• ホーム > 
  •  > タグ:
  • 雨漏り
  • 屋上防水工事はシート防水がおすすめ!トップコートも雨漏りの補修もできます~名古屋の塗替え道場で防水工事を!~
    1. 屋上防水工事はシート防水がおすすめ!トップコートも雨漏りの補修もできます~名古屋の塗替え道場で防水工事を!~

      台風が頻繁に発生する季節で差こそあれ、各地で被害をもたらしています。

      雨も続いていいますが、最近屋上を見ましたか?

      久しぶりに屋上に上がってみたら「草が生えていた」・「シートのめくれを発見した」なんてことがあるかもしれませんよ。

      このまま放っておくと、防水機能が低下して雨漏りしてしまうかも!

      そうなる前に今こそメンテナンスのタイミングです。

      普段あまり気にしていない場所こそ、メンテナンスをしないと手遅れになってしまう!

      ぜひこの機会に、屋上を確認してみましょう。

      今回は、屋上防水工事でよく行われているシート防水についてご紹介していきます。

      気になった今こそベストタイミングですよ!

       

      屋上防水工事といえばこれ!

      ベランダやバルコニーなどはウレタン・FRPの塗る防水、塗膜防水が主流ですが屋上には他にも防水施工があるのをご存じですか?

      それはシート防水です。

      シート防水はその名の通り防水性のあるシートを張っていく施工で、屋上のような広い場所に適しています。

      マンションやアパートの屋上などにもよく施工されていますよ。

      特に改修工事で行うことが多いのですが、下地の状況が悪くても施工でき、丈夫で長持ち。

      使用するシートはルーフィングシートと呼ばれ、素材も種類があります。

      塩ビシートゴムシートがあり、最近は塩ビシートの方が良く使われているようです。

      ゴムシートは塩ビシートに比べると薄いので、鳥害(鳥などの突っつきによる被害)などに弱い

      外部からの衝撃に弱いので穴が空きやすかったりします。

      価格はゴムシートの方が安価ですが、寿命はどちらも変わりなく13~15年ほどだそうです。

      工場で生産されたシートは厚さや幅・長さなどのばらつきが少ないので、防水層は均一に近い状態で形成できます。

      塗膜防水ですと人の手で行うので、塗膜が均一にならないのですが、シートは全部同じ物なので均一になるのですね。

      そして、塩ビシートは耐久性もバッチリ!

      耐水性・耐熱性に優れていて、紫外線にも強く、雨風にも負けません。

      鳥害にも強いので、歩行も可能です。

      ゴムシートは紫外線に弱いのでメンテナンスが必要になってきます。

      それぞれメリット・デメリットがありますが、施工場所によってどちらが向いているのかが変わりますので、業者に相談してみてください。

      施工法はどちらも2つあるのですが、既存の防水層の上にかぶせることもでき、下地の状態が悪くても大丈夫というメリットも。

      マンションの屋上などの改修工事などでよく用いられています。

      工期も短く低コストでできますよ。

      凸凹したところには向いていませんが、何も無い屋上にはピッタリの防水工事です。

       

      シート防水の施工法

      さて、シート防水の施工法ですが、2つあります。

      密着工法機械式工程工法です。

      2つともケレン作業(清掃)を行い、下地の状況を確認します。

      名の通り、密着工法はシートと下地を接着剤でくっつけるので下地の状態が悪いと施工できません。

      機械式工程法はディスクと呼ばれる固定金具を入れてシートを張っていくので下地の状況が悪くても、既存の防水層の上からでも施工できます。

      施工法の大きな違いはそこです。

      まず、密着工法ですが下地処理のためにプライマーと呼ばれる下地処理剤を塗布します。

      ボンド(接着剤)はシートに塗布です。

      このプライマーがあるおかげで密着がよくなるのですよ~。

      シートを張って、上からローラーできっちり押えます。

      しわや空気が入ってしまうと膨れや破れとの原因になりますので、しっかりと張らないといけませんね。

      機械式工程法は水たまりができるような場所にも施工ができます。

      水たまりができるような不陸(凸凹で水平でないこと)は補修をしますよ。

      勾配に問題がある時も調整が必要です。

      上からシートを張るのは同じですが固定金具を使用してシートを固定するので、水分や湿気を逃すことができます。

      既存の防水層を撤去しなくてもよいので、撤去作業代の節約もできますよ。

      工期の短縮もできますね。

      平らな場所に適したシート防水は、ドレン(排水溝など)周りや、立ち上がり部分は施工が難しいです。

      端っこから漏水する可能性があるので、端の処理がきちんとされていないと雨漏りの原因となります。

      このような部分の施工で業者の良し悪しが決まりますので、見極めが必要です。

      また、シートとシートの結合部分も、しっかりと施工されていないと隙間から漏水してしまいます!

      経年劣化で接着力が弱まってきますので、このような場所から劣化してくるのです。

       

      トップコートで長持ち

      塗膜防水と違ってシート防水はトップコート必須ではありません。

      特に紫外線に強い塩ビシートは塗らなくても大丈夫な場合が多いのですが、ゴムシートの場合はトップコートが必要になります。

      ゴムは紫外線に弱いので、トップコートを塗らないと劣化してしまいますよ!

      トップコートにも寿命がありますので経過する前に塗り替えをしましょう。

      また、塩ビシートにトップコートをする場合もあります。

      ルーフバルコニーのような紫外線が強い場所などはトップコートをした方がシートの寿命が伸ばせますので、業者に相談してみてくださいね。

      材料にもよりますがトップコートは5年ぐらいが寿命です。

      10年ほど持つトップコートもありますので、これも業者に相談を。

      もちろん価格も上がりますので、見積りをおすすめします。

       

      雨漏りもきっちり補修

      シート防水の劣化はどこから始まるのでしょうか?

      一般的にシートの寿命は13~15年ほど。

      その間は定期メンテナンスが必要です。

      まず、目視で確認できる劣化はシートのひび割れ、めくれ、膨れなど。

      これは見れば分かるので、すぐ対応できますね。

      特に膨れは、中に溜まった水分が水蒸気となっています。

      そのまま放っておくといずれ破けてしまったりするので要注意です。

      また、シートの破れですが、台風のような強風で物が飛んできてシートを傷つけることも。

      屋上に置いておいたものが飛んでしまったり、柵が倒れてしまったりすることで、シートを傷つけることがあるので台風後はよくチェックすることをおすすめします。

      次に多いのはシートの張り合わせた部分です。

      きっちり張り合わせていても、壁などの立ち上がり部分はどうしても剥がれやすくなります。

      剥がれてきた部分から雨水が侵入してしまうと雨漏りの原因となるのです。

      そして、その剥がれてきたところからだんだんとシートの密着性が弱まり、剥がれやすくなります。

      このタイミングで台風などの強風が吹いた時、シートが全部めくれてしまうことがあるのです!

      そうなったらもう再施工になってしまいます。

      当然ですが、補修をするレベルではないので費用もかかってきますよ。

      なので、定期メンテナンスは本当に必要なのです。

      小さい劣化ならば早期発見でき、補修ができます。

      ご自分でも見つけることはもちろん、可能です。

      普段から屋上に上ってメンテナンスは大変かとは思いますが、台風や大雨の翌日などはチェックしてみましょう。

      また、やっぱり自分では分からない、ということであれば塗替え道場にお任せください!

      雨漏りチェックもできますので、ぜひ見積りを!

      何事も早期発見が家屋を守りますので、気になるところがあったらご相談ください。

      お待ちしておりま~す。

       

      次回は「塗装用工具ご紹介!」の動画紹介です。

      大人気ユーチューバー塗装班・職長寺西くんが解説しま~す!

      前回の道具紹介に引き続き、職人の道具をぜひ見てください。

       

      お楽しみに~☆

    2. 雨漏り原因はベランダ・バルコニーの笠木かも?!シーリングで防水処理をしよう!~名古屋の塗替え道場はシーリングもやります!~

      台風による被害が大変多い季節です。

      大雨・強風による雨漏りも多発していますね。

      屋根などに穴が空くような雨漏り被害は見た目ですぐ分かりますが、部屋に雨漏りしてきて「どこから漏れているのか分からない」という状況はありませんか?

      壁やサッシは大丈夫なのに雨漏りしてくる、という時は“アレ”から雨水が侵入しているかも!

      今回は意外な雨漏り原因をお伝えします。

      気にしたことがないあの場所を、ぜひ確認してみてくださいね。

       

      ベランダ・バルコニーから雨漏りしている時はここを疑え

      確かに雨漏りしているのだけど、どこから漏れているのか分からない

      壁がしっとりしていて雨漏りしているような気がするけど、窓は何ともない

       

      こんな症状ありませんか?

      どこから雨水が侵入しているのか分からず防ぎようがない、そんな状況が続くと壁や躯体が傷み、家屋が大変なことに!

      雨漏りは放っておくわけにはいきません。

      では、この雨漏りは一体どこから?

      窓も壁も異常がなければ、ここを見て欲しいという場所があります。

      まず、雨漏りしている部屋の上の階はなんでしょうか?

      やっぱり部屋ですか?

      もしかしたらベランダやバルコニーではないでしょうか。

       

      でも、ベランダ・バルコニーの床は見た目に異常がなく雨漏り要素はないけど…

       

      そんな時は“ここ”を見てみてください。

      それは手摺や腰壁の上にある笠木です!

       

      笠木はこんな場所にもある!

      え?笠木とは?

       

      あまり耳にしたことがないものかもしれませんね。

      笠木というのはベランダ・バルコニーの手すり壁の上を覆っている仕上げ材のことをいいます。

      他にも塀、パラペット(屋上などの立ち上がり部分)、室内にもあり階段の手すり壁やキッチンの腰壁などです。

      材質はいろいろあるのですが、ベランダ・バルコニーに多いのは金属製の笠木がよく使われます。

      室内は木製が多いですね。

      塀などはセメントやモルタル製がよく使われていますよ。

      何のためにあるのかというと、1つはデザイン性

      カラーもいろいろありますので、建物に合わせたオシャレな外観にすることができます。

      室内の笠木は主にデザイン性にこだわったものが多いのですが、塀・ベランダ・バルコニーは機能重視です。

      デザイン性も重視していますが、塀の笠木はブロックの落下防止という役割を持っています。

      ベランダ・バルコニーの笠木は実は雨漏りを防ぐ、という役割があるのですよ。

      雨水が手すり壁の内部に侵入することがあるのですが、それを笠木が防いでいます。

      直接、雨風の影響を受けるベランダ・バルコニーはそれだけ雨漏りしやすい箇所で、しっかり防水処理をしておかないと建物を傷めてしまうのですよ。

      つまり、笠木がなければ雨水がどんどん入り込んで雨漏りをしてしまう!

      それを防ぐために、笠木はとても役立っているのです。

      雨水で湿った木材は白アリの絶好の餌食に。

      白アリは湿気のある木を餌にしますので、どんどんかじられていきます…。

      もちろん強度も耐久性下がりますね。

      侵入した雨水も室内に壁を伝って入ってきますので、雨漏りもしてしまいます。

      これは木造の建物の場合です。

      では、RC構造(鉄筋コンクリート)ではどうでしょうか。

      クラックと呼ばれるひび割れが起こりやすいのがコンクリートのデメリットで、そのクラックから雨水が染み込み…。

      中の鉄筋を錆びさせてしまうのです!

      そうなるとコンクリートの強度は下がりますので、建物として致命的ですね。

      木造でもRC構造でも雨漏りは放置するわけにはいかないのです。

      雨漏りを見つけたら、早急に補修をしないといけませんよ。

      一刻も早く、業者に依頼をしましょう!

      腰壁などに乗っているだけの笠木はどこから雨水が侵入してくるのでしょうか?

      それは笠木の取り付け方と形が関係してくるのです。

       

      シーリングで防水処理をしよう

      笠木は壁の上に乗っかっているのですが、壁にピッタリくっ付いているわけではありません。

      湿気や雨水を吐き出すために空間があります。

      建物は呼吸をしているので、あちこちに穴が空いていたりするのですよ。

      例えばサイディングボードなどはボードとボードの間は隙間があります。

      外壁塗装の時、その隙間を埋めて欲しいと言われる方がいますが、塗料で自然に埋まってしまう隙間以外は基本、埋めません。

      ある程度、隙間がないと湿気などがこもってしまい建物によくないのです。

      それと同じように笠木も隙間があります。

      必要な空間なので、無理に埋めようとしなくても大丈夫ですよ。

      その隙間から雨水が侵入している、というわけではありません。

      ではどこから入り込んでいるのでしょうか?

      空いているところから入らないのなら、どこに侵入経路があるのでしょうか?

      雨水の侵入経路として考えられる場所はいくつかあります。

      まず、笠木と笠木のつなぎ目コーナー部分です。

      つなぎ目を止めているボルト穴もあります。

      初めと終わりの壁に付いた部分、つまり笠木の両端も侵入経路として考えられますよ。

      笠木と笠木のつなぎ目というのは、施工場所のサイズに合わせて複数置いた際のつなぎ目です。

      1つでは長さが足りない場合は2枚使用したりして加工をします。

      そのつなぎ目の部分にジョイントカバーがしてあるのですが、そのカバーが劣化していませんか?

      劣化して穴が空いている、浮いていて隙間があるなどしていませんか。

      そういったところが雨水の侵入経路となるのです。

      そして、コーナー部分ですが、1枚で作ることができませんので2枚を加工して角を作ります。

      2枚を合わせていますのでそのつなぎ目に隙間ができて侵入経路に。

      また笠木を止める際にはボルトを使用していますので、そのボルトの穴が錆びてしまいそこから雨水が入り込む、ということもあります。

      壁の取り合い(笠木の両端)も隙間ができていると侵入経路になりますよ。

      これらの部分に劣化があると雨漏りの原因となるのです。

      もし見つけたら補修をしないといけませんよ。

      ではどのようにするのでしょうか。

      それらの部分はきちんと防水処理を施さないといけません。

      有効手段はシーリングです。

      つなぎ目やボルト穴、笠木の両端などにシーリングをすることで防水できます。

      また、シーリングがされているのに隙間が空いている、ということがあればシーリング自体が痩せたり、取れたりしているのかもしれませんよ。

      すぐにチェックしてみてください。

      シーリングが劣化してダメになっている場合もシーリングを充填し直す必要があります。

      修理は自分でもでき、シーリングそのものはホームセンターで購入して見様見真似でもできないことはありません。

      しかし、場合によっては笠木の交換もしなければならないかもしれませんね。

      そして、部屋に雨漏りしているならばそちらの補修も必要です。

      こういったことを踏まえると、やはりプロに任せた方がいいと思いませんか?

      一時しのぎでシーリングをすることはできますが、そのシーリングもすぐ取れる様な施工では意味がありません。

      上手く充填できず失敗していろんな場所に付いてしまうと、取ることもできなくなってしまいます。

      そうなってから業者に依頼となると逆に高くついてしまうかも…。

      ぜひ、雨漏りの疑いがあったならばご自分で判断せずプロにご相談ください。

      塗替え道場は防水工事も承っております。

      雨漏り診断も行いますので、まずは資料請求・見積りをしてみてくださいね。

      お待ちしておりま~す。

       

       

      次回は「塗装道具の解説」の動画をご紹介します。

      塗装班・職長寺西くんが解説しますよ!

      職人が使用している道具、気なりますよね~。

       

      お楽しみに~☆

    3. 雨漏りの原因を探って対策!修理費用も保険でまかなえます~DIYでなく名古屋の塗り替え道場にお任せ!~

      暑かったり、涼しかったりと気候が安定しませんね。

      大雨・台風も毎週のようにあり、「雨漏りしてきそう」と心配されていませんか?

      雨が続く時や強風で拭き付ける雨は雨漏りが発生しやすくなります。

      「ちょっと心配だな…」と思って、ご自分で何とかしようと思っている方もいるのでは?

      ホームセンターで材料揃えれば、雨漏りぐらいならDIYで何とかなる!

      できそうですよね~!

      では実際、どのような材料・道具が必要でしょうか。

      修理の仕方は?

      漏れている箇所、いずれ雨漏りしてきそうな場所を特定するには何を見ればいいのでしょうか?

      今回は雨漏り時のチェックポイントや補修に必要なことのお話です。

      これで雨漏り対策はバッチリ?!

      DIYとプロの違いも分かりますよ!

       

      原因と対策が分かればDIYで雨漏り修理できる?

      天井からポタポタ…。

      サッシ窓の周りがビショビショ…。

       

      こんな症状がご自宅でありませんか?

      雨漏りは放っておくと、どんどんひどくなり躯体を傷めます。

      大切な家屋が雨漏りで大変なことに!

      そうなる前に早期発見、修理をしましょう。

      漏れてくるかも?」という箇所にも見分け方があります。

      特に多いのは天井・サッシ窓・壁です。

      天井はいわゆる、ポタポタ垂れてくる雨漏りが一番多いかと思います。

      垂れてくるなら分かりやすいですよね。

      屋根に穴が空いているケースが考えられますので、素人でもすぐに分かる原因のひとつ。

      きっと屋根が「劣化しているのだな」、と非常に分かりやすい!

      修理も「穴を塞ぐ」のだろうと予想しやすいと思います。

      穴を塞ぐだけなら自分でも、と思いますが台風や強風大雨などでの被害の場合は絶対にプロに任せた方がいいです。

      なぜなら、屋根修理は危険が伴います。

      風の強い時などはとても素人にはできると思えません。

      実際、自分で屋根修理をしようと上って怪我をする、亡くなる、といったケースが多いです!

      とても、おすすめはできませんのでここはプロに任せましょう。

      家の中に雨水が入り込むほどになったら相当、躯体が傷みますので早急に修理が必要です。

      様子見でなんとか…、と思う方もいるかと思いますが、台風が続く季節はどんどんひどくなってきますので、早めに対策をしてくださいね。

      また、「屋根ではなく天窓から」という時はDIYで何とかなるかもしれませんよ。

      次に多い雨漏り箇所は「窓」。

      なぜ窓周りから雨漏りするのかというと、窓は屋根もしくは外壁に窓の大きさに穴が空いているのです。

      そこにスッポリ窓枠をはめ込んでいるので、必然的に隙間ができます。

      その隙間をシーリングと呼ばれる隙間剤で埋めて、雨水の侵入を防いでいるのです。

      新築時にシーリングをしていますが、それが年々劣化して痩せてきたり、取れてしまったりということがあります。

      ですので、シーリングを自分ですれば一時的でも「雨漏り修理が可能」ということなのです。

      天窓の場合は、サッシのジョイント部分にパッキンがあるのですが、それが劣化していることも考えられます。

      もし、パッキンが劣化してダメになっていた場合はそのパッキンを交換してみましょう。

      ホームセンターで購入できるものもあれば、メーカーから取り寄せることもできます。

      どのような製品が使われているのか、取扱説明書などで確認してくださいね。

      台風が来る前にチェックをして、窓周りのシーリング、パッキンなどをしっかり見ておきましょう。

      今は大丈夫でも、シーリングにひび割れや剥がれ、痩せているなどの劣化が見られたり、パッキンが取れていたりしたら雨漏りしてしまうかも。

      しかし、シーリングの劣化による雨漏りは窓周りに限りません。

      換気口の周り、外壁にもシーリングは施されています。

      一番、雨漏り原因で多いのがシーリングによるものなのです。

      しっかりチェックしておきましょう。

      それではベランダやバルコニーはどうでしょうか。

      ベランダの床面には塗膜防水と呼ばれる、ウレタン防水やFRP防水が施されていると思います。

      見た目はなんともなくても、ドレン(排水溝)付近はどうですか?

      ゴミが溜まっていたり、いつも水がハケないといったことはありませんか。

      ドレンが詰まっているとそこから逆流したり、溢れてしまったりすることがあります。

      溜まってしまった水が多いとそのまま室内に侵入するかもしれません。

      また、床の防水層に劣化があるとそこから中に染み込んでいいきます。

      防水層がダメになってしまうと、やがて雨漏りしてきてしまうので要注意!

      床面のチェックポイントは亀裂や剥がれといった目視で確認できる劣化がほとんど。

      基本は5年に一度ぐらいのスパンでトップコートを塗り替えていれば、そんなに激しい劣化は見られないはずです。

      このトップコートをきちんと塗っておかないと、紫外線でどんどん劣化が進んでしまいますのでメンテナンスは定期的に行うことをおすすめします。

      塗膜防水もDIYすることは可能ですが、上手く塗れなかった場合は失敗したところから雨漏りしてしまうかも!

      シーリングもホームセンターで購入できるので、自分で充填することができます。

      しかし、失敗してしまうと剥がすこともできず、壁や窓枠を傷つけてしまうことにもなりかねません。

      できたとしても満足のいく仕上がりでなかったり、適切な個所に施工できていなかったり…。

      上手くできることのほうが少ないのです。

      どの施工もDIYをしようと思えばできないこともありませんが、もし行うのであれば「一時しのぎ」と思ってください。

       

      雨漏りは保険で修理可能

      修理費がかかるからDIYしたいのに!

      皆さん、そう考えてなんとか自分でしようと思っていますよね。

      ご安心ください!

      実は雨漏り修理、火災保険でまかなえるかもしれませんよ!

      全ての修理が火災保険でできるわけでは無いのですが、台風・大雨が原因の場合は保険がおります。

      火災保険と聞くと火事だけのような気がしますが、実は風災という保証がついているのです。

      雨漏りは水害ではなく風災となります。

      台風の風圧で窓が割れたり、屋根に物が当たったりして穴が空く、といったことは風災とみなされ、保険がおりることがあるのです。

      ぜひ加入している火災保険をチェックして、風災の保証があるかどうか確認してみてください。

       

      修理はプロに任せよう

      台風被害が火災保険で補修ができるケースがあるのですが、手続きが面倒くさそう、去年修理した時は知らなくて全額自払いしてしまった、などあると思います。

      この手続き、塗り替え道場がお手伝いしますよ!

      雨漏り修理から申請手続きのお手伝い、プロに任せてください。

      また、保険雄申請期間は3年以内となっており、去年の申請もできる場合もあります。

      ご自分でDIYをして雨漏り修理もいいですが、どこを直せばいいのかメンテナンスはどこを見たらいいのか分からないということもプロにご相談ください。

      まずは見積りを!

      確実に修理をして、被害拡大にならないよう大切な家屋を守りましょう。

      また、足場を組んで施工することになるのであれば、悪い所を一気に直すことをおすすめします。

      今回は雨漏りだけ直す、でもいいのですがお金をかけて足場を組むので、このまま解体してしまうのはもったいない!

      次の台風で被害があった際に足場を組んで施工、となると足場代がまたかかってしまいます。

      足場を組んだらそのまま他の修理をすれば、足場代が無駄になりません。

      ぜひ、ご検討くださいね!

       

       

      次回は「職人のローラーご紹介!」の動画ですよ!

      社長と塗装班・職長寺西くん、社員さんの三人が解説してくれます。

      お楽しみに~☆

    4. 台風後にサッシからの雨漏りした時は修理に火災保険が使えます!~雨漏り修理も名古屋の塗り替え道場で!~

      秋になると秋雨前線や台風で水害が多くなります。

      ご自宅は雨漏りしていませんか?

      壁や天井にシミができていたり、サッシ(窓周り)から水が垂れていたりしていませんか?

      いざ修理となると「費用も心配」・「どこに依頼したらいいか分からない!」なんてことも。

      今回はサッシの雨漏り修理にまつわることをご紹介していきます!

       

      台風の翌日にサッシから雨漏りしている?!

      台風の翌日って、「昨日の雨風すごかったな~」なんて思いながら朝、起きますよね。

      今日は台風一過でお天気だから空気の入れ替えしよう、と窓を見たらなんだか濡れている…。

      結露?それとも窓が開いていた?

      もしかして雨漏りしているのかも!

      どこから雨が入ったのでしょうか。

      天井?壁?濡れているのは窓だけ?

      きっちり閉まっていたはずのサッシ周りが水浸しだったら、それは雨漏りです!

      閉まっている窓から雨が入ってくるなんて、一体どこが空いているのでしょうか。

      雨漏りの原因は見ただけでは分かりませんね。

       

      サッシが外れている?

      窓がちゃんと閉まっていない?

       

      いろいろな原因があるかと思いますが、普段の雨では雨漏りしないのに台風のような強風で大雨の時だけなる、というケースもあります。

      そうなると、見て雨漏り箇所を探すのは困難です。

      また来週、台風がくるかもしれない、明後日はまた天気が悪くなる、とこの季節は常に天候を気にする頃ですよね。

      雨漏りしているのならば早急に対処しましょう。

       

      修理依頼はどこにしよう?

      雨漏りしたならば業者に依頼をするのが一番手っ取り早い方法ではありますが、どこに連絡するべきでしょうか?

       

      窓を扱っているサッシ屋さん?

      近所の工務店?

      屋根屋さん?

       

      雨漏り専門で見てくれるところも、もちろんありますよね。

      実際はどこに依頼をしても、見てくるとは思います。

      しかし、それぞれ費用も違い、施工期間も違う、得意不得意、といった問題も。

      見てもらったのに「どこから雨漏りしているのか分からない」、「原因は分かったけど対応できない」、といった業者もいます。

      わざわざ呼んだのに修理もできずに終わったら困りますね。

      ではどこに頼めばよいのか?

      いわゆる防水屋さんと呼ばれる「防水専門店」やペンキ屋さんのような「塗装専門店」などでも対応してくれますよ!

       

      防水専門店は分かるけどなぜ塗装専門店

      ペンキを塗る塗装専門店がなぜ、雨漏り修理をしてくれるのでしょうか。

      全ての塗装専門店が雨漏り修理をできるわけでは無いのですが、サッシからの雨漏りの原因がシーリングであることが多いのです。

      シーリングというのは隙間を埋めているゴムのようなもので、これを専門に施工する業者がいます。

      それがシーリング職人です。

      シーリング職人は隙間にシーリングを充填することを専門に行う職人。

      実はシーリング材をホームセンターなどで購入して、自分でDIYすることができます。

      しかし、どこから雨漏りしているのかもわからず、どのぐらいの量を隙間に入れればよいのか、素人では完ぺきに行うことはできません。

      隙間があるから埋めるだけでは完全に修理したことにはなりませんので、ここはぜひプロに依頼しましょう。

      このシーリング職人、もしくは防水施工の職人を抱えているかどうか塗装専門店に確認することが大事です。

      塗装のみしか行っていない塗装専門店は多くあります。

      また、防水専門店で、戸建てや補修といったことが不得意な業者も。

      現状を説明して、修理ができるのかどうか確認してみてください。

       

      サッシの仕組みとシーリングの関係

      なぜサッシの周りにシーリングがしてあるのかご存じですか?

      シーリングがないとサッシはどうなるのでしょうか。

      そもそもサッシがどのように壁に付いているか分からないと、シーリングの重要性が分からないですよね。

      サッシは壁にはまっています。

      つまり外壁に穴が空いていて、そこにピッタリの大きさの窓枠が入っている、と言うことです。

      穴が空いている、ということはいくらピッタリの窓枠を入れたとしても隙間ができますよね。

      つまり、この隙間から水が「漏れる」ということです。

      なので、シーリングで隙間を埋めることをしなければならないのですね。

      ではシーリングとはなんでしょうか?

      サッシの周りを見ると、白っぽいゴム状のものが付いていませんか?

      触ると少し硬くて弾力があります。

      古いと劣化してくるので、より硬く、亀裂の入ったものもあるかもしれませんね。

      もしサッシの周りのシーリングがひび割れしていたり、取れかかっているものがあればそこが雨漏りの侵入経路かもしれません。

      ほどんどのサッシの周りの雨漏りの原因はシーリングによるものが多いのです。

      シーリングは、コーキングと呼ばれたり、シール工事などという言い方もありますが、実は全部同じ物だということをご存じでしょうか?

      昔は材料の違いで、シーリング、コーキングと別れていました。

      油性のものをコーキング、それ以外がシーリングです。

      今は、油性のものは使用されることがほとんどないため、昔の名残で名前だけ残っているというわけ。

      どちらも同じですので、どの呼び名で言っても伝わりますよ。

      このシーリングを隙間に埋めていくことをシーリング工事もしくはシール工事と呼ばれています。

      隙間を埋める際にプライマーという接着剤の代わりとなるものが必要です。

      その上からシーリング材を充填していくのですが、自分でDIYをする際にもプライマーは絶対に必要となりますよ。

      プライマーとシーリング材、そしてシーリング材を出すコーキングガンと呼ばれる道具も必要です。

      どれかが欠けてもシーリングを充填することができなくなりますので必ず用意してくださいね。

      しかし、自分でやるのは正直おすすめしません。

      もちろん、上手い、下手といった技術的な問題もありますが、実際のところどこにシーリングをすれば良いのか分からないと思います。

      雨漏り箇所も不確かな時はやはりプロに任せましょう。

      塗り替え道場ではベテランシーリング職人が施工にあたります。

      ぜひ、安心してお任せしていただけたらと思いますので、見積りや調査を依頼してみてください。

       

      修理費は火災保険で

      いざ雨漏りの原因を探り、見積りを取ってみたら思いがけない金額でビックリ!なんてこともありますね。

       

      こんなにかかるの?

      これでは今すぐ修理なんて無理かも…。

      修理は諦めようかな…。

       

      ちょっと待って!

      その雨漏り修理、火災保険でまかなえますよ!

      もちろん、台風などの風災によるものが対象です。

      台風が原因で雨漏りした、ということが絶対条件となりますので加入している火災保険をチェックしてみてください。

      自然災害による雨漏りですので、経年劣化での場合は対象外です。

      しかし、台風が原因の雨漏りだとしても、審査で自然災害と認定されなければ保険は降りません。

      ちなみに雨漏りは水災ではないのですよ。

      水災は洪水・高潮・土砂崩れなどの自然災害を指しますので、台風が原因の場合は風災となります。

      雨樋のような付帯部が台風の風で飛ばされてしまった、というような時も火災保険が適応されることがあります。

      また、火災保険に加入したのが「かなり昔だな~」、という場合は契約書をもう一度確認してみてください。

      風災保証が付帯しているかどうかが大事ですよ。

      塗り替え道場では自宅の損害が保険適用されるかどうかも無料で調査いたします。

      また、申請の手続きもお手伝いいたしますので、ぜひご相談くださいね!

       

      次回は「高圧洗浄機」の動画をご紹介!

      人気急上昇中の寺西くんが丁寧に解説します。

      お楽しみに~☆

    5. 雨漏りが室内にしてきたらどうする?対策と修理は名古屋の塗替え道場にお任せ!

      台風やゲリラ豪雨で天候が悪くなる前にメンテナンスをしよう

      酷暑で過ごしにくい日々が続きますが、台風シーズンに突入ですね。

      メンテナンスはきちんと行っていますか?

      雨漏りする前に対策をするのが大事ですよ!

      雨漏りの対策と修理はどこに頼む?

      部屋でくつろいでいたら、なんだか冷たいものが…。

      ポタポタと水滴が垂れているけど、これってもしかして雨漏り

       室内に雨漏りしてきたら、どうしたらいいのでしょうか?

       

      とりあえずバケツを置く?

      水が垂れているところにビニールシートを張る?

       

      バケツもビニールシートもすぐいっぱいになってしまいますよね。

      雨水が垂れているところを塞がないことには雨漏りは止まりません。

      これはもう自分でどうにかできるレベルではないですね。

      とにかく修理を頼まないといけませんよ。

       

      そういえば雨漏りの修理ってどこに頼むのがいいの?

       

      近所の工務店?

      ネットで調べた防水屋さん?

      〇〇建設って書いてあるところでもやってくれる?

       

      検索するといろいろ出てくるかと思います。

      工務店でも防水屋さんでも建設会社でも、依頼をすれば修理を引き受けてはくれるでしょう。

      しかし「金額が高い」・「なかなか来てくれない」・「きちんと修理が行われずまた雨漏りしてしまう」ということも。

      そうならないためにも、専門の防水職人がいる業者に依頼をしましょう。

      では、どこに頼むのがいいのか?

      専門の防水職人がいる業者はどうやって見つければいいのか。

      防水専門店に頼むのが一番いいような気がしますよね。

      なんといっても防水専門といっているわけですから。

      でも実際、連絡してみたら「個人宅は…」と受けてもらえないことがあるのです。

      なぜかというと、防水専門店は下請けを主に行っている業者さんで、新築の建物に防水施工をすることが多いのです。

      引き受けてくれるところもありますが、あまり修理が得意でなかったりすることもありますので、できるのかどうかよく聞いてみましょう。

      ならば工務店や建設会社はどうでしょうか?

      こちらも同じく下請けが多かったり、新築物件専門だったり、ということがあります。

      雨漏りの侵入経路を特定して修理をする、ということが不得意な業者さんだったりもしますので、依頼をする時によく確認してみてください。

      そして、下請けの下請けに出されて、金額がとても高くなる場合もありますので見積りは必ずとりましょう。

      結局、どこに頼めばいいのでしょうか?

      それは、防水職人がいる塗装屋さんに頼むとスムーズに修理をしてもらえます。

       

      塗装屋さんも防水ができるの?

       

      はい、できます!

      しかし全ての塗装屋さんが防水施工をしてくれるわけではありませんよ。

      防水職人を抱えている民間の塗装専門店を探してみてください!

      もしかしたら、そんなに数はないかもしれませんね。

      愛知県や三重県など東海地方ならば、塗り替え道場が承ります。

      塗装やメンテナンスの予定があるなら、ついでに雨漏りの具合なども一緒に依頼をしてみてください。

      せっかく足場をかけて塗装を行うならば、悪い所をいっぺんに直しましょう。

       

      室内に漏れるのはシーリングが原因かも

      ところで、雨漏りはどこから漏れているのでしょうか?

      天井ですか?それともからですか?

      室内に雨漏りがしてきた時は必ず、侵入経路があるはずです。

      ほとんどが、シーリング(コーキング)劣化したことによって起こっていると思いますよ。

      溝や隙間を埋めているゴムのようなものがシーリングです。

      このシーリングが経年変化で機能を持たなくなり、剥がれたり、隙間が空いてしまってそのわずかな隙間から水が入り込む。

      特にサッシ周りやスリーブやダクト周りのシーリングが取れてしまうことはよくあります。

      スリーブやダクト、というのはエアコンの管や排気口の穴のことです。

      穴が空いているから漏れるわけで、そこをシーリングで塞ぎ、漏水を防いでいますから当然ですよね。

      どこから漏れているのか?」と思ったら、まずは穴が空いているところを見てみてください。

      シーリングが機能しなくなっている場所ありませんか?

      そこが侵入経路かもしれませんよ!

      他にも笠木の下が空いている、樋の水受けが詰まっていたりと様々な原因が考えられますが、まずはシーリングを疑ってみましょう。

       

      修理期間はどれくらいかかるの?

      雨漏りの修理依頼をしたいけど、どれぐらい工事に時間がかかるの?

      これ、すごく気になりますよね!

      今まさに漏れているから止めて欲しい!と思っているのに、工事期間が1週間なんてことになったら意味がありません。

      とりあえず漏れているところだけ、応急処置をしてもらって後日きっちりと修理をしないと後々、大変なことになりますよ!

      雨漏りの侵入経路が分からなかったり、穴を塞いでも雨漏りが止まらなかったりしたら、工事期間はもっとかかってしまいます。

      その間にどんどん水が室内に侵入して、大切な家屋が傷んでしまう…。

      では、通常どのぐらいで修理は可能なのでしょうか。

      ここのシーリングが原因、この穴から漏れている、など明らかな症状で部分修理で済むのならば、数時間で終わるはずです。

      しかし、屋根も修理が必要である、ウレタン防水やFRP防水の再施工、となると数日かかる場合も。

      また、ウレタン防水やFRP防水は塗膜防水なので、乾かさなければなりません。

      お天気が悪い時は渇きにくくなるので、雨の日は施工できないこともあります。

      1日ぐらいで終わる工事も2~3日かかる場合もありますので、天候を見ながら工事をする必要があるのです。

      足場を組んで行う屋根や外壁の工事はそれだけでも期間がかかりますので、いつ頃修理をしたらよいのか、よく考えて依頼をしましょう。

      応急処置で済ませても、いずれ雨漏りはします。

      今だけよくても少しずつ家屋を傷めて取り返しのつかない状態になってしまいますので、雨漏りが気になる、と思ったらメンテナンスをしましょう。

      天井のシミ、水が垂れる音、室内の壁が湿っているなど目視で確認できる症状があれば雨漏りの可能性がありますよ。

      ダメージが進めばそれだけ工事期間も長引きますので、早期発見が大事です!

       

      台風シーズンに備えて雨漏り対策をしよう!

      そういえば雨漏りしていたな…、と台風情報を見ながら思い出したらメンテナンスのタイミングですよ!

      これからの季節、台風シーズンに突入します。

      毎週のように台風が上陸するような季節になりますので、「雨漏りで室内が水浸しになった!」なんてこともあるかもしれません。

      そうなる前にも早めに対策しましょう。

      早期発見ならば、費用も安く、工事期間もあまりかからず終わらせられますよ。

      完全に全修理になってしまうと足場を組んだり、再施工になったりととにかく大変!

      ウレタン防水やFRP防水のような被膜防水は早めに対策を取れば、トップコートの塗り替えで済む場合がほとんどです。

      これが、防水層まで劣化が進んでしまうと、再施工となり費用もかなりかかります。

      塗膜防水やシーリングなどは、天気が悪い時は渇きづらいのでいつまでも終わらない、なんてことも。

      台風が上陸したり、ゲリラ豪雨で不安定な時はなかなか工事も進みませんね。

      依頼をしたら混んでて、すぐに対応してもらえなかった」ということもあります。

      何でも、早めの対策が家屋を守ることになりますので、メンテナンスをきっちり行って悪い所は直しちゃいましょう!

      雨漏りした!」と慌てる前に、早めに見積り依頼をしてみてくださいね。

      室内に雨漏りしているということは、穴を塞ぐだけでは済まない可能性があります。

      大がかりな工事にならないように、対策を練りましょう!

       

      次回は「錆止め」の動画をご紹介していきます。

      我が塗り替え道場の人気ユーチューバー寺西くんが丁寧に解説!

      お楽しみに~☆

       

    6. 防水はどんな会社に頼むといい?~建設会社~

      建物を建てるプロは雨漏りを直してくれる?

      建物を建設するのが建設会社でゼネコンという呼び名もありますね。

      ゼネコンとは建設会社のことでGeneral Contractor(ゼネラル・コントラクター)からきています。

      総合建設業者のことを差し、建設の全てを請け負います。

      ビルや商業施設、その他公共工事など何でも手掛けている建設会社ですが、もちろん住宅も手掛けていますよ。

      大きいところから小さいところまで会社の規模は様々ですが、分譲マンションや建売住宅などの物件を手掛けており、デベロッパー(売主の不動産会社など)の下で、建築を行います。

      スーパーゼネコンなどと呼ばれる、大手の建設会社もありますね。

      CMなども良く流れていますので、きっと名前もご存じだと思いますよ!

       

      「でも、うちはそんな超有名なスーパーゼネコンの施工じゃないな…」

       

      小規模の建設会社でも大丈夫!

      きちんと施工した建物に対して、責任もってトラブルに対処してくれますよ。

      なので、マンションなどの集合住宅の場合は特に、建設を手掛けた建設会社に連絡をとるとスムーズなのです。

      戸建ての場合も同じです。

      まずは施工した会社に連絡しましょう。

      物件を購入して売買契約を交わした後に、取扱説明書などの書類と一緒にアフターサービスについての書類も手渡されます。

      困った時はここに連絡」となっているのが一般的で、管理会社に連絡の場合も。

      管理会社に連絡した場合でも、そこから建設会社に連絡がいくのできちんと対処してくれるはずですよ。

      なので、全く自宅の建設に関わっていない建設会社に依頼をするのではなく、まずアフターサービスの窓口に連絡をするといいのです。

       

      「それで肝心の雨漏りは直してくれるの?」

       

      対処はもちろんしてくれます。

      防水専門店や塗装専門店に依頼した場合と何が違ってくるのでしょうか?

      どういう風に進んでいくのか、お伝えしていきま~す。

       

      1.そもそも現場の品質をわからない監督が多い

      アフターサービスの連絡先が分からない

      どこの建設会社なのかが分からない

       

      こういった場合でも、ともかく雨漏りを止めたいので施工ができる業者に依頼しないといけませんね。

      では一般の建設会社に直接依頼はできるのでしょうか?

      修理依頼すること自体は可能です。

      しかし、建設に携わっていないので分からない、というのが本音でしょう。

       

      「建物の作りなんて全部同じでしょう?」

       

      「マンションの作りなんて違いがない」

       

      そう思いますよね~?

      実際はそれぞれ違い、設計図を見ないとどのように作られているか分からないのも事実。

      だいたいの構造は同じように決まった手順で行われますが、設計図・施工計画書に沿って行われるものなので、その設計図がなければ細かい部分は分かりません。

      見ただけでは予想はできますが、内部までは分からないので設計図が必要になります。

      たぶんこうであろう」とあくまで、予想で修理計画をたてなければなりませんので、荷が重いかもしれませんね。

      当然、修理をしてもらうこちらとしても、そんなあやふやな感じで担当されるのは、不安です。

      そして、それを担当する現場で指揮をとる監督が、頼りない人物であったら、どう思いますか?

      建設会社では、現場経験が少ない担当者がリニューアル工事や、リフォーム工事を担当することがよくあります。

      新築物件の担当ばかり務めてきた現場監督がリニューアルやリフォーム部門に移動することが建設会社ではよくあることなのです。

      実際の現場監督としての経験が少なかったり、部下に任せっきりであったりと品質を理解していない監督も少なくありません。

      もちろん、全ての建設会社がこのような体制を取っているわけではありませんし、担当者が現場を理解していない人ばかりではありませんよ!

      しかし、こういう頼りない監督が担当をすることもよくあること。

      そのような監督が防水屋さんを連れて、雨漏り現場を見に来ても原因を突き止めるのは難しい、というわけです。

      元受けである建設会社が下請け業者の防水屋さんを連れて雨漏り現場を見に来ます。

      防水屋さんは監督に従い、言われた通りの施工をするのですが、指示をするのは監督ですので、この指示が的確でないと、漏水を止めることができませんね。

      これは当然の結果

      建設を携わっていないので分からない、というのは仕方がないことではありますが、それなりにキャリアもあるのに、分かっていない監督も結構いるものなのですよ。

      防水施工そのものをきちんと把握していて、経験も豊富な現場のことを分かっている監督に見て欲しい、と思いますよね~?

      このようなことを避けるためにもまず、アフターサービスの利用を考えてみてください。

      また、デベロッパー(売主)に確認をとることも可能ですよ。

      自宅を購入した時に戸建ての建売やマンションの売買契約書に、必ずデベロッパーの会社名と施工会社が記載されているはずです。

      書類の見直しをして、どこに依頼すべきか確認をしてみてください。

      施工会社、管理会社、デベロッパー、この三社のどこかしらで必ず対応してくれるはずです。

      管理会社でもデベロッパーでも、担当した建設会社に連絡をしてくれるので関係のない別な建設会社が見に来ることはありません。

      図面を見ながら、当たってくれますので安心ですよ。

      また、金額もアフターサービスとして扱ってくれることがほとんどなので、無料であることもあります。

      これはとても嬉しいですね!

      もし費用がかかったとしても、安い料金で施工してくれます。

      ごまかされて騙される、なんてこともありません。

      それだけでもかなり安心ですよね。

      なので、関係のない建設会社に依頼をする前に確認をすることをおすすめします。

       

      2.金額が高くなることが多い

      「書類も手元に無くて、施工会社が分からない!」

       

      その場合はとにかくどこかに依頼して、工事をしてもらわなければいけません。

      では、建設会社に依頼をした場合、金額はどのくらいなのでしょうか。

       

      安いのでしょうか?高いのでしょうか?

       

      金額は高くなることが多い」と言わざるを得ません。

      なぜかというと、建設会社に依頼をするとその内容にあった業者を手配し、その業者と一緒に建設会社の監督が現場確認にきます。

      つまり、下請け業者に頼むわけですね。

      そこで監督と防水業者が施工計画を立てて、それに見合った見積もりを防水業者が建設会社に出し、建設会社が顧客に出す、という流れになります。

       

      元請け(建設会社)→下請け(防水業者)→孫請け(職人)

       

      このように下請けがたくさん続き、中間マージンがかさむ仕組み。

      直接、防水業者とやり取りを進めるわけでは無いので、金額が高くなるのですね。

      時間もかかります。

      下請けに聞いてから、返事をするわけですからすぐに回答がきません。

      間に建設会社が入る以上、仕方のないことではあります。

      しかし、建設会社に依頼したからと言って悪いことばかりではありませんよ。

      雨漏りの場所が複数である」、「特定できない」といった時など、あらゆる業者に見てもらえます。

      サッシから雨漏りしている時ならばサッシ屋、屋根は屋根職人、外壁ならば塗装業者とそれぞれに合った施工業者があてがわれるのです。

      いっぺんに複数の修理ができるのならば、新たに別業者を探す必要がないので負担が減りますね。

      もちろん、それぞれに見積もりが出るので金額が高くなりますが今回、本当に必要な工事なのかよく見極めることが大事です。

      分からない監督に現場を見てもらっても、漏水の穴を塞ぐ程度の施工しかしないようでは根本的な解決とは言えませんよ!

      原因を探って完全に修理をしてもらうようにしましょう。

       

      建設会社といっても、いろいろな会社があります。

      規模も実績も違いますので、信用できる建設会社に見てもらいましょう。

      次回は「トップコート」についてお伝えします♪

    7. 防水はどんな会社に頼むといい?~塗装専門店~

      防水専門店とは違う塗装専門店とは?

      防水専門店に防水工事を依頼するお話を前回はお伝えしました~。

      戸建ての工事は防水屋さんはあまり得意でないわけですが、建設会社などと一緒にタッグを組んで工事に当たってくれるので状況を見て依頼するのがいいですね。

      さて、防水専門店と同じような業種で塗装専門店があります。

      防水専門店と並び、塗装専門店もよく耳にする業者です。

      塗装と防水はなんだか似ているようにも思いますよね。

       

      「塗る作業だから材料が防水のものならできるのでは?」

       

      なんて思いませんか?

      実際は材料の違いだけではなく、作業工程も技術にも違いがあるのですよ。

      けれど、もし雨漏りを塗装専門店に依頼したら請け負ってくれると思いますか?

       

      答えは…「できる業者とできない業者がいる」です。

       

      「???」

       

      ちょっと何を言っているか分からない、って感じですよね~。

      なぜできる・できない、があるのでしょうか。

      その違いを一つずつご紹介してきます!

       

      1・下請企業に依頼することが多い

      塗装専門店はその名の通り、塗装を専門とする業者です。

      外壁や屋根などに塗料を塗って施工をします。

      外装工事を引き受けている施工業者ではありますが、「防水工事」ができるのかと言われれば、できません。

      防水を専門としていないからです。

      もし、依頼をしても下請けの防水専門店が施工を引き受けることとなるので、

      金額が高くなる」・「時間がかかる」、ということがあります。

      私たち顧客と「防水専門店」の間に「塗装専門店」が入っているので、全て塗装専門店を通さなければ話が進みません。

      場合によっては仲介手数料が発生することもあります。

      やり取り自体は防水専門店とできますが、見積りや現場確認などは両方の業者としなくてはならず、スムーズに話が進まず正直、面倒…。

      また、防水専門店を紹介してくれる塗装専門店もいます。

      その場合は見積りから現場確認など、防水専門店と行えるので塗装専門店がノータッチとなり、工事もスムーズにいきますね。

      しかし、塗装専門店から「紹介料を請求される」・「指定材料を使用する条件を入れられる」など、見積り金額が高くなってしまうことがあるのです。

      全ての業者がこのような形をとっているわけではないので、そんなに心配することはありませんよ。

      きちんとした説明を受けて見積りの確認をすれば、知らない間に金額が上乗せされていた、なんてことにはなりません。

      防水施工ができるのか、できないかは最初の依頼時にしっかり確認すべきです。

      できる場合は、「どのように進めるのか」・「紹介料がかかったりしないのか」、なども聞いておきましょう。

      曖昧にされる・分からない、となった場合は他の業者も探してみてください。

      何社からも見積もりを出してもらい、比較検討をするのはとても大切なことですよ。

       

      2・防水の知識が浅いことがある

      塗装専門店が防水専門店に下請けを依頼することもありますが、そもそも塗装専門店はどれぐらい防水施工を知っているのでしょうか。

      防水施工と塗装は全く違うもの。

      例えば、FRP防水は国家資格である「防水施工技能士」の技能試験に合格した技能士のみが行える施工です。

      塗装業者がこの防水施工技能士の資格を持っているかは分かりません。

      恐らく、持っていないですよね~。

      中には資格を持っている職人もいるかもしれませんが、そういう職人はそんなにたくさんはいないと思います。

      シート防水も熟練の職人でなければできない施工。

      経験豊富でなければ中々できない難しい施工なので、塗装業者が全てわかっているとは思えません。

      確かに、塗装剤の中に防水効果のある薬剤が含まれている材料はあります。

      そういった材料を使用すれば、その外壁は防水効果が得られますが塗った場所のみの効果。

      この塗料を、雨漏りしている箇所に塗れば漏水が止まる、ということではありません。

      これだけならば、DIYでどうにかなりますよね。

      わざわざ、業者に依頼する必要もなくなります。

      けれど、どこから漏れているのか分からない場合は塗りようがありません。

      部屋にポタポタと垂れてきたからその場所に塗る、ということでは何も解決できないのです。

      これでは垂れている雫の下に洗面器を置くのと変わらないと思いませんか?

      まずは原因を突き止めて、それに最適な施工を行うことで雨漏りを防ぐことができます。

      また、その場しのぎで漏水を食い止めても、すぐに雨漏りしてくるようでは意味がありません!

      耐久性も大事です!

      すぐに施工やり直し、とならないようにしっかりと施工してもらわなければなりませんね。

      雨漏りを止めるだけではなく、漏水によって被害が出ている箇所の修繕も必要ですよ。

      その為にも防水施工のノウハウがある業者に依頼するのがベストとなるのです。

       

      3・防水の職人を抱えている民間の塗装会社に頼むとよい

       

      「防水専門店もダメ、塗装専門店もダメ、ならばどこに頼めばいいの?」

       

      ネットなどで調べても、防水専門店か塗装専門店で修理ができる、と紹介しています。

      得意・不得意がある両専門店ですが、自宅の状況にあった業者がどちらなのか分かりませんよね。

      しかし、ピッタリくる業者がいます!

      それは、何だと思いますか~~?

       

      実は防水職人を抱えている塗装業者なのです!

       

      雨漏りの原因を突き止めることができる知識と経験を持った職人が防水職人

      塗装をするのが塗装職人

      この職人がいる業者に頼むと全て解決する、というわけです。

      ネットで調べていると情報が多すぎて、どの業者に頼めばいいのか分からなくなって検索難民になりがち。

      防水で検索すればいいのか、塗装で検索すればいいのかも悩むかと思います。

      雨漏りだから防水でまず調べますよね。

      でも、見つけた業者が戸建ての案件を引き受けてくれるかどうか、ホームページを見ただけでは分からない…

      価格も載っていなとなれば、依頼を迷ってしまいますね。

      細かく載っているのであればいいのですが、「まず見積りを!」とそればかり言っている業者も多いです。

      それではなかなか、「依頼してみよう」とは思いませんよね。

       

      「しつこく連絡がきたらどうしよう」

      「必要のない契約をされるかも」

       

      こういった心配もあると思います。

      なので、ホームページの見方としては、今までの施工案件を載せているかどうかを見てみてください。

       

      ・屋根修理や雨漏り修理の案件が写真付きで載っている

      ・外壁塗装と一緒に雨漏りの時はこういった施工をする、という事例ケースが載っている

       

      その内容に防水施工の種類がきちんと記載されていて、防水職人がいるとなっていれば安心できる業者ではないでしょうか。

      もちろん、それだけで優良業者がどうかは断定できませんが、1つの目安となります。

      その内容を見て、防水のことも塗装のことも分かっている業者だと判断出来たら、見積りを取ってみましょう。

      2~3社に依頼をして見比べてみるといいですよ。

      また、依頼したい塗装業者に防水に詳しい職人がいるのかどうかを直接、聞いてみてもいいですね。

      その時に、「別会社に依頼をする」と回答があったら、自社で防水職人を抱えていない業者です。

      防水施工の知識もあまりない可能性がありますので要注意ですよ。

      依頼する業者を決めたら、打ち合わせ・工程の説明を受けるのも忘れずに。

      きちんと納得した形での施工契約を結ぶようにしてくださいね!

       

      防水専門店と塗装専門店の違いは分かりましたか~?

      似ているようで違う業者ですが、今自宅に必要なのはどういった工事なのかをよく考えて依頼を決めましょう!

       

      次回は「建設会社」についてお伝えしていきます(^^)

    8. 防水はどんな会社に頼むといい?~防水専門店~

      修理はどこに頼む?

      「雨漏りしてきた!どうしよ~~~!」

      こんな場合は大至急、修理しないといけませんね!

      業者にすぐ連絡しましょう。

      ところで、その業者はどうやって探しますか?

       

      「すぐスマホで探す!」

      「そういえば電話帳が家にあったような…。」

      「家の近所に工務店があるなぁ。」

       

      考えてみると、修理を頼めるところが1つではない気がしますね~?

      どこに頼むとスムーズに修理をしてもらえるのでしょうか。

      今回は、防水工事が頼める会社をご紹介していきます!

      主に依頼できる業者は以下の3つ。

       

      ・防水専門店

      ・塗装専門店

      ・建設会社や工務店

       

      それぞれ得意なことや、できることが違うのでメリット・デメリットも交えてお伝えしていきます。

      また、修理だけではなく新築工事の時に依頼すると良い業者もいるのですよ。

      建て替え時などに役立ちますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

      まずは防水専門店をお伝えします。

       

      防水工事はやっぱり専門店がいい?

      防水工事を請け負っている専門業者は「防水専門店」です。

      いわゆる、「防水屋さん」と呼ばれる業種で、防水工事を一手に引き受けてくれる業者さんですよ。

       

      「防水屋さんに頼めば全部直してくれる!」

       

      そう思いますよね?

      実は、得意不得意があり場合によっては対応しきれない、ということもあるのです。

      オールマイティにできるわけではないのが、ちょっと残念です…。

      では、メリット・デメリットは一体何でしょうか?

       

      1.下請工事・新築工事をメインに請負っている

      防水専門店は確かに防水工事が得意です。

      しかし、建設会社の下請けであることが多く、新築工事を主に手掛けているところが。

      建築中に「この部分を防水したい」という要望に応えて、防水施工を行っていきます。

      何もない所に防水施工をすることに慣れているのですね。

      個人宅に出向いて仕事をするというよりも、受注した現場に施工に行く場合が多いのです。

      どちらかというと、「雨漏りしたから防水施工をしに行く」というケースはあまりありません。

      何もないところからスタートする施工が得意であると、いうわけです。

      また、屋上などの防水施工を多く請負っている業者はシート防水を得意としますので、ウレタン防水やFRP防水は対応できない、なんていうこともあります。

      逆にベランダなどのウレタン防水を得意としている業者は、シート防水は請負えない、というケースも無きにしもあらず。

      防水施工する箇所によって、業者を選ぶ必要があります。

      今、してほしい防水工事がどのような施工が妥当なのかを見極めなくてはいけないのです!

       

      「だから、それが分からない!」

       

      となりますよね~。

      だから業者を呼ぶわけですから、まずは相談をしてみましょう。

      特にネットですと、困りごとのQ&Aなどがあります。

      自宅の雨漏りが、どのような状態なのかを入力するだけで、対処方法を教えてくれるものもありますよ。

      便利なので、ぜひ利用してみてください。

       

      2.防水工事は建設会社などから指示を受けて行っている

      さて、新築工事を得意とする防水専門店ですが、改修・修繕はできるのでしょうか?

      答えは「不得意である」です。

      建設会社の下請けが多く、新築工事を主に請け負っているのが防水専門店。

      雨漏りしているから直してほしい」と言われても分からないことが、よくあります。

      シートのめくれや膨れなどの、見てすぐ分かる劣化には対処できます。

      しかし、雨漏りの原因や経路を特定することには対応しきれない、という業者も。

      例えば、建設会社から雨漏りしている建物の修繕を請け負った場合、

       

      「ここから漏れているからシーリングして」

      「シートの張替えをして」

       

      と、こう言った指示を受けた施工は問題なくできます。

      部屋に侵入している雨漏り経路の特定などは、「たぶんここだろうな…」と予想はできるのですが、断定はできません。

      修繕そのものはできるのですが、建物の構造を全て理解しているわけでは無いので、そこは専門外となってしまいます。

      防水施工が仕事である防水屋さんは単独で動くことはあまりないので、建設会社などから指示を受けて工事を行うケースが圧倒的に多いのですね。

      こうして指示を受けて動く防水屋さんは、個人宅に新規で訪れることは少ないので依頼をしても引き受けてもらえないかもしれません。

       

      3.戸建てが不得意な場合が多い

      建設会社からの受注が多い防水専門店ですが、戸建てよりもマンションなどの集合住宅を請負うことが圧倒的に多い!

      特にマンションブームなどもあり、あちこちで新築マンションの建設が行われていますよね。

      マンションが建設されれば、防水専門店も大忙し!

      受注も増えて、10年スパンぐらいで改修工事も行われます。

      アフターサービスも含め、長い期間の受注が見込めるので、防水専門店も建設会社からの仕事は実入りが良いのです。

      こうしたことで、集合住宅での防水施工の依頼が多いので、戸建ての受注をあまり請負わない業者も増えつつあります。

      また、戸建てとマンションでは構造自体が違う

      防水施工にも違いがあるのですよ。

      一般的には、マンションはRC構造(鉄筋コンクリート造)、戸建ては木造で建設されます。

      例えば、木造の家にアスファルト防水のような高熱の材料を使用する施工をすることはありません。

      また、戸建てにはない共有部がマンションにはあり、マンションにはない屋根裏などが戸建てにはあったりしますので、漏水の原因も様々。

      戸建ては専門ではないので分からない」、という業者も中にはいますので構造を分かっているのか、防水施工ができるのかどうか、予め確認してみましょう。

      分からないまま工事を進められて不具合が出ては困りますからね!

      確認は特に大事です。

       

      防水専門店に頼むのは間違っている?

      「結局、防水専門店は直してくれないの?」

      必ずしもそうではありませんよ!

       

      雨漏りした!→防水専門店に連絡!

       

      と、なる前に考えてみましょう。

      雨漏りの状況はどんな感じですか?

       

      「どこから漏れているの?」

      「生活できないほどひどい?」

       

      漏れている箇所も、どんな防水施工が施されているかも見て分からないと思います。

      防水専門店に依頼をするのであれば、電話やネットなどで「状況」をきちんと伝えましょう。

      自宅が戸建てなのか、マンションなのか。

      どこから雨漏りしていて、どんなふうに濡れてしまっているのか。

      築何年経過しているかも伝えるといいかもしれませんね。

      その間、メンテナンスは行っていたか。

      もし、雨漏りではなくてメンテナンスの依頼をする時も同じように、現状を伝えてみましょう!

      防水専門店のHPでセルフチェックができるものもあります。

      こういったものを使うと、今何をしたらいいかが分かるので業者を依頼する時にも役立つと思います

      よ。

      でも、調べるのもちょっと面倒な時ありますよね…。

      そういう時は自宅を施工した業者に連絡を取ってみてください!

      建売住宅でも、注文住宅でも施工した会社がありますよね?

      その会社に、「雨漏りしてきた」と連絡をしてみましょう。

      そうすると、工務店や建設会社を通して、防水屋専門店の業者が対応してくれますよ!

      構造のプロと防水のプロが一緒に雨漏りを見てくれます。

      どこから漏れているのか、その場合はどうすればよいのか、いち早く答えが出て解決。

      またアフターサービスなどが適応できる場合もありますので、よく確認してみてください。

      料金が発生せずに修理をしてもらえることもあるので、ぜひ利用しましょう。

       

      次回は「塗装専門店」についてご紹介。

      「防水専門店と何が違うの?」

      できること、できないことを詳しくお伝えしていきま~す。

       

       

       

       

    9. 防水工事に最適な時期は?~施工は気候が良い時に!~

      施工には最適な時期とメンテナンスの目安間隔がある

      防水施工の種類やよくある雨漏り箇所などをお伝えしてきていますが防水のこと、だいぶ分かってきましたよね~?

      漏水を見つけた時に、最初に見るべきポイントを押さえておけば、手遅れにならずに原因を探ることができます。

       

      「水が染み出ている!」

      「雨漏りしてきた!」

       

      こんな、突発的なアクシデントの場合はすぐに業者依頼をしてくださいね!

      しかし、「そろそろ塗り替えかも…」という、メンテナンスはいつ頃行えばいいのでしょうか?

      今でなくてもいいけど…」と思っているのなら、最適な時期があります!

      最適な時期に行うことで、快適に過ごすことができるのですよ。

      時期とメンテナンスの間隔をお伝えしてきます。

       

      1年間で最も防水に適した時期がある?

      急に雨漏りしてきた時のようなアクシデントが無い限りは、施工してからの経過年数目視で分かる劣化が目立ってきたらメンテナンスのタイミング

      そろそろかな」、と思ったらすぐ業者依頼をしたいところではありますが、雨漏りなどの「今すぐどうにかしたい!」と言う状況でなければ、時期を考えてみてください。

       

      今の季節は夏?冬?

       

      雪が降るほど寒いとか、とんでもなく酷暑ではないですか?

      雨が降る梅雨時台風が頻繁に発生しやすい季節ではないですか?

      防水工事は建物を雨水から守るために行う施工ですよね。

      なので、適した季節や天候があるのです。

      猛暑日が続くような夏、雪が降りそうな極寒の冬。

      これは普段の生活も過ごしにくい季節ですから、施工者も大変です。

      とても、適した時期とは言い難いですよね。

      では、暑くてもダメ、寒くてもダメな理由は

      それは使用する防水材料に関係があります。

      FRPやウレタン防水などの塗膜防水は防水塗料を塗って、防水層を作っていきます。

       

      覚えていますか?

       

      何層も重ねて、層を厚くしていく施工ですね。

      被膜防水は乾燥させる工程が必ずあります。

      この「乾燥させる」という工程が季節に左右されるのです。

      寒いと雪が降るほど気温が下がることがありますよね。

      そうなると材料が凍る可能性があります。

      なんと、冬は乾燥する前に凍結してしまうことがあるのです!

      暑い時はどうでしょうか?

      また、夏は暑さでシート防水の材料が伸びてしまうことがあります!

      暑くても寒くても材料が硬化しなかったり、伸びたり、やり直したりと、上手くいかないのです。

      やはり適度な温度下で行うのがいいのですね。

      現在の材料はそういったことも、ちゃんと加味されているので暑い寒いで施工できないようなことはないそうです。

      しかし、人の手で行う施工ですので、極端な気象状況で行うのは大変だと思いませんか?

      また、湿度の強い梅雨時期、強風の台風が頻繁に来る初秋も適してはいません。

       

      「じゃあ、いつだったらいいの?」

       

      それは春と秋

      人も過ごしやすい気候の季節ですよね~。

      覚えやすくて分かりやすい!

      しかし、日本列島は南北に長~い島国なので、地方・地域により差がでるものなのです。

      地域によって湿度や温度が違いますので、良く考慮し施工を行えるように業者に相談をしてみましょう。

       

      防水をやり替える期間はどれくらい?

      ちょうど良い季節と気候は分かりましたね。

      では、目立った劣化も無く、雨漏りもしてない時のメンテナンスはどうすればいいでしょうか。

      目安がありますが、それは何だと思いますか?

      前回の「雨漏りしやすい場所」でもチラッと出てきましたよ~。

       

      それは「施工年数」です。

       

      1つの目安となるのがこの施工年数なので、防水工事を行ってどのぐらいの年月が経っているのかを、思い出してみましょう!

      一般的にFRP防水・ウレタン防水は約10年、シート防水は約15年の寿命です。

      これはあくまで目安になので、これ以上の長い期間使用できることも、もちろんあります。

      逆に、これ以下の期間で再施工、というケースも。

      環境や使用条件により前後はしますが、だいたいこのぐらいで「そろそろかな」と、覚えておいてください。

      もちろん、目視で分かる劣化が生じている時はメンテナンスをしなければなりませんよ。

      放置が一番、家屋を傷めますので、見つけたらすぐ対処しましょう。

      そして、塗膜防水のFRP・ウレタン防水は上からトップコートを塗布し完成させるものです。

      防水層自体の寿命は10~15年ですが、このトップコートは5年ぐらいで塗り替える必要があります。

      紫外線にとても弱いので、専用のトップコートで保護をするのです。

      トップコート自体には防水性能はなく、保護をするのが目的。

      上からトップコートをしておかないと、脆くなり防水層が劣化してしまいますよ!

      金額を考えると、トップコートの塗り替えと再施工では差があります。

      きちんとメンテナンス時にトップコートの塗り替えをすることで、施工金額を押さえることができますよ。

      このトップコートも5年ぐらいを目安に塗り替えとなりますが、10年ぐらい耐久性のあるフッ素性のものや、遮熱効果がある製品もあります。

      通常の物より割高ですが、メンテナンスの回数や施工場所の環境などを見て業者に相談してみましょう。

      長い目で見ると、こちらの方がコストを抑えられるかもしれませんよ。

      特に遮熱効果のあるトップコートは光熱費の削減にもなります。

      検討してみてもいいですね。

      また、シート防水にも保護目的のトップコートがあります。

      塗膜防水と同じで、5年ぐらいのスパンでの塗り替えで防水層の寿命を延ばせますよ。

      メンテナンス時にはトップコートの塗り替えで済むのか、はたまた再施工なのかをよく見るのが大切です。

      費用を抑えるためにも、時期などを見ながら上手にコストダウンして建物を長持ちさせましょう。

      もし費用に不安を感じたら、見積を取って業者に相談するのが改善策です

       

      もしかして自分でできる?!DIY補修

      時期やメンテナンス期間で一番気になるのは「コスト」と「時間」ではありませんか?

       

      「シート防水の端っこがめくれている」

      「ウレタン防水のあちこちに穴が空いている」

       

      こういった劣化を発見したらすぐに対処したいものですが、なかなか忙しくてできない方も多いですよね。

      しかし、そのまま見て見ぬふりをしていても、劣化は進む一方で良くなることはありません。

      自然治癒する「」とは違い、悪くなることはあっても完治することはない「虫歯」と一緒ですよ!

      放っておいてはいけません。

       

      「工事のために仕事を休むことはできない」

      「修繕費用がない」

       

      こういったお悩みは、いつも付きもの。

      ちょっとした穴のために業者を呼んで、見積を出してもらって工事をするのは大変そうだな~、と思いますよね。

      来年が10年目だからその時にしようと思っていた、なんて時に小さな劣化を見つけてしまって気になる…。

      そんな時に応急処置として自分で補修をする、という方法があります。

      ウレタン防水ならば、ホームセンターなどで材料が手に入るのですよ。

      これを使ってDIYすることができます。

      インターネットでも購入可能です。

      FRP防水は「材料が手に入りにくくて扱いにくい」、「素人が施工するには難しすぎる」、といったことがありますので使いやすいウレタン防水がおすすめです。

      塗るポイントは4つ!

      ・ムラが出ないように塗る

      ・古い防水被膜を剥がしてから塗る

      ・よく乾燥させる

      ・使用量を守る

       

      素人が行うことですので、完ぺきに仕上げることはできないと思いますが最低限、この4つのポイントを守れば上手くいくと思います。

      しかし、これはあくまで応急処置

      とりあえずDIYでしのぐことはできますが、見た目がキレイでも施工自体が上手くできているかは分かりませんよ。

      知らない間に漏水していた、ということにならないように。

      然るべき時がきたら、時期を見て必ず業者にメンテナンスを依頼しましょう!

       

      防水の最適時期のお話でした☆

      次回は「防水施工はどこに頼むべき?」をお送りしま~す。

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ