• ホーム > 
  •  > タグ:
  • 塗料
  • 塗料の種類を知ってかしこく塗替え!~外壁塗装は名古屋の塗替え道場で!~
    1. 塗料の種類を知ってかしこく塗替え!~外壁塗装は名古屋の塗替え道場で!~

      外壁そろそろ塗替えしたいな…。

      そう思った時が塗替え時です!

      けれどホームセンターに行ってみたら、塗料がありすぎてどれがいいか分からない…。

      塗料って値段がだいぶ違うけどどれがいいのでしょうか?

      今回は塗料の種類と特徴をご紹介します。

      種類が分かればDIYも楽にできますね!

       

      塗料の種類はどれくらい?違いはあるの?

      いざ塗ろうと思ったら塗料がどれか分からない!

      水性と油性は何が違うの?

       

      一言で塗料といっても種類はいっぱいあります。

      含まれる材料も適したものも違いがありますが、どれがいいのでしょうか?

      よく耳にする塗料はウレタン、シリコン、フッ素かと思います。

      これらの塗料はそれぞれ特徴が違いあり、値段にも差があるのですが高いから良いというわけではありません。

      耐久年数や付加機能があるもの、仕上がりの良さなど一言ではいえないほどそれぞれ特徴が違います。

      またデメリットも当然ありますので、適した塗装箇所にも違いが出てくるのです。

      DIYに向いている、自分で塗りやすい塗料や扱いにくい塗料もあります。

      とにかく値段を抑えたい!という方も多いですね。

      そんな時はシリコンがおすすめです。

      ウレタンとフッ素の中間ぐらいのグレードで、耐久性も10年~12年ぐらい。

      きちんとメンテナンスを行えば15年ぐらいは持たせることもできます。

      撥水性もあり、汚れにくい特性もあるので外壁にはピッタリ。

      防汚性もあるので手入れが楽にできるのも特徴の1つです。

      そして耐久性もあるので、屋根に塗ることもできますよ。

      付加機能が付いた塗料も豊富にありますので、塗装する箇所の悩みに合ったものが選べます。

      例えば、防カビや防汚、遮熱などがありますので、日当たりが良い、悪いなどでも選べますね。

      ツヤもあるので仕上がりもキレイですよ。

      デメリットとしては、約10年で塗膜が硬くなるのでクラック(ヒビ)が入りやすくなります。

      クラックを見つけたら、メンテナンスをしましょう。

      シリコンの上のグレード・フッ素は耐久性がなんといっても長い!

      15年~20年も持つタフな塗料です。

      耐久性だけではなく、耐候性、耐熱性にも優れています。

      耐候性が高い、ということは紫外線や雨水にも強いので影響を受けにくいのです。

      耐熱性は日光で外壁が熱を持つのを防ぎます。

      日当りの良い部屋では冷房の効きが悪くなるので、フッ素がおすすめですよ。

      逆に日当たりが悪い場所にも最適塗料です。

      防水性、防カビ性も◎

      まさにオールマイティですが、こんなフッ素にもデメリットはありますよ!

      それは価格が高いこと。

      こればかりは仕方がないことかもしれませんが、やはり良いものは高いですね。

      しかし、耐久性はアクリル、シリコンの約2倍長持ちですから、長い目で見れば妥当でしょうか?

      メンテナンスいらずでキレイが保てるフッ素、リーズナブルで種類が豊富なシリコン。

      どちらがいいかは、塗装箇所や悩みなどで変わってくると思いますので、業者に相談してみましょう!

       

      水性塗料と溶剤塗料

      ホームセンターに置いてある塗料はシリコン、フッ素などと別に水性や油性があるのをご存じですか?

      塗料は使用する前に別な液体で希釈する必要があります。

      その時に使用する液体の種類で、水性・油性と分けるのですが、これもまた特徴が違うのでどっちがいいというのは一概にはいえないのです。

      しかし、耐久性は油性の方が上ですので、水性<油性といわれています。

      水性塗料は水で希釈します。

      まず、水性のメリットはなんといっても匂いが少ないこと!

      どうしても塗料は匂いがありますので、気になりますよね。

      室内を塗装する場合は水性がおすすめです。

      そして、水性はハケやローラーといった道具類を水で洗って落とせる!

      これはかなり後片付けが楽ですね。

      もしDIYで塗るなら断然、水性が使いやすいですよ。

      では、油性は?

      油性塗料は希釈する際に有機溶剤(シンナー)を使用します。

      かなり匂いがしますが、耐久性は水性よりもグッと上りますよ。

      仕上がりも美しい!

      密着性があるので耐久性があり、ツヤがある仕上がりになります。

      価格は水性よりは高くなりますが、それも耐久性、付加機能と比較すればある程度は仕方がないことですね。

      もし、価格を抑えたいということであれば水性がいいでしょう。

       

      特殊塗料とは?

      それぞれの塗料に特徴があり、なかなか決めることができないかもしれませんね。

      そんな時は付加機能が付いた塗料はどうでしょうか?

      丈夫さを取るか、メンテナンスいらずでお手入れの楽さを取るか、はたまた防炎効果などの特別機能を取るか。

      特殊な塗料はたくさんあります。

      なんと、汚れが雨で流れ落ちる光触媒塗料もありますよ。

      汚れを、光を利用することで分解させ、雨で洗い流すのでお手入れはほとんどしなくても大丈夫!

      いつもキレイな状態をキープできる塗料なのです。

      外壁の汚れが気になる方におすすめ~!

      水で汚れが落とせるのはとてもお手入れが楽になりますね。

      また、フッ素より耐久性がある塗料も実はあるのです!

      それは無機塗料

      新しい塗料なのでまだあまり知られていないかもしれません。

      無機はと炭素を含まない物質のことで、鉱物、ガラス、セラミックなどです。

      紫外線での劣化がなく、半永久的な耐久性がある無機物。

      これらの無機物を主成分とした塗料を無機塗料と呼びます。

      しかし、無機物のみでは塗料としては硬すぎるので、有機物を混ぜて塗料は作られていて、種類がたくさん!

      何%含まれているという定義はないので、質の良し悪しがあります。

      質が悪い塗料を高い値段ですすめてくる業者がいるかもしれません。

      塗料の中に無機物が含まれているものを全て無機塗料と呼んでいる場合もあります。

      選ぶときはよく注意してください

      この無機塗料の一番のメリットは耐久性ですが、それ以外にもたくさんメリットがあります。

      耐久性があるということは耐候性もバツグンです!

      フッ素を超えるほど、ともいわれているのですよ。

      防汚性も◎です。

      親水性が高いので、汚れを浮かすことができます。

      雨水で汚れは流れていきますので汚れにくい。

      静電気も起きにくいのでホコリなども付きにくいのです。

      燃えにくい不燃性という特徴もあります。

      ガラスなどでできている無機塗料ですから、燃えにくいのです。

      100%無機でできているわけではないので、絶対燃えないということではありません。

      他の有機塗料に比べると格段に燃えにくい特徴があります。

      良いこと尽くめの無機塗料にもデメリットはありますよ。

      残念ながら丈夫な塗料ですので硬いため、ひび割れが起きやすい!

      塗装をする箇所を選びますね。

      あまり外壁向きとはいえません。

      その場合は弾性が高い無機塗料もあるので、業者に相談してみてください。

      これだけ耐久性も高い塗料ですから、価格も高い

      有機塗料に比べるとかなり高額になります。

      コストを押さえたい場合は不向きかもしれません…。

      そしてこれが大切なのですが、一定の厚みで塗装をする必要があるので職人の腕が必要です!

      ベテランの腕の良い塗装職人に塗装をしてもらいましょう。

      DIYではできませんので、業者に依頼してくださいね。

      まだあまり知られていない塗料でもありますので相談してみてください。

      塗替え道場には一級塗装技能士もおります。

      腕の良い職人もたくさんおりますのでぜひ、ご依頼ください!

      お見積りをご請求お待ちしておりま~す。

       

       

      次回は「リシン塗装解説」の動画をご紹介です!

      リシンってご存じですか~?

      特殊な塗装で、ただ塗るだけではないのですよ。

      塗装職人の寺西くんが解説します。

      お楽しみに~☆

    2. 塗料って何が違うの?性能の違いで耐久性が変わります!~寺西流塗料耐久テスト~

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「塗料の耐久テスト」の動画をご紹介しま~す!

      塗料にはいろいろな種類がありますが、どう違うのでしょうか?

      寺西流耐久テストで塗料の耐久度をご紹介します。

      思いがけない結果にこうご期待です!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      【塗料の性能の裏側?】シリコン フッ素も実は性能は変わらない?価格を超えた性能はいかに!!

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!            

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      寺西流塗料耐久テスト!

      いつもの現場からではなく、今回は室内からお届けです!

      会社の一室から寺西くん一人で配信!

      社長がいなくて、ちょっと寂しいのですが塗料の違いを解説&耐久テストしていきます。

      塗料ってグレードがありますよね。

      価格も高いものから低いものがありますが、これは何が違うのでしょうか?

      一般的に上から、フッ素→シリコン→ウレタンとなります。

      フッ素が一番価格は高く、ウレタンはお値打ち。

      シリコンはその中間くらいで、一般的な物という位置づけです。

      これらは価格が低いから、物が悪いというわけではありません。

      それぞれ性能が違い、一概にこれが一番良い!ともいえないのです。

      寺西くんは10年以上塗装職人をしていますが、未だにどれいいのか分からないのですよ!

      お客さんに自信を持って、「これが一番!」と説明したいのですが、正直分からない…。

      そこで、今回行うのが「耐久テスト」です。

      どのように行うのかというと、塗料の割れ方を見てみることにしました。

      シーリングの上に塗装をするとクラック(ヒビ)が入ってきます。

      劣化するとシーリングは痩せていき、建物の動きで伸びたり縮んだりするのをご存じですか?

      また、暑さや寒さでも伸び縮みはします。

      そのシーリングの動きに塗料がついていけないので、ヒビが入ってきてしまうのですね。

      塗料には伸縮性はありません。

      そこで登場するのが、弾性硬化剤

      これは伸縮性がアップする硬化剤で、主剤と硬化剤を混ぜて使用する2液性の塗料に混ぜるものです。

      当然、弾性アップするので割れに強いはずですね!

      早速、検証です!

       

      検証のやり方

      検証のやり方はプラスチック段ボール、通称段プラに塗料を塗って、折り曲げる!

      シンプルで分かりやすいですね。

      乾いてから折り曲げて、割れるのか割れないのかを見ていきます。

      寺西くんの後ろのホワイトボードにもう用意されていますよ。

       

      2液性シリコン弾性       2液性シリコン普通

       

      2液性フッ素弾性        2液性フッ素普通

       

      この4つで見ていきます。

      寺西くんの予想では、一番破れにくく割れないのがシリコン弾性!

      次にフッ素弾性、シリコン普通、フッ素普通と予想しています。

      シリコンとフッ素はどっちが割れやすいかというと、フッ素の方が硬いのでシリコンの方が割れないのではないか、という予想だそうです。

      フッ素の方が高価でグレードは上なのですが、硬めなので割れるか割れないかでいうと、シリコンの方が勝っている!ということですね。

      なので、きっとシリコンは柔らかい!

      割れにくいはずです。

      塗料を塗った段プラをぐしゃぐしゃにしてしまおう!という検証ですよ。

      面白そうですね。

      しかし、最初から割れてしまうとつまらないので、検証は割れにくい予想から。

      シリコン弾性→フッ素弾性→シリコン普通→フッ素普通

      この順番でやっていきます。

       

      塗料の種類

      その前に、ちょっとおさらいです。

      そういえば塗料ってどのぐらい種類があるのでしょうか?

      数え切れないほどあるので、主流の塗料をざっくりご紹介。

      まずは今回、検証実験で使用しているシリコン、フッ素、そしてウレタン

      それ以外には無機やラジカルといったものがあります。

      シリコンはグレードとしては中間あたり。

      よく使用されるメジャーな塗料です。

      耐久年数は12~15年ほどで、遮熱や防汚機能などが追加されている物もあります。

      カラーバリエーションもかなり豊富ですよ。

      ウレタンはシリコンよりグレードは下です。

      今はシリコンが多く使用されるようになりましたので、使用頻度は少なくなってしまいました。

      けれど、塩ビ製、鉄部などに相性が良く、密着性が高い、弾性があるのでひび割れしにくいなどメリットがあります。

      DIYにもむいている塗料ですので、おすすめですよ。

      耐久年数8~10年ほどでシリコンよりやや落ちます。

      そして、耐久年数でならばフッ素がおすすめ!

      15~20年ほど持ちます。

      少々価格が高いのですが、その分耐久性、耐薬品性、耐候性と他の塗料に比べてメリットが多いので、外壁にはフッ素をおすすめです。

      屋根塗装にもむいていますよ。

      ここまでは聞いたことがある塗料かと思いますが、無機やラジカルはご存じでしょうか。

      無機は耐久性が高い塗料でフッ素よりも長持ち。

      耐久性は20~25年程といわれています。

      レンガやガラスのような炭素を含まない無機が塗料の原料で、紫外線に劣化しにくいので長持ちするのです。

      ラジカルは最近注目の新しい塗料です。

      耐久性は13~16年でシリコンと同じくらいですね。

      劣化を引き起こす物質を抑えることができる、新しい塗料。

      まだそんなにメジャーではないので、聞いたことないものかもしれませんね。

      他にもいろいろありますが塗料の紹介はここまでで、検証結果を見てみましょう!

       

      検証結果

      お待たせしました!検証結果発表です!

      まずは2液シリコン弾性からいってみましょう!

      それぞれ、プライマー(下塗り材)だけ塗ってあります。

      では寺西くん、やっちゃってください!

      段プラの縦の筋目方向に折ります。

       

      何ともない!全く破れません。

       

      次、横の筋目に逆らって折りますよ。

       

      何ともない!

       

      予想通りですね。ぐちゃぐちゃにしても破れません。

      思った通りです。

      では、2液フッ素弾性いきます。

      フッ素は硬めですが弾性硬化剤が入っているから破れないと予想。

      やってみましょう!

       

      破れない!何ともない!

       

      ぐちゃぐちゃにしても大丈夫!

      さすが弾性硬化剤です。

      そして2液シリコン普通

      これは弾性硬化剤ではなく、通常の硬化剤が混ざっています。

      現場で最もよく使われる塗料。

      いきま~す!

       

      あれ?破れない!

       

      シリコンすごい!全く破れていませんね。

      ちょっと折れ目をつぶしてみましょう。

      割れない…破れない…。

      ぐちゃぐちゃにもしてみましょう。

      破れない…。

      すごいけど、画的にどうなのでしょうか?

      正直、寺西くん的には破れて欲しかった

      画的にはつまらない…ですかね?

      はい!気を取り直して2液フッ素普通いきます!

      これは破れますよ~。硬いですもの。

      もちろん、寺西くん予想も破れます。割れます。

      弾性硬化剤を入れたから持っていたようなものです。

      普通の硬化剤では割れてしまいますよ。

      やってみましょう!

       

      あれ…?

       

      反対側にも折って…。破れない…。

       

      ぐちゃぐちゃにしても破れる気配なしです。

      まいったな…

      思わず本音が漏れる寺西くん。

      これも検証結果です。

      再度ぐちゃぐちゃにしても破れない!

      破れなければ、持ちの良い塗料と思いますが寺西くんは動画的に展開がなくて困ってしまいました(笑)

      最終手段で巻き始めます!

      必死過ぎですが、画的にどうしても破れて欲しい!

      けれど破れないのです。

       

      検証結果は全部一緒!破れません!

       

      今回は残念ながら結果が「破れない」となりましたが、別な検証動画でリベンジします!

      伸ばすような検証をするということなので、その検証も楽しみですね。

      お疲れ様でした!

       

      次回は「足場」についての動画をご紹介!

      足場についてじっくり解説します。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

       

       

    3. 最後まで手は抜きません!寺西先生の塗装講座~タッチアップ偏~!!

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「タッチアップ」の動画をご紹介です!

      塗装を終えた後、お客様に引き渡す前の最終チェックがあるのをご存じですか~?

      管理が隅から隅まで検査をするので、その前に仕上げをしますよ。

      塗装班職長・寺西先生がタッチアップについて解説しています。

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      職人の最後のひと手間!細かな部分で差が出る職人のこだわり紹介

       

      塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!            

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      仕上げに差が出るタッチアップ

      今回の現場は会社ビルの塗装です。

      もう終わりが近い現場で、この時は台風シーズンだったため風の影響を受けないように養生をしていました。

      塗装が終わったらお客様に引き渡しますが、その前にあることをします。

      それは検査

      塗り終わったので「はいどうぞ!」と渡すわけではないのです。

      塗替え道場では施工が終わったら本社から管理担当者が来て、検査をします。

      検査をクリアするとようやくお客様にお渡しできる、というわけです。

      そこで、この検査が始まる前に職人がチェックをしてタッチアップをします。

      タッチアップとは傷、塗り残し、手直し・補修などをすること。

      これで最後の仕上げをします。

      寺西くんがタッチアップとチェックのコツを解説しますよ!

       

      ※途中、セミナーの告知が出ますが昨年の日程で既に終了しておりますのでご了承ください。

       

      直線はキレイに!紙テープの剥がし方

      さて、タッチアップする箇所は上塗りまで終わっている外壁。

      とてもキレイですよね。

      けれど管理は、姑のチェックみたいに見ます!

      隅から隅まで全部見ますので、少しでも塗り残しがあったら大変。

      例えばラインがガタついているところなどはキレイにしないといけません。

      そして、こういう所をこだわると仕上がりにが出ますよ。

      やっぱりビシッとラインが出ている方が格好良いですよね。

      直線はキレイな方が見て気持ちいいです。

      紙テープを貼って、ラインをしっかり出していきます。

      塗料を塗って、紙テープを剥がしますが水性塗料の場合は取り方にもコツがあるのです。

      真っすぐ90度で立てて取ると、乾燥した塗料まで剥がれてきちゃいます!

      なので、寝かして引っ張るようにして取ると、キレイに剥がせますよ。

      水性塗料のような厚みのつく塗料はこのようにして剥がすと上手くいきます。

      ラインがキレイにでましたね。

      もし自分でタッチアップする時があったら、このようにやってみてください。

      仕上がりが変わりますよ!

       

      職人だから分かる「しぶき」

      次、上にあがります。

      ここでもタッチアップ箇所を発見!

      それは「しぶき」です。

      これ、動画でよ~く見て欲しいのですが本当に分からないくらいの点々が付いています。

      違う色の塗料がしぶいて飛んできているものが「しぶき」です。

      ちょんちょん、と3カ所くらい付いているのが分かりますか~?

      これ、職人なら分かるそうです。

      見逃せないチェックポイントなのですよ。

      管理が見に来た時、「ここ!」という場所に紙テープを貼って残していきます。

      その量が多いとモチベーションがダダ下がり。

      確かに直しが多いとガックリしますよね。

      塗装班の中でも検査後に今日の成果を話すそうです。

      どのぐらい紙テープが貼られていたかを言い合って、まるでテストが返ってきた時みたいですね。

      なので、抜かりなくタッチアップしていきます。

      塗替え道場のイムラ部長は昔、管理をやっていたことがありました。

      かなり厳しい管理者で、テープが5個以上になると「検査できる状態じゃねぇ!」と帰ってしまっていたそうです。

      いや~厳しいです!

      怖い、いえ職人思いの方ですね!!

       

      チェックのポイント

      お次は窓サッシを見てみましょう。

      良く見ると塗料が潜ってしまっています。

      これは養生や髪テープをしたところに塗料が入り込んでしまったため、はみ出ているのですね。

      あちこちに付いてしまった塗料は掃除をしないといけません。

      今、寺西くんはタッチアップ係なので、掃除係にやってもらいます。

      タッチアップと掃除と役割が分かれて効率よくチェックして回っているのです。

      なので、ここは掃除の人が見落とさないように紙テープを貼ってを付けておいてあげましょう!

      色んな人がたくさんの目で見ることが大事なのですね。

      ダブルチェックの要領で見ていきます。

      そして、見る人も癖があり、その癖が出てしまう!

      寺西くんは見て回る時、必ず右回りに行くそうですよ。

      前の職長に寺西くんが教えてもらったことだそうですが、

       

      右回りの人はたまに左回りに回ると良い。

       

      そうすると、タッチアップ箇所が出てくる…!

      逆の方角で見ると、見えていなかったものが見えるのです!

      いつもと違った角度から見ることで、気付かなかったものが見えるようになるのですね~。

      おもしろいですね。確かに癖が出るというのは、分かるような気がします。

      何ごとも、違った角度から見るのがいいのですね。

      では、窓サッシのラインを出していきましょう。

      髪テープを貼って、塗料を塗っていきます。

      このような濃い色味のサッシは透けやすいです。

      透けるというのは塗料の下から色が透けて見えることを言います。

      確かに見えていますね。

      なので、いっぱい塗ったらちょっと時間を置いて、もう一度塗ります。

      待っている間に、付近のタッチアップ箇所を見ておきましょう!

      効率よくチェックしていきます。

      お待たせしました!テープを剥がしますよ!

      ラインがビシッと出ていて、キレイですね。

      また移動します。今度は屋上

      今回のビルは面によって色を変えています。

      横と正面は色が違うオシャレな外壁です。

      日陰だから色が濃く見えるわけじゃないのですよ~。

      元から濃い目の色なのです。

      そして、この色替えした付近はタッチアップが出やすい!

      違う色が飛んでいることも多いのですよ。

      パッと見は全然分かりませんが、管理のチェックは何といっても姑レベル(笑)

      かなり接近して見ますので誤魔化しは効きません!

      よ~くチェックしておかないと紙テープいっぱい貼られちゃいますね。

      笠木の下、ラインを直します。

      髪テープを貼って、塗料を塗りなおしますよ。

      ちょっと、飽きてきました?

      職人の仕事は同じことの繰り返しで大変ですよね~。

      効率の良いテクニックがあれば教えて欲しいそうです。

      人それぞれやり方が違うそうなので、人のやり方にも興味がありますよね。

      ツィッターやYouTubeのコメントなどでぜひ教えて欲しいです!

      さて、ここから寺西くんの働く姿をたっぷりご覧いただきます!

      働く男は格好いいですね~!お楽しみくださ~い。

      編集、素晴らしいですね。恥ずかしそうな寺西くんも見られますよ。

      ここでは水性塗料を使用していますが塗ってる時になんだが色が違うな~って思いませんでしたか?

      塗るとより分かるのですが、色が薄いですよね。

      違う塗料を塗っているのでしょうか。

      実は水性塗料は色の「のぼり」が激しいものなのです。

      のぼりというのは、塗った時と乾いた時の色の違いが出る(濃くなる)ことをいいます。

      上塗りしてある所に塗ると、全然色が違いますよね。

      乾くと同じ色になります。

      これだけ色の違いがあるので、塗り残しも少なく済むというのが良いところですね。

      先ほど塗った笠木の下の紙テープを剥がしていきましょう。

      こちらもビシッとラインが出ています。キレイ

      今日中にタッチアップを済ませて、管理を待つのみです!

      紙テープの数少ないと良いですね!

      お疲れ様でした!

       

      次回は「塗料」についての動画紹介です!

      いろいろな塗料がありますが、何が違うのでしょうか?

      寺西くんの解説です。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

    4. ローラーで塗れない所はハケで!職人のハケの使い方を解説します

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「ハケの使い方」の解説動画!

      塗装班職長・寺西くんが解説します!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      刷毛裁きをお見せします。刷毛を使えるようになったら一人前位といいますが寺西先生が解説します。

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!                     

       

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      ハケとローラーの違い

      今回はハケの使い方を解説です。

      出演は社長と寺西くん、そして新しいカメラマンに変わりました~。

      塗替え道場にようこそ~

      なんと芸能人の撮影を行っていたプロのカメラマンです。

      ちょこちょこ天の声としてツッコミしてくれているのでご期待ください!

      さて、現場は下塗りが終わったので、これから中塗りをするところです。

      窓にしっかり養生されていますね。

      塗る時はローラーを使用するのですが、壁の際や窓枠などをローラーで塗ると上手く入らない。

      塗残しも出ますし、必要以上に塗料が着いてしまうなんてこともあります。

      しかし、塗れないからといって、勢いよくやるとテープを潜って養生の中に塗料が入ってしまう!

      そうならないために、ローラーを使用する前にハケを使って隅や線を引いて塗っていきます。

      ピコ!

      これをハケ取りといい、ローラーで入らないところを全部塗っていくのです。

      ピコ!

       

      社長のパワハラが!ピコピコハンマーがうるさい…。

       

      寺西くんは慣れているのでスルーです!

      めげずに頑張ってくださいね!

       

      今回の現場で軒天も塗っています。

      軒天は外壁から伸びている屋根側の天井のことで、ここも外壁と同じように塗装していますよ。

      別な塗料が塗ってあり、外壁をこれから塗るところです。

      通常、軒天を塗る時に真っすぐ塗るためにテープを軒天側に貼ります。

      1本、ピッーと貼って真っすぐ塗れるようにするのですが、今回の軒天は密着があまり良くなかったので、テープを貼っていません。

      テープが強すぎて、剥がれてしまったりすることがあるので、テープ無しで線を引いて塗るそうです。

      真っすぐ引くのって難しそうですね…。

      ここもハケで真っすぐ線を引いてからローラーで塗っていきます。

       

      水性と油性ではハケも違う?!

      いつも紹介している塗料は油性なのですが、アパートやマンションなどの集合住宅は匂いが気になったりするので、水性を使用したりします。

      今回使用している塗料も水性で、水性と油性塗料はハケも違う!

      水性は素材がナイロン製です。

      油性は天然の動物の毛が多いのですが、水性用は化学繊維

      動物の毛は馬や豚、タヌキ、ヤギなどがあります。

      また、使用している毛が何処の部位なのかで値段や使用感が変わる。

      ヤギは顎の毛、腕の毛、しっぽなどがあるそうです。

      値段ももちろん、違いますよ。

      使用感も違えば、ハケの素材で塗る物も違ってきます。

      ザラザラ、ボコボコしているリシンという壁の模様があるのですが、そういった壁を塗る時は硬い毛のハケを使用。

      ブタの毛が硬いので、よく使うそうです。

      ハケの種類については前回ご紹介済みの水性塗料動画でも解説していますよ!

      動画はこちら!

      ↓↓↓

      水性塗料でも高耐久!ラジカル制御型塗料?外壁塗装は基本的に塗り替え道場では油性を使用しますが、アパートやマンションの塗装で匂いが出ない水性を使用するときがあります。

       

      こちらの動画もぜひ見てみてくださいね。

      さて、水性塗料のハケですが、ナイロンの特製として、塗料を含ませると、いっぱい着きます。とても厚みが出やすい!

      水性塗料は液体自体に厚みがあるのが特徴です。

      含ませてすぐに線を引こうとすると、塗料がいっぱい出てきてしまいます。

      別な所で寺西くんがハケを押し付けて見せてくれました。

      グッと押し着けると、塗料がいっぱい出てくるのが分かります。

      カメラマンも思わず、おぉ~~!と声が出るほど!

      天の声、良い声していますね!

      職人によりやり方が違うとは思いますが、線を引くところの下で、一回伸ばして線を引く準備をします。

      これがキレイに線を引くコツです。

      着いている塗料を減らすことで毛先も細くなるわけです。

      これできわどい線も引きやすくなりますよ。

      また、塗る際はハケを押しつぶして引きましょう。

      置いたら上に引き上げるようにします。

      毛先を送る、というそうですよ!

       

      社長「角がでるみたいだからカタツムリみたいだね!」

      天の声「ハっ!

       

      思わず天の声、鼻で笑ってしまいました(笑)

      社長の例え、どうでしょう…。

       

      押すことで毛先が出てくるので引きやすくなります。

      寺西くんが線を引きますので、見てみましょう。

       

      キレイですね!さすがです!

      カタツムリみたい(笑)に毛先出して引いていますね!

      これは素人がやるのと職人がやるのでは全然、違うそうです。

      ローラーは割と誰でもそれなりにできるそうなのですが、ハケはやはり職人技。

      やってみようではできなさそうですね。

      やっぱり職人はすごいですね~。

      最初の位置を決めて固定してしまえば、速く動かしても大丈夫。

      右に左に一直線。

      とってもキレイに引けています。

       

      窓枠やインターホンなどもハケ取り

      壁だけではなく、窓枠などもハケ取りしていきます。

      寺西くんがサッとサッと塗っていきますが、意外と大胆にいきますね。

      これには社長もびっくり!

      ちょっと入っているのでは?と思っちゃいますが、これぐらいは大丈夫だそうです。

      塗る時、ちょっと養生を押さえてやる方がいいそうですよ。

      このような個所をローラー使用して塗ると結構、潜って塗料が入ってしまいます。

      ここで、寺西くんから提案。

       

      ローラーとハケ、どっちが潜ってしまうか検証しましょうか?

       

      それ、面白そうですね!ぜひやって欲しいです!

      ハケ取りはちょっと面倒で手間がかかりますが、やるとやらないでは全然違いますよ。

      けれど、全ての塗装をハケで行うのは時間がかかり過ぎて無理ですよね~。

      塗料の吸い込みがハケとローラーでは全然違います。

      ハケは毛の部分だけしか吸い込めないですからね。

      対してローラーは全部に塗料を吸い込めるので、その分多く塗れるのです。

      お客様にもローラーで塗るだけだから早く終わるでしょう?と、言われる時があるそうなのですが、ハケ取りしていますので、そんなに簡単には終わりませんよね。

      細かいところもしっかり、やっていますので時間もそれなりにかかるのは、ある程度は仕方のないこと。

      養生もしっかりやらないと、キレイには塗れませんのでこれも省けませんね。

      逆にすぐ終わる作業は、ちゃんと塗っていない証拠かもしれませんよ。

      ハケで全部は大変すぎてとても塗れませんので、広い面はローラーで、細かい所をハケと使い分けて塗っていきます。

      養生さえしっかりしておけばハケで細かい所を、どんどん塗っていけますね。

      窓以外ではインターホンも同じようにハケ取りして塗りましょう。

      たっぷりと塗料をハケに着けたら、インターホンの上に置きますが、塗料の玉というものが着きます。

      この塗料の玉というのは、塗料を置いた時に溜まってしまうものです。

      そのままにしておくと段差が着いてしまうので、しっかり伸ばしておきましょう。

      先にハケ取りをするので、次にローラーをする時までに乾いてしまうのです。

      乾くと段差が目立つので、伸ばすのをお忘れなく!

       

      次回は「」について解説します。

      雨樋ってじっくり見たことありますか?

      台風や大雨後に樋の点検も忘れずに。

      溜まった雨水が溢れてしまうと大変ですよ!

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

       

       

       

    5. 鉄部塗装はケレン作業と錆止めが命!下塗りの色も重要です~塗装なら名古屋の塗替え道場で!~

      やっと台風シーズンを抜けて、寒くなってきましたね。

      あっという間に冬がやってきそうです。

      大雨に見舞われたご自宅も少しずつ修繕ができている頃でしょうか。

      これからのシーズンはそんなに雨で悩まされることはないと思いますが雨の後、よくご自宅を見てみてくださいね。

      気が付かないところ、被害が出ていませんか?

      例えばバルコニーやベランダの手すり、外階段、トタンなど。

      錆が増えている、なんてことないでしょうか。

      今回は鉄部塗装に欠かせない錆止めについてお伝えします。

      しっかり塗装することで予防が可能ですよ。

      気になったら塗り替えを検討してみましょう。

       

      鉄部塗装に必要な準備

      ベランダ・バルコニーの手すり、久しぶりに見たらなんだか汚い…。

      錆がいっぱいになっていた!

       

      鉄でできている部分を鉄部といいますが、手すりや外階段など錆びていませんか?

      雨が多い日が続くとよりひどくなりますよね。

      これはだからしょうがないのかな、と思う前にその錆、予防ができますよ!

      そもそもとは何でしょうか?

      プラスチックや陶器には発生しませんよね。

      なぜ鉄だけ錆びてしまうのでしょうか?

      それは鉄の原料にあります。

      鉄鉱石というものが鉄の原料なのですが、最初の状態は酸素と結びついているので錆だらけ。

      加工をして酸素を取り除くとになります。

      酸素と結びつく、つまり酸化することで錆ができて鉄は最初の元の状態に戻ってしまうのですね。

      よく濡れると錆びる、といいますが全く濡れない状態でも実は錆びます!

      水分は空気中にもありますよね?

      それは水蒸気

      なので、雨に濡れない場所でも錆は発生するというわけなのです。

       

      じゃあ、何もしなくても錆びるならどうすればいいの?

       

      錆びないようにするためにはどうするか?

      それは錆止めが有効です。

      鉄部塗装には錆止めが必須になります。

      もしDIYで塗ってみよう!と考えているのであれば錆止めは必ず用意してくださいね。

      ホームセンターでも購入可能ですよ。

      きちんと錆止めをして上塗りをして、と工程が増えますがそれで鉄部が守られます。

      キレイに仕上げるためにも3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)はしましょう。

       

      するのとしないのでは大違い!ケレン作業とは

      手すりが錆びている!すぐ錆止めを塗ろう!

       

      待って!塗っちゃダメ~~~!

      錆びているからといって、その上から錆止めを塗るのは大間違いですよ。

      発生した錆の内側には空気の層ができてしまっています。

      なので、上から塗料を塗ってもその下でどんどん錆が増えていってしまうのです。

       

      じゃあ、手の施しようがないの?

       

      いいえ、錆びを落とせばいいのです!

      落とすというと、汚れを落とすように拭き取ったりするイメージですよね。

      錆落としは基本、こすります

      こすってこすって、ひたすらこする!

      ケレン作業と呼ばれる掃除があるのですが、聞いたことがありますか?

      そのケレン作業を、錆止めを塗る前に必ずしましょう!

      何度かケレン作業もお伝えしてきていますよね。

      塗装前に清掃して下地処理をすることをケレンと呼びますが、なぜそう呼ばれるかというと「英語のclean(クリーン)がケレンに聞こえたから」だそうです。

      嘘みたいな由来ですね~。

      では具体的にケレンは何をするのでしょうか。

      必要なケレン作業に使用する道具はマジックロンと皮漉き

      この2つは必須ですよ。

      マジックロンというのは簡単にいうと固いスポンジです。

      とても硬い不織布でできたスポンジと状のもの。

      錆取り用の汚れ落としで、好きな大きさに切ってゴシゴシできますよ。

      皮漉きは缶切りもできるヘラのようなものです。

      これも錆や汚れを削り取ることができますので用意しておくといいですね。

      なぜケレン作業が塗装前に必要かというと、もちろん鉄部塗装の時は錆取りが目的ではあるのですが、それ以外にも塗料を染み込みやすくするという目的があります。

      染み込みやすくするというのは塗料の密着度を高める、ということです。

      わざと傷をつけてザラザラにすることで塗料が入りやすくなる!

      密着度が増すことで塗料の持ちも良くなります。

      汚れを取り、錆を取り、傷をつけることで鉄部に塗料を密着させるのがケレン作業というわけです。

      なので、いきなり錆止めを塗ったり、錆止め無しで塗料を塗っても上手く塗れないので必ずケレン作業は行いましょう。

       

      下塗りの錆止めの色は何色がいい?

      ケレン作業を終えたら錆止めを塗ります。

      ここで問題です。

      錆止めは何色だと思いますか?

       

      やはり錆を隠すなら茶色っぽい?

       

      茶色の錆止めももちろんあります。

      白も黒も赤も、実はいろいろなカラーがあるのです。

      なので、好きな色で塗ってもOK!

      ですが、上塗りの色は何色なのかによって、下塗りのカラーが決まります。

      上塗りの色が白っぽい場合、例えば白、クリーム色、薄いピンクなど。

      下塗りが茶色や黒だと、いくら上から塗料を重ねても透けて見えてしまうのです。

       

      いっぱい塗れば大丈夫では?

       

      基本、3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)で行いますので、更にもう一回上塗りをすれば良いと思いますよね。

      その時は確かに隠れて、見えなくなるのですが時間が経つと段々下の色が出てきてしまうのです。

      せっかく塗ったキレイな白が、黒っぽくなってきたり色が沈んで見えたりしたら嫌ですよね!

      そうならないためにも、白っぽい色の時の錆止めはが良いのです。

      また、黒っぽい上塗りの色ならば、錆止めも黒か茶色など濃い色が合います。

      きちんと、上塗りの色に合ったものを選ぶ業者は信用できる業者でもありますので、もし塗装を頼むのであれば見てみるといいですよ。

      自分でDIYで塗る時も下塗りの色はよく考えて選んでください。

       

      ケレン作業をしない業者がいる?!

      鉄部塗装の準備、分かりましたか?

      外壁を塗る時と違いますよね。

      ただ塗ればいいわけでは無いので、ご自分で行う時もケレン作業と錆止めをしましょう。

      業者に頼む時、見積りで見て欲しいのがケレン作業です。

      もし、見積りに入っていなかったら聞いてみてください。

      やらなければならない工程です。

      省くような業者は信用できないと思います。

      また、「サービスします」なんて甘いことを言う業者も要注意

      ケレン作業はとても大変で、それこそ一日かかる時もあります。

      しっかり行わないと錆も取れませんし、塗装の準備としては不十分。

      そのまま塗ってしまっては持ちも悪く、後から塗り直しなんてことにもなりかねません!

      見積りきちんとケレン作業と入っている場合は、ひとまず安心です。

      人が行う作業ですので、人工という単価がかかってきます。

      これを省いていたり、サービスということは塗料のランクが低かったり3回塗りをしないとなど何かしら削っているかもしれませんよ!

      他の業者からの見積りも取り寄せてよく比べて見てください。

      入っているべきものが抜けていて、後から請求されるパターンもあるので、よく検討しましょう。

      騙されないコツでもありますので、それぞれの見積りで工程を比べることをしてくださいね。

       

      塗替え道場でも鉄部塗装は承っています。

      ケレン作業はもちろん、塗装も3回塗りできちんと行いますよ。

      ぜひお見積りをご請求ください!

      お待ちしておりま~す。

       

       

      次回は「ハケについて」の動画紹介です。

      塗装職人が使用する道具紹介シリーズでお送ります!

      以前、ローラーの紹介をしていますが職人が使うハケも気になりませんか?

      プロの道具とテクニックをご紹介です。

      お楽しみに~☆

       

    6. チョーキングを抑える?!聞いたことがないラジカル制御型塗料を解説します

      「塗替え道場」が配信している「塗替えTV」の動画から「ラジカル制御型」という水性塗料の解説動画です!

      聞きなれないものですが、一体どのような塗料なのでしょうか?

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

       

      水性塗料でも高耐久!ラジカル制御型塗料?外壁塗装は基本的に塗り替え道場では油性を使用しますが、アパートやマンションの塗装で匂いが出ない水性を使用するときがあります。

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

       

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      水性と油性の違い

      さて、現場はアパートで出演は塗装班職長・寺西くんです。

      寺西先生の塗装講座、はじまりはじまり~。

      今までいろいろな塗料をご紹介していますが、覚えていますでしょうか?

      油性の2液性のものが大半で、クリーンマイルドシリコンやクリーンマイルドフッ素といったものがよく登場していました。

      今回はアパートということもあり、水性塗料で塗装を行っています。

      水性塗料って、塗替え道場で出てくるのって珍しくないですか?

      あまり、話の中でも登場していないですよね。

      なぜアパートだから水性塗料を使用しているかというと、住人の方が匂いを気にされるのでその辺りを考慮してのことだそうです。

       

      普段、「油性油性」っていっているのに急に水性塗料?

      油性と比べて性能が落ちるんじゃないの?

       

      マジックでも水性より油性の方がなんだか強いイメージがあるかと思います。

      本当に水性は油性より性能が落ちるのでしょうか?

      確かに昔の水性塗料は劣化が激しく持ちが良くありませんでした。

      一番よくある劣化症状は、ツヤが急に落ちることです。

      そして油性に比べて持ちが悪くて、チョーキングが出やすい。

      チョーキングというのは白い粉が発生してくる劣化症状です。

      この白い粉が発生すると塗膜劣化のサインですので、メンテナンスのタイミングですよ。

      今、この壁は塗ったばかりでまだ1回目なのですが、ピカピカでツヤツヤじゃないですか~?

      いつも使用している油性に見劣りしないくらいキレイですね。

      どのような塗料を使用しているのでしょうか?

       

      チョーキングを起こすラジカルとは?

      今回使用している水性塗料は「エスケープレミアムシリコン」です。

      ハイブリッドシリコン樹脂塗料というもので、ラジカル制御型塗料になっています。

      ラジカルというものを制御する機能、性能がついた塗料なのです!

       

      はて?ラジカルとは?

       

      実はこのラジカルというものがチョーキングを起こす原因。

      つまり悪いものなのですが、これを抑えてくれる性能がこの塗料には付いているのです!

      塗料の中に白の顔料として酸化チタンが使われています。

      紫外線を浴びるとラジカルという物質を出し、塗膜の劣化を促進させるのです。

      これによってチョーキングが起こるという仕組み。

      ラジカルにより塗料の寿命も短くなりますので、ラジカル制御型を使用することで油性と同じくらいツヤも出て長持ちします。

      素晴らしい塗料ですね!

      しかし特別な性能があるということは、扱いは変わるのでしょうか?

      基本、油性も水性も塗り方自体はさほど変わりはありません。

      ただ、水性には油性に無い特徴があり、そのあたりが難しいようです。

      ます、水性の特徴は塗っている時ではなく塗った後に色味が出ます。

      塗っている最中は色味が薄く出るのです。

      確かに、寺西くんが塗った箇所、薄いですよね

      色の上りが後から来るので、塗っている時は明るく見えます。

      そして後からだんだんと濃くなってくるのです。

      これはおもしろいですね!

      油性にはない現象です。

      乾くと色が濃くなりますので、2回目の上塗りの時に差が出ます。

      塗っている時に色の違いが、目で見られるという訳。

      乾くとちゃんと同じ色になりますよ。

      本当に色が違うのでびっくりですね。

      これなら塗り残しなく完ぺきに塗れますね!

       

      乾きが早い!水性塗料の特徴

      ラジカルについては分かりましたね!

      水性塗料には他にも乾きが早いという特徴があります。

      特に夏場は乾燥時間がかなり短くなり、とっても早い!

      指で触れるくらいの指触乾燥(表面の乾燥)は炎天下で直射日光が当たっていればなんと20分ほどで乾くそうです。

      これはすごい!

      けれど、塗っている時からどんどん乾いていくので、ムラが出やすいというデメリットが。

      今回のこの現場は、そういったことも踏まえて複数人で作業しているそうです。

      上下作業にする、なるべくつないで塗る、といった工夫をして行うそうですよ。

      また、塗料によって乾くスピードも違います。

      それぞれ塗料の説明書きにちゃんと乾燥時間が載っていますので、塗る時はよく読みましょう!

      早く乾く水性塗料ですが、湿度が高い時は乾きづらくなります。

      水で希釈する塗料なので、空気中に水分が多いと薄くなったりすることも。

      塗る際も早くつなげないと毛羽立ちという状態になり、ツヤが引いてしまうのです。

      それが水性塗料の難しいところですね。

      なので、半乾きの時はあまり触らないようにした方が良いですよ。

      でも、滑りが良いのでスッーと塗れます。

      もし、DIYで塗装をするならば水性の方が扱いやすいですよ。

      油性は準備ももちろんですが、終わった後の処分も大変!

      匂いもきつく、汚れもシンナーでないと落ちません。

      火事の元にもなりやすいのでかなり気を使いますね。

      その点、水性塗料は簡単に落ちます。

      肌に付いてもお風呂で擦れば落とせますので、DIYには水性塗料がおすすめです!

       

      プロはハケも使い分ける

      水性塗料と油性塗料の違いは結構ありましたね。

      使用している道具は何か違いがあるのでしょうか。

      ここからは寺西くんがハケに付いて熱く語ってくれます。

      まず、水性塗料のハケはナイロン製です。

      いわゆる化学繊維で作られた人口毛でフワフワとしています。

      対して油性塗料用は獣毛で、ヤギの毛が多いそうです。

      他にもタヌキ、馬、ブタ毛などがありますよ。

      またどこの毛なのかにもよって、値段が変わります。

      ヤギですと、腕の毛、顎の毛、しっぽなど。

      そういえばヘアブラシや歯ブラシなんかも毛の種類があるのをご存じですか~?

      使用感の違いや、値段も差がありますよね。

      塗る対象物でハケの毛の種類が変わるそうです。

      例えばブタの毛ならば、硬いのでリシン仕上げなどにGood!

      リシン仕上げというのは外壁の種類で骨材が入っている表面がザラザラ・ボコボコしている壁です。

      そういったザラザラには柔らかい毛では負けてしまうので、硬いブタ毛がいいそうですよ。

      塗る物の種類によってハケも使い分けているなんて、さすがプロですね!

      メーカーによっても違いはあるそうで、適した使用法などはちゃんとハケの説明書きに記載されています。

      購入する際はよく読んで参考にしてくださいね。

      また、毛の長さも種類があるそうですよ。

      好みもあり、短い方が使いやすい人もいれば、長い方が上手く塗れる、という人も。

      寺西くん愛用のハケはGPフレッシュというものです。

      2,000円ぐらいでちょっとお高め…?

      けれど使い捨てではないので、洗って手入れをして大事に使用しています。

      1本で半年ぐらいは使用したいので丁寧に扱うようにしているそうです。

      雑に扱うと固まってしまい使えなくなってしまうので、手入れは大切ですね!

      このGPフレッシュは毛先が細いので線が細くキレイに塗れるそうですよ。

      お高めではありますが、やはり道具にはこだわるのがプロですね。

      寺西先生、解説をありがとうございました~。

       

      次回は「錆止め」についての解説です。

      台風が落ち着きましたが、大雨もまだありますね。

      鉄部塗装についてお話しま~す。

      お楽しみに~☆

       

      また見てね~。

       

    7. 外壁をムラなく塗る!塗装の2回・3回塗りの色の違いや直し方も分かります!

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「ムラなく塗る」についての動画をご紹介です。

      キレイに塗るのって本当に難しいですよね。

      その職人技をお見せします!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      外壁塗装のボスが語る!壁をムラなく塗る「技」

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

       

       

      塗料は何を選ぶ?

      出演は塗り替え道場・小林社長と毎度おなじみ塗装班職長・寺西くんの2人です。

      のっけから社長が謝罪する事態となっていますが、誠に申し訳ありません

      社長はいつものあれ、忘れてしまいました。

      もちろん、動画を見ればすぐ分かりますが、何だと思いますか…?

      ピコハン!ではないのです~。

      なんと衣装です!

      なので、寺西くんの隣には親方みたいな方がいますが、社長ですよ!

      若干、面白みにかけますがいつも通りスタートです。

      寺西くん、よろしく~。

      では、真面目な話をしていきましょう!

      今回はムラなく塗る方法としまして、塗料のお話から。

      外壁を今、塗装中ですがALCの壁になります。

      ALCというのは、以前他の動画でも説明していますが軽量気泡コンクリートのことです。

      「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の頭文字を取ってALC

      高温高圧で蒸気養生されていて内部は気泡で空いています。

      なので、とても軽いのが特徴。

      通常のコンクリートに比べると1/4程の重さなので、外壁として使う場合は金属網で補強されたパネル状になったものを使用します。

      気泡が空いているので、夏は涼しく冬も一定の温度が保てるので温かい、というのがメリットです。

      このALCの外壁を下塗り材で塗っています。

      ちなみに寺西くんが真面目に解説している横で、社長の顔芸が拝めますよ!

      存分に笑ってくださいねー。

      このまま続きますが、寺西くんは何を話すのか忘れてしまいます…。

      気を取り直していきましょう!

      下塗り材ですが、「SDサーフエポ」というエポキシ系のものと「ソフトサーフSG」というのを使用しています。

      SDサーフエポはサイディングボードに適したもので、フィラーとシーラーの間ぐらいの物。

       

      ・フィラーは粘土質でヨーグルト状、クラック(ひび割れ)を消す効果があり、層を厚くする時などに使用。

      ・シーラーは密着性があり、接着剤のような役割や吸い込みムラを無くす時に使用。

       

      その両方をとったものがSDサーフエポで、サイディングボードに使用します。

      SDとはサイディングボードのことなのですね~。

      そしてソフトサーフSGはALC・モルタルに適していて、クラックに対する追従が強い!

      なので、今回はソフトサーフSG使用します。

      …って、社長が寺西くんのセリフ取って全部説明しちゃいました!

      もう一度、寺西くんからの解説、必要ですか…?

      いいですよね!社長の解説バッチリです!

      寺西動画に「寺西全然ダメじゃん」みたいなネガティブコメント入ると、泣きながら削除しているそうなので、元気になるようなコメントくださーい!

      ガラスのハートなもので、ご飯食べられなくなっちゃうみたいです(笑)

      職人目線の内容が濃い動画をこれからも、どんどん増えていきますので応援よろしくお願いいたします。

       

      外壁をムラなく塗装しよう!

      では、塗装に戻りましょう!

      中塗りをしていきますが、使用材料は「クリーンマイルドシリコン」です。

      2液性(主剤・硬化剤が別でシンナーなどで希釈して混ぜて使うタイプ)の塗料。

      色は薄いクリーム系で明るい色です。

      外壁の元の色は実は茶色。かなり濃い色でした。

      なので、元の色が透けてしまうので下塗り材もを使用しています。

      今回の中塗り材ですが、実はシンナー少なめにして濃く作って、ドロッとさせているそうです。

      このドロッとしたもの、硬くて腕も疲れる、平米伸びない、ハケも進まないと良いことありません!

      なぜこんな使いにくい状態にしたのか、というとドロドロしているということは色の止まりが良い、厚みがつく、というメリットがあるのです。

      この様に、規定の範囲で色を見ながら調整を行っています。

      濃い色の上に薄い色を重ねるために、きちんと色が乗るように工夫をしているのですね!

      どのように塗っていくのかというと、まずは左側に材料を置きます。

      縦にサッサッと簡単そうに塗っていますね~。

      これが上手に塗られているのかどうか、社長にはよく分からないそうです~。

      なので、カメラ寄ってみましょう!

      最初に材料を置いた場所と最後に置いた箇所、良く見るとが違います。

      材料が薄いと、均等に伸びるのですが、濃ければ濃いほど均等にするのが難しいのです。

      ここで、次は横に動かしていきます。

      これが、「十字に切る」という塗り方です!

      中塗りをムラなく塗らないと上塗りをした時に目立ってしまいます。

      均等に伸ばすためにもこの中塗りをムラなく塗ることが大切なのですね。

      しっかり十字切っていきましょう!

       

      ローラーでの塗り方・直し方

      実はガ↑イヘキ…。

       

      ガ↑イヘキ???

       

      イントネーション可笑しすぎます(笑)

      社長にピコハン貰いましょう!

       

      戻ります。

      実は外壁の側面というのは山形になっているそうです。

      ∧∧∧∧∧∧←分かりやすく図解するとこんな感じ!

      なので、この山形の隙間に塗料を入れないといけません。

      片方だけにローラーを動かすとその面しか塗られなく、隙間に入らないので左右上下に動かして十字を切るという訳です。

      左右、上下で2回塗るから2回塗りなのですね!

       

      寺西くん「そうです…。」

       

      ブー!違いますよ!

      寺西くん、肯定しちゃダメ!

       

      中塗り・上塗りで2回です!

      下塗りと合わせると3回塗りですよ!

      乾いてからもう一回塗ります。お間違えの無いように

       

      塗料が濃いととにかく伸びない!

      この山形の隙間に入らないので、色が乗らないのですね。

      左右上下ともに往復して塗らないと、定着しないのでしっかり、塗りましょう。

      ここで手を抜くとムラになってしまいます。

      薄いところ、濃いところがないように塗るのがムラを無くすことになりますので、中塗りはきちんとやらないといけなのですね。

      乾く前によく材料を伸ばしていけば、ムラを無くすことができます。

      山形に定着するよう十字を切って塗っていってくださいね。

       

      色を見れば2回塗り・3回塗りは分かる

      しかし、これだけ濃い材料で塗っているのですが、時間が経ってくると透けてくるのです!

      特に凸凹した外壁は尖っている先端には塗料が乗らず、どうしても少なめに付きますので透けてしまうのですね。

      凹んでいるところは塗料が溜まりますのでいいのですが、先は時間が経つと透けていくというわけです。

      かなりカメラ寄って、近くで撮影していますので動画で確認を。

      よく見ると透けてきているのが見えますよ。

      そしてこれは2回塗り(上塗り)をするとバッチリ良くなります!

      中塗りと上塗りがピッタリくっ付くので、塗料がきちんと乗るのです。

       

      「本当に2回塗っている?」

       

      お客様からもよく聞かれますが、中塗り・上塗りは見れば分かります!

      中塗り1回しか塗っていないと、絶対に分かる!

      上手い人が塗れば分からないぐらいにはなるかもしれませんが、基本的に見れば分かるのです。

      足場のある状態で塗る時はどうしても上から順番に塗っていくので、ローラーが重なる部分が出ます。

      乾燥時間に差が出てしまい、重なっている部分は2回塗りになってしまうのですが、もうそれだけでも1回なのか2回なのかが、分かりますよ!

      職人じゃないと分からない、というわけでわありません。

      素人でも見ればはっきり分かりますので「塗ってないんじゃない?」という心配はご無用です!

      見方さえ知っておけば、塗ったか塗ってないかも分かります。

      ムラは中塗りの時にしっかり無くしておけば上塗りの仕上がりがよくなりますので、十字を切って塗料を伸ばしていきましょう!

       

      次回は「雨漏り」シリーズでサッシについてお送りします。

      台風シーズンですから、雨漏り心配ですよね!

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~。

    8. 塗装の錆止めは下塗りでしっかり!塗料の塗り方と色を解説します~寺西先生の塗装講座・バルコニー丸ごと錆止め偏~

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」から、今回は「錆止め」についての動画をご紹介!

      錆止めってした方がいいの?どのタイミングでするの?

      塗料の色や塗り方などを解説していきます!

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

       

      鉄骨塗装を錆びないコツ公開!プロの職人がたっぷり解説!さび止めをしっかり塗りましょう!

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      塗料の色はどう決める?~作り方偏~

      今回は「錆止め」についてです。

      お馴染みの塗装班・職長の寺西くんが解説してくれますよ!

      社長ぬきですが、解説たっぷりの濃い内容になっていますので、じっくりご覧ください!

      さて、材料置き場からスタートですが、まずは塗料の作り方から始めましょう。

      今から行うのはもともと赤く塗ってあったバルコニーをに塗り替えです!

      白に塗りますので、錆止めもを使用。

      赤から白に塗り替えるのはなかなか大変な作業だそうですよ。

      濃い色の上から薄い色を塗ると、どうしても透けて下の色が見えてきてしまうのだそうです。

      なので、赤色が出ないように下塗りで白色の錆止めを使用していきます。

      塗る順番は、①下塗り(錆止め)②中塗り③上塗り3回塗りです。

      この下塗りをしっかり塗らなければ、現状の赤を隠すことはできません。

      なので、下塗りはとても大事です。

      それでは塗料を作っていきましょう!

      使用するのは「SKマイルドボーセイ」というもので2液性の材料です。

      缶から出してすぐに使えるのが1液性、主剤と硬化剤を混ぜて作るのが2液性。

      塗り替え道場では塗料は「錆止め」も2液性を使用しています。

      この2液性の良い所はとにかく持ちが良い。

      使う分だけ毎回混ぜて作らないといけないので手間がかかりますが、2液性の方が仕上がりもキレイで持ちが違います!

      SKマイルドボーセイは主剤が12.8kg、硬化剤が3.2kgです。

      1割の量を作っていきます。

      主剤1.28kg+硬化剤0.32kgを注ぎますよ。

      この時、缶の口はにしてくださいね。

      上にすると口が汚れてしまうのを防げます。

      2つを入れたら混ぜる前に、本来はこの時にシンナーを入れていますが今回は濃い目の塗料を作りたいのでシンナー無しでいきますよ。

      現状、赤なのでそれを白に変えるためには濃い材料でしっかり塗らなければ隠せません。

      シンナーを入れてしまうと薄まってしまうので、このような時は入れずに使用してくださいね。

      混ぜ合わせていきま~す。

       

      かくはん中~。

       

      この塗料はシンナーを入れなくてもかなり水っぽくてシャバシャバなので~す。

      入れなくても大丈夫なくらい緩めですね。

      これにシンナーを入れると薄まって透けますので、「吸い込ませたい」などの役割があるのであれば入れて使用するといいですよ!

       

      バルコニーとベランダは何が違う?

      塗り替えする場所がバルコニーなのですが、バルコニーとベランダって何が違うのでしょうか?

      そういえばテラスなんていうのもありますね~。

      この違い、分かりますか?

      実は明確な違いがあるのですよ!

      今回の現場でもあるバルコニーは、人が1~2ぐらいしか入れないちょっと狭い所です。

       

      もしかして狭いとバルコニーっていうの?

      広い所はベランダ? 

       

      いいえ、広さは関係ないのです。

      正解は屋根があるかどうかで決まります。

       

      ・バルコニー:2階以上で屋根のない手摺付きの場所

      ・ベランダ:屋根付きの場所

      ・テラス:建物1階で屋根がなく、突き出している場所

      ・ルーフバルコニー:下階の屋根部分で屋根なしの場所

       

      このようにそれぞれ明確な違いがみられますね!

      ポイントは屋根です。

      バルコニーは屋根がなく、ベランダには屋根がある、ということ。

      テラスは1階のみを指すようですね。

      対してルーフバルコニーは上階の下の階の屋根部分を使用した屋根なしの場所です。

      マンションなどの最上階によく見られます。

      ベランダには屋根があるので洗濯ものを干すことができますよ。

      うちはどっちかな~、と思ったら屋根があるかどうか見てくださいね。

       

      塗装の錆止めは必要?

      それでは、実践しますよ!

      バルコニーに到着です。

      ここで作った塗料をすぐ塗るのではなく、最初にすべきことがあります。

      鉄骨塗装をする時に必ずすべき作業があるのですが、分かりますか~?

      それはケレン作業です。

      ケレンとは塗料を塗りやすくするために錆を取ったり、ゴミを取り除いたりする掃除のこと。

      これをしっかり行わないと塗装をしても上手く塗れません。

      必要な道具は革漉き、ワイヤーブラシ、そしてスポンジにサンドペーパーが付いた便利なものを使用しますよ。

      これで表面を削れるところまで削っていきます!

      擦っていくと錆の色が薄くなってくるので、それぐらいまで削ればOK。

      では錆止めを塗っていきましょう!

      バルコニーの中(内側)に寺西くんが入ります。

      なぜ中から塗るのかというと、外を先に塗ってしまうと中に入れなくなってしまうからです!

      乾くまで触れなくなってしまいますからね。

      小さいミニローラーを使って、手摺の隙間など隈なく塗りますよ。

      最初は手摺の上からです。

      ん~~。シンナーを入れていないのにかなり薄めですね~。

      赤色が透けて見えます…。

      ひたすら塗っていきましょう。

      画的にかなり地味ですねー!

      塗装はやはり地味な作業のようで、足場のような派手なアクションはありません。

      コツコツやる作業ですね。

      地味~な感じなので、もう生着替えとかしてみますか(笑)

      カメラの前で言ったことは本当になりがちなので要注意ですね!

      生着替え、見てみたいですが塗装を続けますよ。

      何度も塗り重ねて透けを無くしていきましょう。

      これは下塗りなので乾いたら上に2回重ねて全部で3回塗りますよ。

      なかなか時間がかかる作業です。

      ここで、ハケの登場!

      ローラーが入らない狭い隙間などはハケで丁寧に塗っていきます。

      このような細かい仕事をきちんとすることで仕上がりが違うのですね!

       

      錆止め(下塗り)の塗り方

      寺西くんはスーッと動かして、手摺をローラーで塗っていますが、何かコツはあるのでしょうか?

      ローラーはとても簡単に見えますよね~。

      塗り方で大事なのは「滑らないようにすること」だそうです。

      滑るというのはローラーが滑らないように、という意味。

       

      動かした時にローラーの回転と距離が一緒になるようにする

       

      分かりづらいのですが、ローラーが滑ると回転より進んでしまいます。

      塗料が塗られず透けてしまうということに。

      これは動画でよく見てみてください。

      確かに、滑ってしまうと全然、塗料が付かずスカスカな感じになっています。

      拭きとっているような状態になるそうです。

      なるほど、これでは動かすたびに拭き取られていつまでたっても塗れませんね!

      ちゃんとローラーを動かした時に回転しているかどうか見て、塗りましょう。

      寺西くんは、すごくキレイに塗っていますね!

      さすが職長!仕事が丁寧です。

      同じように他の部分も塗りましょう。

      下の土台もしっかり塗っていきますが、裏側などは忘れがちなので、よく見て塗り残しがないように。

      ここで、寺西くんが素朴な疑問を口にしました。

       

      自分で塗装をする人は多いですか~?

       

      DIYをする方、結構いそうですよね。

      この動画を見て、「こういうの塗りたい」などありましたらコメントくださ~い。

      塗り方のアドバイスを寺西くんがしてくれますよ。

      ぜひ、お待ちしていまーす。

       

      塗料でどんどん塗られていくのを見るのって気持ちいですね!

      見ていて楽しい動画でした。

      次回のご紹介動画は「塗装剤の耐用年数」について。

      動画シリーズではなく、雨漏りシリーズでお送りします。

      台風シーズンに突入してきましたから、雨漏りなど気になることをお伝えしていきますよ!

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~

       

    9. 手抜き工事かも?2回塗りと3回塗りの見分け方!~寺西先生の塗装講座~

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」の動画から大好評の「寺西先生の塗装講座」です。

      今回は手抜き工事でよくある2回塗り・3回塗りの見分け方を解説!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      手抜き工事!2回塗りと3回塗りの見分け方!一般の方でもわかる!塗替え道場の職長が解説します  

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      2回塗り・3回塗りの見分け方

      大人気の塗装班・職長の寺西くんがお送りする「寺西先生の塗装講座」から今回は2回塗り・3回塗りの見分け方です。

      現場は屋上の鉄骨でもともと看板が付いていたものです。

      サビがすごかったそうですよ!

      まっ茶々の鉄骨をに変えて欲しいとのオーナーさんのご要望です。

      寺西くんの本音は、「まっ茶色だから茶色の塗り替えにしてほしい…!

      これ、正直な感想だそうですよ。

      なぜなら、暗い色から白に変えるのは結構大変なのです。

      白だといろいろ透けてしまいますからね。

      下塗りが大事になってきます。

      前回、鉄部塗装の中塗りの色を変える動画をご紹介していますが、白の場合は下地が濃いとダメなのです。

       

      気になる方はこちらの動画もぜひチェック

      ↓↓↓↓↓

      鉄部塗装!!下塗り材と中塗り材の色が違うそのワケとは?

       

      ちょうど今、上塗りをしているところですね。

      画面中央の柱を挟んで左側が中塗り(2回塗り)したところで右側が上塗り(3回塗り)したところ。

       

      ←中塗り段階(2回塗り)→┃柱┃←上塗り段階(3回塗り)→

       

      鉄部なので下地のシーラーとかサーフではなく錆止めを1回目に入れています。

      フェンスやシャッター、トタンなど鉄でできている部分を鉄部といい、汚れやサビなどを落としてからサビ止めを塗って、上塗りで仕上げます。

      ここでカメラマンから質問です。

      ニスを塗るみたいな感じですか~?

      ん~~、ちょっと違います…。

      上塗りは仕上げ材なのでこの色に合わせた色を下塗りで使わないと、どれだけ材料を濃くしても劣化した時に赤色が出てしまいます。

      今回は上塗りが白なので、下塗りも白を使用しているのですよ。

      錆止めはサビに対してはとても強いけれど、紫外線には弱く、コーティングをしないといけません。

      サビには強いけど太陽光が直接当たると劣化が早くなりますので、上塗りでフッ素やシリコン、ウレタンなどの樹脂塗料をコーティングに塗っているというわけです。

      ここの鉄骨は中塗りが終わっているのですが、ツヤが素晴らしいお馴染み塗料「ハイパーユメロック」が下塗りのサビ止めの上に一回塗ってあります。

      なので、ツヤが出ていますね。

      けれど、ツヤが出てない部分もあるのですが、画面で分かりますでしょうか?

      ザラザラの部分はツヤが出ません。

      元々サビていた部分はザラザラしていて、塗料を吸い込みやすいのでツヤが出ないのです。

      動画で確認してみてほしいのですが、反射しているように見えているところが塗装のツヤですよ!

      なんだか水分のように見えますが、雨水などが溜まっているわけではなくツヤなのです。

      ツルツルしているところと、ザラザラの部分がありまだらになっていますね。

      塗料を吸い込むところと吸い込まないところの差が出ているのです。

      では、3回塗りした方を見てみましょう。

      画面の右側です。

      3回目の上塗りをしたところはツヤツヤですよ!

      全部ツヤッ!としています。

      ザラザラの部分もツヤが出ていますね。

      これが2回塗りと3回塗りの違いです!

      ぜひ、動画で確認してみてくださいね。

       

      上塗りの塗り方実演

      では、寺西くんが上塗り実演してくれます。

      まず塗料の状態ですが、シンナーを入れれば入れるほど塗膜が薄くなるので、濃いもので塗りましょう。

      ドロドロのもので厚く塗っていきます。

      ザラザラの部分が分からなくなるぐらい、タップリと濃いものを塗ってください。

      では塗りましょう。

      ぬりぬり…。

      ローラーで塗ったところのザラザラがあっという間に分からなくなりましたよ!

      これも動画で見てくださいね!

      多少はザラザラが残りますが、かなり分からなくなっています!

      すごいです!

      反射してツヤツヤですよ~。

      ここの鉄骨、看板が元々付いていたのですが、看板があると内側が塗れなく大変。

      針金が付いていて曲げることができる隙間専用のハケもあるそうですよ。

      塗るのにも時間がかかって大変で、確認も見えないので鏡を使って見たりするそうです。

      場所によって、塗装テクニックがあるのですね。

      いろいろな道具を駆使して日頃、頑張っています!

      このように上塗りをするとツヤが違うので、2回塗りと3回塗りは見分けがつきます。

      下地処理は化粧のようで、「化粧水などが下塗りならば、上塗りは日焼け止め

      なるほど、言い得て妙ですね!

      女性にも優しい解説ができるなんて、さすが寺西先生!

      と、思ったら、寺西くんの昔の親方が言っていたそうです。

      上手な例えですよね。

      確かに塗るのと塗らないのでは大違いです。

      しっかり、上塗りしないと紫外線も防げませんからね。

       

      寺西先生のお悩み相談

      以前、コメントで質問がありましたので、寺西くんからアドバイスです。

      ちょうど鉄部の塗装をしているので、ぜひともこの動画を見て欲しいですね!

       

      コメントにお悩みを入れてくれたのはHN「溶接絶対上手くなりたいぞ」さんです。

      「工場の鉄部を自分で塗りたいのですが、どうやればいいですか?」

       

      はい、お答えします!

      まずはケレン作業をしっかりして、サビなどをきちんと落としましょう!

      カワスキ」という刃物や「マッジクロン」というタワシで削ったりしてその後、錆止めを下塗りとして入れます。

      カワスキは塗膜はがしの専用道具でサビをかき落とせますよ。

      大きいものから小さいものまでホームセンターでも購入できますので探してみてください。

      マジックロンもホームセンターで購入可能。

      サビ落としにはこれですよ!

      溶接絶対上手くなりたいぞ」さんは乾燥時間を気にしていたそうなのですが、乾燥はメーカーのカタログを調べると乾燥期間が載っているのでそれを参考にしてください。

      例えば23度で何時間、というように決まった乾燥時間があります。

      ネットでも調べることができ、何時間でOKなどが分かりますよ。

      表面が乾いていても上塗りをした時にくっ付いてきてしまうとまだ早いので、しっかり乾燥してから2回、3回と重ねていけばバッチリです!

      キレイな仕上がりにするためには乾燥をきっちりさせて、3回塗りをしてくださいね。

      ツヤが美しいハイパーユメロック、おすすめです!

       お悩み相談までできるなんて寺西くんはさすがですね。

      今回のような寺西くんに解説して欲しい!聞いてみたい!ことなどありましたら是非コメントを入れてくださ~い!

      わからないこと、知りたいこと、寺西先生がお答えしていきます。

      なんでもお答えしますよ、分かる範囲で!

      よろしくお願いしま~す。

       

      2回塗りと3回塗りは見た目で分かりますので、よく見てみてください。

      特に鉄部は今回のようにサビの部分で差が分かります。

      外壁などもツヤ感が違いますので、素人でもよく見れば見分けられますよ。

      悪質な業者に騙されないようにしましょうね。

      ケレンなどもしっかり行っていなければ、塗った時の表面が美しくありません。

      きちんとケレンが行われていればツヤの出かたにも違いが現れるはずです。

      このキレイな仕上がりを覚えて、見比べてみてくださいね。

       

      次回のご紹介動画は「雨樋の交換」についてです!

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~。

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ