会社ビルの塗装です。

      もう終わりが近い現場で、この時は台風シーズンだったため風の影響を受けないように養生をしていました。

      塗装が終わったらお客様に引き渡しますが、その前にあることをします。

      それは検査

      塗り終わったので「はいどうぞ!」と渡すわけではないのです。

      塗替え道場では施工が終わったら本社から管理担当者が来て、検査をします。

      検査をクリアするとようやくお客様にお渡しできる、というわけです。

      そこで、この検査が始まる前に職人がチェックをしてタッチアップをします。

      タッチアップとは傷、塗り残し、手直し・補修などをすること。

      これで最後の仕上げをします。

      寺西くんがタッチアップとチェックのコツを解説しますよ!

       

      ※途中、セミナーの告知が出ますが昨年の日程で既に終了しておりますのでご了承ください。

       

      直線はキレイに!紙テープの剥がし方

      さて、タッチアップする箇所は上塗りまで終わっている外壁。

      とてもキレイですよね。

      けれど管理は、姑のチェックみたいに見ます!

      隅から隅まで全部見ますので、少しでも塗り残しがあったら大変。

      例えばラインがガタついているところなどはキレイにしないといけません。

      そして、こういう所をこだわると仕上がりにが出ますよ。

      やっぱりビシッとラインが出ている方が格好良いですよね。

      直線はキレイな方が見て気持ちいいです。

      紙テープを貼って、ラインをしっかり出していきます。

      塗料を塗って、紙テープを剥がしますが水性塗料の場合は取り方にもコツがあるのです。

      真っすぐ90度で立てて取ると、乾燥した塗料まで剥がれてきちゃいます!

      なので、寝かして引っ張るようにして取ると、キレイに剥がせますよ。

      水性塗料のような厚みのつく塗料はこのようにして剥がすと上手くいきます。

      ラインがキレイにでましたね。

      もし自分でタッチアップする時があったら、このようにやってみてください。

      仕上がりが変わりますよ!

       

      職人だから分かる「しぶき」

      次、上にあがります。

      ここでもタッチアップ箇所を発見!

      それは「しぶき」です。

      これ、動画でよ~く見て欲しいのですが本当に分からないくらいの点々が付いています。

      違う色の塗料がしぶいて飛んできているものが「しぶき」です。

      ちょんちょん、と3カ所くらい付いているのが分かりますか~?

      これ、職人なら分かるそうです。

      見逃せないチェックポイントなのですよ。

      管理が見に来た時、「ここ!」という場所に紙テープを貼って残していきます。

      その量が多いとモチベーションがダダ下がり。

      確かに直しが多いとガックリしますよね。

      塗装班の中でも検査後に今日の成果を話すそうです。

      どのぐらい紙テープが貼られていたかを言い合って、まるでテストが返ってきた時みたいですね。

      なので、抜かりなくタッチアップしていきます。

      塗替え道場のイムラ部長は昔、管理をやっていたことがありました。

      かなり厳しい管理者で、テープが5個以上になると「検査できる状態じゃねぇ!」と帰ってしまっていたそうです。

      いや~厳しいです!

      怖い、いえ職人思いの方ですね!!

       

      チェックのポイント

      お次は窓サッシを見てみましょう。

      良く見ると塗料が潜ってしまっています。

      これは養生や髪テープをしたところに塗料が入り込んでしまったため、はみ出ているのですね。

      あちこちに付いてしまった塗料は掃除をしないといけません。

      今、寺西くんはタッチアップ係なので、掃除係にやってもらいます。

      タッチアップと掃除と役割が分かれて効率よくチェックして回っているのです。

      なので、ここは掃除の人が見落とさないように紙テープを貼ってを付けておいてあげましょう!

      色んな人がたくさんの目で見ることが大事なのですね。

      ダブルチェックの要領で見ていきます。

      そして、見る人も癖があり、その癖が出てしまう!

      寺西くんは見て回る時、必ず右回りに行くそうですよ。

      前の職長に寺西くんが教えてもらったことだそうですが、

       

      右回りの人はたまに左回りに回ると良い。

       

      そうすると、タッチアップ箇所が出てくる…!

      逆の方角で見ると、見えていなかったものが見えるのです!

      いつもと違った角度から見ることで、気付かなかったものが見えるようになるのですね~。

      おもしろいですね。確かに癖が出るというのは、分かるような気がします。

      何ごとも、違った角度から見るのがいいのですね。

      では、窓サッシのラインを出していきましょう。

      髪テープを貼って、塗料を塗っていきます。

      このような濃い色味のサッシは透けやすいです。

      透けるというのは塗料の下から色が透けて見えることを言います。

      確かに見えていますね。

      なので、いっぱい塗ったらちょっと時間を置いて、もう一度塗ります。

      待っている間に、付近のタッチアップ箇所を見ておきましょう!

      効率よくチェックしていきます。

      お待たせしました!テープを剥がしますよ!

      ラインがビシッと出ていて、キレイですね。

      また移動します。今度は屋上

      今回のビルは面によって色を変えています。

      横と正面は色が違うオシャレな外壁です。

      日陰だから色が濃く見えるわけじゃないのですよ~。

      元から濃い目の色なのです。

      そして、この色替えした付近はタッチアップが出やすい!

      違う色が飛んでいることも多いのですよ。

      パッと見は全然分かりませんが、管理のチェックは何といっても姑レベル(笑)

      かなり接近して見ますので誤魔化しは効きません!

      よ~くチェックしておかないと紙テープいっぱい貼られちゃいますね。

      笠木の下、ラインを直します。

      髪テープを貼って、塗料を塗りなおしますよ。

      ちょっと、飽きてきました?

      職人の仕事は同じことの繰り返しで大変ですよね~。

      効率の良いテクニックがあれば教えて欲しいそうです。

      人それぞれやり方が違うそうなので、人のやり方にも興味がありますよね。

      ツィッターやYouTubeのコメントなどでぜひ教えて欲しいです!

      さて、ここから寺西くんの働く姿をたっぷりご覧いただきます!

      働く男は格好いいですね~!お楽しみくださ~い。

      編集、素晴らしいですね。恥ずかしそうな寺西くんも見られますよ。

      ここでは水性塗料を使用していますが塗ってる時になんだが色が違うな~って思いませんでしたか?

      塗るとより分かるのですが、色が薄いですよね。

      違う塗料を塗っているのでしょうか。

      実は水性塗料は色の「のぼり」が激しいものなのです。

      のぼりというのは、塗った時と乾いた時の色の違いが出る(濃くなる)ことをいいます。

      上塗りしてある所に塗ると、全然色が違いますよね。

      乾くと同じ色になります。

      これだけ色の違いがあるので、塗り残しも少なく済むというのが良いところですね。

      先ほど塗った笠木の下の紙テープを剥がしていきましょう。

      こちらもビシッとラインが出ています。キレイ

      今日中にタッチアップを済ませて、管理を待つのみです!

      紙テープの数少ないと良いですね!

      お疲れ様でした!

       

      次回は「塗料」についての動画紹介です!

      いろいろな塗料がありますが、何が違うのでしょうか?

      寺西くんの解説です。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

    2. 2/25(火) 名古屋市 中川区 にて外壁塗装・雨漏り工事【無料相談会】

       名古屋市 ・ 中川郵便局 にて

      『外壁塗装・雨漏り工事の無料相談会』イベントを開催しま!!

      見積り無料です!!

       

      ご安心ください

       

      開  催  日:  2月25日(火)

      開催時間: 10時00分~16時00分まで 

      開催場所: 中川郵便局

      開催地住所:〒454-8799

            愛知県名古屋市中川区吉良町98−1 

       

       

      郵便局主催のイベントではございません。

      お問い合わせは会場ではなく

      塗替え道場フリーダイヤル 0120-168-373 までお願いします。

       

      イベント内容はコチラ!!是非お気軽にお越しください。

       

      特典1 塗替え道場オリジナル ガイドブック 「外壁塗装絶対成功マル秘キット」プレゼント

      悪徳施工業者の見分け方など「業者選びの秘訣」、塗装・塗料の「基礎知識」、

      ガイドブック プレゼント

       

       

      特典2 専門スタッフに何でも聞ける!

      外壁塗装専門店ならではの豊富な塗装知識でアドバイザーが皆さまの疑問にお答え致します。

      もちろん、少し興味が出てきたという方も大歓迎です。

       

       

       

      特典3 塗装の料金が分かる!

      過去の施工事例が詰まったファイルをご覧いただけます。

      塗料によって異なる金額などもしっかりとご説明。

       

       

      その他 ご来場特典をご用意しております!

      皆様のお越しを心よりお待ちしております!

      ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください☆

    3. 色も自分で作れる?!調色についてご紹介します~塗装は名古屋の塗替え道場に!~

      いざ外壁を「塗ろう!」と思って、塗料を買いに行ったら思っていた色がなかったことありませんか。

      前に買った塗料の残りがあるから同じ物、と思っていたら廃盤になっていたなんてこともありますよね。

      そんな時は「調色」をしてみませんか?

      調色とは「色を混ぜて作ること」。

      今回は「調色とは」に的を絞ってお届けです。

      これで色のことが分かれば、好きな色で外壁が塗れますよ!

       

       

      色を作る調色とは?!

      塗装をする際は、色をどうやって決めていますか?

      外壁の色を覚えたり、写真を撮ったりして塗料が販売されているところで見比べたりしていますよね。

      気に入った色がなかったり、前に塗った色が売っていなかったり…。

      買ってみたものの合わせてみたら全然違う色だった、なんてこともありませんか。

      それだけ色合わせというのは難しいものなのです。

      もし、既存の色でもう少し薄い方がいい、濃い方がいいと思ったならば、自分で色を作ることも可能ですよ!

      ただ混ぜればいい訳ではありませんが、やり方を覚えて順序よく行えばできます。

      作りたい色は色見本帳などで確認するといいですよ。

      どの色を作りたいかを、まず決めましょう。

      色には3原色という基本の色があります。

      シアンマゼンダイエローです。

      この色はプリンターのインクにも使われていますので、聞いたことがある色名ではないですか?

      シアンは青緑、マゼンダは赤紫ですよ。

      これらの色を混ぜると、様々な色が作りだせるのです。

      しかし、この3色のみでは作れる色も限られますので、他の色も加えて調色は行われています。

      一般的に使われるのは白と黒

      その他はあか錆です。

      この計6色が加わり色を生みだします。

      適当に混ぜても求める色にはなりませんので、自分の作りたい色が何を基調としている色なのかを確かめなくてはなりません。

      例えは、を作りたい時は黄色を混ぜたりはしませんよね?

      赤と青やシアンとマゼンダというように、その色に必要な色を選ぶ必要があるのです。

      とはいえ、やっぱり難しいですよね。

      何もないところから新しい色を作り出すのは素人ではできないと思います。

      もう少し薄い色が欲しい」というぐらいの時に調色をしてみてください。

      既存の色にを混ぜる、を混ぜる、といったことならばそんなに失敗せずできるのではないでしょうか。

      あまりにいっぺんに入れてしまうと元に戻すのが大変ですので、少しずつ加えるのが基本ですよ。

      大量に作らず、少量で調色して割合を出しましょう。

      そして一番重要なのは、乾かすことです。

      塗料は乾くと色が濃くなってきます。

      これを「色ののぼり」というのですが、ごぞんじでしょうか?

      ピッタリに色を作っても乾いたら「色が違う!」なんてことになってしまいます。

      なので、調色をしたら必ず乾かして乾燥後の色を見る必要があるのです。

      混ぜて作りたい色に近い色を作り、乾かす。

      これが調色の基本です。

      色が合うまで何度もこの工程を繰り返しましょう。

      乾いた状態で作りたい色と同じになればOKです!

      道のりは長いのですが、これを適当にやってしまうと思った色になりませんよ…!

      前に塗った色と同じ色が欲しい場合や、足りない分だけを作る時などは色が違うと目立ってしまいますからね。

      必ず乾かして、色味を見てみてください。

       

      一級塗装技能士の試験にも登場

      以前、塗装技能士についてご紹介していますが、この資格は国家資格です。

      特に一級7年という実務経験が必要なので、ある程度のベテラン職人でないと受験ができないのですね。

      二級は2年以上の実務経験が必要になります。

      現場に出ていく経験も大事なになりますので、知識と技術両方兼ね備えていないといけません。

      合格率は50~70%ぐらいなのですが、年によっては20%ぐらいまで落ち込む時もあります。

      気が抜けませんね!

      塗装技能士は5つに分かれています。

      木工・建築・金属・噴霧・鋼橋です。

      外壁塗装に関係があるのは建築ですので、こちらの資格を取る方が多いですね。

      まず、学科試験が50問あり、時間は1時間40分。

      そして実技があります。

      なんと実技は4時間58分!長いですね~!

      けれど、実際作業していると時間が足りなくなるそうですよ。

      それだけ詰まった試験内容のようです。

      他にもハケ、ローラー、吹き付けなどあり、準備から片づけ・清掃まで全てチェックされ原点方式。

      やはり調色は時間がかかってしまうようなので、見てすぐ何色を混ぜれば良いか分かるように慣れておく必要がありますね。

      試験では3枚の色見本と同じ色を作ります。

      決められた時間内に規定の量を作るのがかなり難しい!

      できたと思っても乾くと色が違いますからね。

      その辺りは考えて調色はしないといけません。

      もし、塗装技能士を受験しようと思っているならば、事前に練習は必要ですよ!

      何度か練習して試験に臨んでください!

       

      色の決め方

      ところで外壁の色はどうやって決めましょう?

      無難な色? 派手な色?

      人気の色は何でしょうか?

      好きな色でいいのですが、ご自宅だけが近隣に比べて目立ちすぎたり、なんだか浮いていたりするのは避けたいですよね。

      自分だけではなく家族の意向も聞いて決めないといけないと思います。

      まずは家族で話し合いをしてイメージを決めましょう。

      おすすめなのはベージュ系の色です。

      ナチュラルな色合いですので、とても上品ですよ。

      次におすすめなのは、ヨーロピアン調の色です。

      赤みがかった茶色テラコッタカラーで明るい印象に。

      グレー薄い緑などもモダンな印象で素敵です。

      また、暗めの色を選ぶとシックな仕上がりになりますよ。

      チャコールグレーなどはいかがでしょうか。

      人気色はやはりホワイト~ベージュ系です。

      屋根との相性も考えて色を選ぶといいと思います。

      どのような色にしようか迷いますね。

      そんな時は塗装を頼む業者に相談してみましょう。

      色見本帳がありますので、まずそこから選びます。

      でも、見本帳は小さいのでA4ぐらいの大きさで見ないと全体の想像がつきません。

      必ず、業者に頼んで大きい色見本帳で確認をしましょう。

      そして次に大事なことは太陽光の下でみること。

      室内の蛍光灯の下で見るのと、外の太陽の下で見るのでは色が全然違いますよ。

      また、朝・昼・夜でも違いが。

      それぞれの時間帯で確認をすることをおすすめします。

      もし、相談に乗ってくれない、見本帳の大きいサイズを貸してくれないなどありましたら、残念ながらその業者はあまり信用できない業者かもしれません。

      このようなことで金額が変わることがあったら、それも信用できませんね。

      大概の業者は色について相談に乗ってくれますし、アドバイスもしてくれるはずです。

      しかし、ろくに話も聞かず、こちらの言った色ですぐ塗り始めてしまうような場合は、良い業者とは言い難いかもしれません。

      必ず何社からも見積りをとって、納得のいく契約をするようにしてください。

      塗替え道場では経験豊富なアドバイザーがカラーシミュレーションをしてお客様に納得していただけるご提案と診断をしております。

      勤務年数も経験も長いベテラン塗装職人や一級塗装技能士が仕事にあたりますので、施工もご安心ください。

      保証書を発行し、点検にもお伺いします。

      他にも雨漏りなどのトラブルも承りますのでぜひ、ご依頼ください。

      お見積りをご請求くださいね!

      お待ちしておりま~す。

       

       

      次回は「寺西先生の塗装講座・樋の塗り方偏」の動画紹介!

      塗装班職長・寺西くんの解説ですよ。

      雨水が流れるあの樋を塗装していきます。

      塗り方にコツはあるのでしょうか?

       

      お楽しみに~☆

    4. 外壁塗装の必需品ローラーの種類を塗装職人のブリキくんが解説します。命名された瞬間もお見逃しなく!

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「塗装職人が使用しているローラー」についてご紹介です!

      塗装職人がどのような道具を使っているか、気になりませんか~?

      必需品であるローラーにスポットを当てて、ご紹介します。

      今回の動画、見ていると違和感があるのですが、そのあたりも面白いのでご期待ください!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      外壁塗装に必要なローラーも材料や外壁の材質によって違いがあります。プロの使うローラーはどのようなものを使用しているか解説していきます。

        

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      外壁塗装の必需品ローラーとは

      さて、今回の出演は小林社長と塗装班職長・寺西くん、塗装職人のブリキくんです!

      ブリキくん、他の動画にもちょこっと出ていますが、この動画の中で「ブリキ」と命名されました~。

      記念すべき回ですね!

      そもそもなんでブリキ?」という疑問も解けますよ。

      そしてカメラマンは小林社長とつながりのある、リフォーム会社の駒商(株)・駒走社長

      通称、駒さんが務めてくれています。

      早速なのですが、初っ端からなんか3人の様子おかしくないですか?

      動画の冒頭にもある通りなんと、まさかのTAKE2

      マイクが入っていなくて、撮り直しだそうです…。

      同じことを2回喋るという難しさ、かなりおもしろいのでその辺りも踏まえてご覧ください!

      では、真面目な話に戻りましょう。

      職人さんが現場で使用するローラーの解説です。

      ブリキくんが種類を紹介してくれます。

      まず、最初の紹介は油性塗料を塗装する際に使用するローラーの玉です。

      ローラーの替えを「」と呼ぶのですね!

      この玉は白くてフワフワしています。

      サイズもいくつかあり、外壁の場合はいつも20mmを使用するそうです。

      ちょっと小さいのもブリキくんが持っていますが、これが13mm

      塗替え道場では2液性の油性塗料を主に使用しますので、この20mmをメインで使用します。

      ちなみに駒商さんでは水性を主に使用しているそうですよ。

      塗料の2液性というのは、主剤と硬化剤が分かれていて混ぜて作ってから使用します。

      固まってしまうので、その日限り。

      必要な分だけ都度、作ります。

      1液性は最初から混ざったもので、残っても密閉しておけばまた使用可能。

      作る手間を考えると1液性の方が楽なのですが、2液性はロスも少なく、持ちも違います。

      長持ちして、見た目のツヤも違う!

      扱いは面倒ですが、仕上がりは断然2液性の方がいいので、大変でもこちらの2液性を使用しています。

      下塗り材や錆止め、樋などの付帯部に塗る際も全部2液性で塗装していますよ!

       

      ローラーの種類を解説!

      さて、ご紹介しているこのローラーの玉ですが、素材はマイクロファイバーです。

      洗って何度か使用できるそうなのですが、洗うたびに毛が寝てしまいペッタンコ!

      そうなると塗装するのは難しくなりますね…。

      なので、あえてグレードを落として使い捨てにしているそうです。

      頭いい!

      大変な思いをして洗って質が悪くなった玉を使うよりも、少しグレードは下がるけど使うたび新品の玉の方が手間もなく、仕上がりも良く、よいこと尽くめなのですね。

      塗料はどんどん固まってきてしまいますが、丸一日ぐらいは持つそうですよ。

      次ですが、ブリキくんがまた解説してくれます。

       

      ケ・ガ・ミ・ジ・カ・イ

       

      んんん?どうしました?

      急にオモチャみたくなってきましたよ!

       

      社長「ブリキ人形みたいだ!」

       

      ブリキくんが命名された瞬間です!

      ポンコツ感あふれるブリキくん。

      場が和みますね~~。

       

      気を取り直して解説すすめましょう。

      油性の時はこれを使用していますが、水性はどうでしょうか。

      水性はこのマイクロファイバーは使えるけど、すぐ潰れてしまうそうです。

      社長はTAKE2なので、もちろん知っていますけどね。

      マイクロファイバーって何?」ってさっきも聞いたから知っているけど、また質問してくれました(笑)

      寺西くんも思わず笑っちゃって、やりづらいですね~。

      はい、2度目ですが、しっかり特徴を説明してください!

      マイクロファイバーの特徴は毛が寝にくい、材料をたくさん吸うことです。

      タオルでマイクロファイバー製のものを使用したことありませんか?

      あれ、水分すごく吸いますよね!

      手を拭いたり、バスタオルで体を拭いたりしたことあると思います。

      それと一緒だそうです。

      よく吸うので「ネタ持ちが良い」ということ。

      何回も付けて塗ってを繰り返すより、1回でドバっと一気に付けて伸ばした方が効率いいわけです。

      何十回、何百回と繰り返して行う動作なので、回数が半分になるだけでもだいぶ違いますよね。

      吸い込みが良いので、他の素材と違って飛び散りも少ないです。

      ここで、寺西くんがニヤリとしましたよ。

      この流れ…ちょっと予想できませんか…?

      飛び散らないということは飛散が少ないのです。

      つまり「飛散が悲惨」にならない!

      あ~言ってしまいました…。

      TAKE1でも同じこと言っていたそうです…。

      分かっていて、言うのは面白さが半減ですがニヤニヤが止まりません!

      悲惨な結果でした…。

       

      使用前の準備にも違いあり

      ではまた、解説に戻りますよ。

      マイクロファイバーは水性でも使用できますが、潰れちゃうのでおすすめできません。

      なので、水性の時はラムを使います。

      ラムというのは商品名で羊の毛とかではないですよ。

      このラム、使用する前に必ずしなければならないことがあります。

      袋を開けて、すぐ塗料を付けて塗ると…毛がめちゃくちゃ抜ける

      そのまま外壁を塗ってしまうと、その抜けた毛が外壁に付いてしまうのです。

      付いた毛は取るのが大変で、ペーパーで削るしかない!

      下塗りからやり直しになってしまいます。

      しかも壁は傷が付いてしまうので、ツヤが出なくなってしまいますのです。

      仕上がりが悪くなりますので、毛は気を付けなければなりません。

      そうならないためには、この毛を先に取ります。

      水に付けても取れないので洗ったりするのは意味がありません。

      ライターであぶる職人さんもいるそうですよ。

      寺西くんたちはガムテープで毛を取ります。

      やり方は簡単。

      ガムテープを長く引き出し、それにローラーを転がしていきます。

      動画では寺西くんがガムテープの端を持ってくれて、ブリキくんがローラーを転がしていますが、現場では一人でやるので、足場などに付けてやります。

      動きがすごくプロっぽくて、ブリキくん、格好いい

      取った毛を見せてくれました。

      ちょっと画面では見にくいですが、ほわほわした毛がたくさん付いています。

      駒さんも驚き!関西弁がいい味出していますよ!

      この作業をガムテープ変えて、2~3回行います。

      最初のガムテープは粘着力がなくなってきますからね。

      新しいガムテープでまた毛を取っていきます。

      今度はガムテープを社長が持ってくれました。

      なんだかおかしな絵面ですが、なんといってもブリキくんが格好いい

      ファンが付くこと間違いなし!

      けれど喋るとブリキです(笑)

      動画に爪跡が残せてブリキくんも満足げな表情ですね。

      ちなみにマイクロファイバーはやらなくても大丈夫です。

      あまり抜けないのと、抜けても束で抜けて取り除くのも容易なので、ラムのような準備作業は必要ありませんよ。

      このラムは水性塗料を使用しても毛が寝ません。

      マイクロファイバーは粘度が高い水性塗料に負けてしまうので、毛が寝てしまうのです。

      しかし、ラムは反発力も強く水性塗料に負けません。

      デメリットとしては飛散が多いそうです。

      そうです、飛散が悲惨になります…!

      お気を付けくださ~い。

       

       

      次回は「雨漏り」シリーズでお送りします。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

       

       

    5. シーリングと長尺シートって何?(防水工事)

      皆さんこんにちは!

      あっという間に9月・・・ですが、天気は優れず

      なかなか調子が出ない方も多いのではないでしょうか。

      しかし、秋という涼しく天候にも左右されにくい季節は

      外壁塗装の作業はおこないやすく、繁忙期にもなっていきます。

      今回はそんな外壁塗装の要ともいえるシーリングと長尺(ちょうじゃく)について

      基本的なところから説明していきたいと思います。

      シーリングって何?

       

      シーリングとは、建物の隙間を埋めるためのゴム状の材料。

      隙間にシ ーリングを詰めていくことで、密閉することができ防水などの役割を果 たしてくれます。

      つまり、建物を雨風から守ってくれる存在、それが「シーリング」。

      ですから逆に、ひび割れた状態のシーリングを放って おくことは、その建物自体の寿命も縮めてしまいかねません。

      一般的 には 10 年以上経つとひび割れも発生しやすくなるといわれているた め、早めにセルフチェックをしておくことが大切です。

       

      打ち換えと増し打ちがある!

      シーリングには、「シーリング打ち換え」「シーチング増し打ち」があります。シーリング打ち換えとは、既存のシーリングを取り除き 新しいシーリングを流し込む工事のこと。それに比べてシーリング増し打ちは、取り除かずに上から新しいシーリング材を塗布する方法です。

      施工の金額を大きく左右するのは、主に塗料です。

      外壁塗装は基本“3 回塗りが主流。塗料メーカーにも、その塗布回数

      は指定されている場合がほとんどで、その回数を守ることで、より強

      度や耐性に優れる外壁となるのです。

       

      グレードによって値段は異なります! 3 回塗りの場合

      アクリル 5~7 1,400~1,600

      ウレタン 8~10 1,700~2,200

      シリコン 10~15 2,300~3,000

      ラジカル制御形 12~15 2,500~3,000

      フッ素 15~203,800~4,800

      このように、耐久性が高くなるにつれて価格も上昇していくことがわか

      ります。塗装をする場所にもよりますが、建物の外壁、共用廊下・階

      段、バルコニー等のコンクリート壁、手すり壁、庇・バルコニーの天井

      面等の吹付け塗装部、などマンションのあらゆる箇所を塗装する場合は、塗装のみにおいても結構な費用がかかるといえそうです。時間が経っていて劣化の状態がひどい場合は、打ち増しではなく打 ち替えでなければいけなくなってしまいます。

      床に使われる長尺って何?

      つづいては長尺。

      長尺といっても種類がある 長尺(ちょうじゃく)とは、階段や廊下などに使われる床シートのこと。

      厚さは 1.8mm~3.5 mm程度のものが多く、そのデザインも豊富です。

      マンション共用部、とくに廊下やバルコニーといったところに使用されるのは、タキロンの防滑性ビニル床シートです。

      1. 防水・防音効果が高い!

      タキロンの魅力は、なんといっても滑り止め効果が非常に高いということ。雨の日で床が濡れている場合でも、歩行者が転倒しにくい設計になっています。

      ◆一般的に使われれる床材

      一番使われやすい床材は1㎡当たり3.000円前後が多くなっています。

      ◆蓄光タイプ

      夜間はもちろんのこと、昼間でもしっかり階段の先端が見えるようになっている階段シートです。(1枚5.000~6.000円程度。値段はメーカーによって異なります)

      ◆高輝度・長残光蓄光式

      上記の蓄光タイプよりさらに高輝度を上げたもので、屋外避難階段、津波避難タワー階段などに使用されることが多いものです。もちろん屋内にも使用ができ、1枚あたりの値段も普通の蓄光式とさほど大差はありません。(値段はメーカーによって異なります。)

       

      以上が、シーリーングと長尺シートでした。

      どちらも大変種類が多く、名前だけ聞いたところで一体何のことなのかわからないという方も多いことでしょう。

      値段によって耐久度なども変わっていきますので、それぞれの場所にあった材料選びをすることがとても大切です☆

       

       

    6. 誰でも分かるコーキング工事②!~雨漏れなどで大切なシーリング(コーキング)工事編~

      前回に引き続き、「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」のネタから、シーリング工事②をお送りします!

      気になるシーリング②動画はこちらです!

      ↓↓

      ☆プライマー徹底解説!雨漏れなどで大切なシーリング(コーキング)工事☆

       

      シーリング工事シリーズ①「養生テープで仕事が決まる!編」の動画は養生について紙テープの大切さをご紹介してきました。

      今回は②の「プライマーしなきゃダメよ!編」です。

      段取りについてとプライマーの大切さをご紹介!

      ためになるワンポイントアドバイスもありますよ~。

       

      ★塗替え道場TV★はこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      プライマーを塗っていこう!

      さて、本日の出演はシーリング班の職長・山口くんと我らが社長のお二人です!

      現場はALC外壁の三階建ての建物。

      今、職長が缶を持って、ハケで何やら壁に塗っています。

      塗料?シーリングではなさそう…?

      聞いてみましょう。

       

      これは何をしているのですか?

       

      「プライマーを塗っています」

       

      はて?プライマーとは?

      前回の①の動画にも出てきましたが、プライマーとは何でしょうか?

      プライマーとはシーリング材と躯体(建物を支えている構造部材のこと)をくっつける接着剤(ボンド)みたいなものです。

      シーリング材を直接、くっつけていくわけではないのですね!

      今回はALCの三階建ての建物でシーリング工事を行います。

      そのシーリング材を打つ前の準備をしているというわけです。

      ALCというのは、軽量気泡コンクリートのこと。

      「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の頭文字を取ってALCと呼びます。

      このALCというものは高温高圧で蒸気養生されていて内部は気泡で空いているそうです。

      なので、とても軽い

      通常のコンクリートに比べると1/4程の重さで、外壁として使う場合は金属網で補強されたパネルになっています。

      気泡が空いているので、夏は涼しく冬も一定の温度が保てるので温かい、というメリットがあるそうですよ。

      しかし、内部に気泡があるので防水性が弱い!

      防水性を持たせるため、シーリング材を利用するのだそうです。

       

      段取りの重要性!

      さて、三階建てのALCの建物を、職長一人で行います。

      だから段取りが何よりも大切なのです!

      先ほど説明したプライマーを塗っていくのですが、通常のシーリング工事の時とちょっと違うところがあるのをお気づきですか?

      よく見てくださーい。

      なんだか、壁がさっぱりしていませんか?

      紙テープを張っていないのです。

      「ちゃんと養生しないとダメでしょ!」って、思いますよね?

      このALCの場合は紙テープはいらない

      表面がツルツルしていないので張っても取れてしまい、ズレたりしてシーリング材を打ってもガタガタになってしまったりするので、張らない方がキレイに仕上がるのだそうです。

      新築の場合は張るそうですが、今回は改修工事なので張りません。

      シーリングを打ったあとはきちんと慣らして、終了になります。

      窓枠や冊子などは、紙テープを張って養生、その後に同じように全部プライマーを塗っていきますよ。

      張らないのはALCの外壁だけです。

      この紙テープも①の動画で説明しましたが、ちゃんと張る順番がありますね。

      覚えていますか~?

      紙テープを撤去する順番に張っていくのですよ。

      今回もちゃんとその順番に張られていて、段取りを考えて行われています。

      ALCの外壁に紙テープを張る場合と、張らない場合では仕上がりは変わりなく一緒です。

      でも、紙テープを張った場合は剥がす手間がありますので、時間がかかりますね。

      もちろん、張るのでテープ代やその人件費もかかってくるので、コストが増えます。

      ちなみに段取り良く行い、早く仕上げられるのは会社の中では職長が一番だそうですよ!

      爆速の男です。

      見ていても、「言うほど速くないじゃん!」って思いました?

      手元が速い・動きが速い、といったことではなく段取りよく行って、現場を早く終わらせられるというところが爆速たる所以です。

       

      ALC外壁の注意

      動画を見ていると晴れてとても暑い日なのですが、昨日は雨が降っていたそうです。

      ここで素朴な疑問。

       

      雨が降っていた日は気にしなくてよいのか?

       

      実は壁が濡れているとシーリングはできません!

      なぜかというと、プライマーの原材料は油分なので、濡れていると付かないのです。

      もし壁が濡れていたら、拭いたりすることもあるそうですよ。

      天候が悪い雨の日は施工自体を中止にすることも。

      雨上がりの場合は、日が当たっているところから始めたり、午後に回したりと段取りを変えて行なっていきます。

      特に冬は大変!

      結露がひどいので湿潤状態になっています。

      本当は上から行うところを、半分やって上行って、また下がって…というように段取りを変えていかないといけないので時間がかかるのです。

      もちろん、職人は経験と知識できちんと分かっていますので、天候や気候に合わせて段取りを組んでいますよ。

      と、ここで2面終わりました!

      喋っていても仕事をおろそかにしません。

      ちゃんと段取り通りに進行していますよ。

      さすがですね!職長!

       

      ワンポイント・アドバイス

      ではここで、職長・山口くんのワンポイント・アドバイス~

      今、一段降りたところにいます。

      プライマーの塗り方を教えてくれるそうですよ。

      まず、大事なことはプライマーは「しっかり塗らないといけない」ということ。

      なぜなら接着剤の役割をしているので、塗りが甘いとシーリング材がくっつかないのですね。

      なので、塗りムラがないようによく塗りましょう。

      どのぐらい塗ればよいかというと、ハケにタプタプに付けてたっぷり塗っていってください。

      多すぎても大丈夫。

      量が多くても困ることはないそうです。

      乾くので不便はないとのことなので、思い切ってたくさん塗ってみましょう!

      塗るポイントとしては、隙間にサッーと塗るのではなく、周りにも付けるようにしっかり塗ってください。

      真ん中だけ塗ってあっても隙間は三面になっているので、両脇にも塗らないとシーリング材が付きません。

      取れてきてしまうので、よく塗ることが最大ポイントです。

      では、ここで社長がチャレンジ

      素人が塗るとどうなるか、山口職長が塗ったところと比べて見てみましょう。

       

      …グチャグチャ!

       

      はみ出過ぎです…。

      こぼれるほど塗るのはNGですよ!

      見た目が汚いですね!

      ここで素人と職人の差が出ます。

      さすが職長。さりげなくやっていますが、かなりテクニックが必要な作業ですね。

      このプライマーの質感ですが結構、固めとのこと。

      においがあるそうですが、それは動画では伝わりませんね~。

      色は飴色で、こってりした感じ。

      1缶で何m塗れる、というのがちゃんと決まっているそうですよ。

      職人はそういったことも考えて段取りを組んでいるのですね。

      養生してプライマー塗って、それからシーリング材を打っていきます。

       

      ここでお知らせです!

      シーリング工事のことで疑問に思ったこと、わからないこと、その他気になることがあったら動画にコメントを残してください!

      そのコメントを見て動画を作っていきます。

      思ったこと、どんどん入れてくださいね。

      でも職人さん、ナイーブですぐ凹んじゃうので、ネガティブコメントはなるべく無しの方向でお願いしますね(^-^;

       

       

      動画はここで終了になり、シーリング工事は③に続きます。

      次回は「誰でも分かるコーキング工事③改修と新築、全然やることが違います!編」でお送りしますよ!

       

      では、また見てね~。

    7. 5/17(金) 三重県 桑名市 にて外壁塗装・雨漏り工事【無料相談会】

       桑名市  桑名郵便局 にて

      『外壁塗装・雨漏り工事の無料相談会』イベントを開催します!!

      見積り無料です!!

       

      ご安心ください

       

      開  催  日: 5月17日(金)

      開催時間: 10時00分~16時00分まで 

      開催場所: 桑名郵便局

      開催地住所: 〒511-8799 三重県桑名市中央町3-43

       

       

      郵便局主催のイベントではございません。

      お問い合わせは会場ではなく

      塗替え道場フリーダイヤル 0120-168-373 までお願いします。

       

      イベント内容はコチラ!!是非お気軽にお越しください。

       

      特典1 塗替え道場オリジナル ガイドブック 「外壁塗装絶対成功マル秘キット」プレゼント

      悪徳施工業者の見分け方など「業者選びの秘訣」、塗装・塗料の「基礎知識」、

      ガイドブック プレゼント

      ※必要に応じて、SK化研・TOTO・日本ペイントなど有名塗料メーカーの「カタログ」などもお渡ししております。

      国内有名メーカー カタログ

       

      特典2 専門スタッフに何でも聞ける!

      外壁塗装専門店ならではの豊富な塗装知識でアドバイザーが皆さまの疑問にお答え致します。

      もちろん、少し興味が出てきたという方も大歓迎です。

       

       

       

      特典3 塗装の料金が分かる!

      過去の施工事例が詰まったファイルをご覧いただけます。

      塗料によって異なる金額などもしっかりとご説明。

       

       

      その他 ご来場特典をご用意しております!

      皆様のお越しを心よりお待ちしております!

      ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください☆

    8. 4/26(金) 名古屋市 中川区 にて外壁塗装・雨漏り工事【無料相談会】

       名古屋市  中川郵便局 にて

      『外壁塗装・雨漏り工事の無料相談会』イベントを開催します!!

      見積り無料です!!

      ご安心ください

       

      開  催  日: 4月26日(金)

      開催時間: 10時00分~16時00分まで 

      開催場所: 中川郵便局

      開催地住所: 〒454-8799 愛知県名古屋市中川区吉良町98-1

       

       

      郵便局主催のイベントではございません。

      お問い合わせは会場ではなく

      塗替え道場フリーダイヤル 0120-168-373 までお願いします。

       

      イベント内容はコチラ!!是非お気軽にお越しください。

       

      特典1 塗替え道場オリジナル ガイドブック 「外壁塗装絶対成功マル秘キット」プレゼント

      悪徳施工業者の見分け方など「業者選びの秘訣」、塗装・塗料の「基礎知識」、

      ガイドブック プレゼント

      ※必要に応じて、SK化研・TOTO・日本ペイントなど有名塗料メーカーの「カタログ」などもお渡ししております。

      国内有名メーカー カタログ

       

      特典2 専門スタッフに何でも聞ける!

      外壁塗装専門店ならではの豊富な塗装知識でアドバイザーが皆さまの疑問にお答え致します。

      もちろん、少し興味が出てきたという方も大歓迎です。

       

       

       

      特典3 塗装の料金が分かる!

      過去の施工事例が詰まったファイルをご覧いただけます。

      塗料によって異なる金額などもしっかりとご説明。

       

       

      その他 ご来場特典をご用意しております!

      皆様のお越しを心よりお待ちしております!

      ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください☆

    9. 4/19(金) 愛知県 一宮市 にて外壁塗装・雨漏り工事【無料相談会】

       愛知県  一宮市 木曽川郵便局 にて

      『外壁塗装・雨漏り工事の無料相談会』イベントを開催します!!

      見積り無料です!!

       

      ご安心ください

       

      開  催  日: 4月19日(金)

      開催時間: 10時00分~16時00分まで 

      開催場所: 木曽川郵便局

      開催地住所: 〒493-8799 愛知県一宮市木曽川町内割田二の通り30

       

       

      郵便局主催のイベントではございません。

      お問い合わせは会場ではなく

      塗替え道場フリーダイヤル 0120-168-373 までお願いします。

       

      イベント内容はコチラ!!是非お気軽にお越しください。

       

      特典1 塗替え道場オリジナル ガイドブック 「外壁塗装絶対成功マル秘キット」プレゼント

      悪徳施工業者の見分け方など「業者選びの秘訣」、塗装・塗料の「基礎知識」、

      ガイドブック プレゼント

      ※必要に応じて、SK化研・TOTO・日本ペイントなど有名塗料メーカーの「カタログ」などもお渡ししております。

      国内有名メーカー カタログ

       

      特典2 専門スタッフに何でも聞ける!

      外壁塗装専門店ならではの豊富な塗装知識でアドバイザーが皆さまの疑問にお答え致します。

      もちろん、少し興味が出てきたという方も大歓迎です。

       

       

       

      特典3 塗装の料金が分かる!

      過去の施工事例が詰まったファイルをご覧いただけます。

      塗料によって異なる金額などもしっかりとご説明。

       

       

      その他 ご来場特典をご用意しております!

      皆様のお越しを心よりお待ちしております!

      ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください☆

    1 2 3 4 5 6 30

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ