• ホーム > 
  •  > タグ:
  • シーリング
  • 2面接着、3面接着について
    1. 2面接着、3面接着について

      こんにちは。

      塗替え道場 春日井店の清水です。

       

       

      今回は、シーリング工事をする際の2面接着と3面接着について紹介いたします。

      外壁は天候条件や地震などの振動によって、外壁のボードとボードのつなぎ目(目地)が伸縮いたします。なので、つなぎ目(目地)に接着させるシーリング材にも伸縮性を持たせる必要が出てきます。

       

      ・2面接着について

      シーリング材を外壁ボードだけに接着する方法が2面接着になります。2面接着は基本金属パネルやサイディングボードの取り合いや目地に施工致します。

      目地底にコーキング材を接着させないよう、ボンドブレーカーやバックアップ材を目地底に付けることで実現します。

       

       

       

       

       

       

       

      この2面接着が正しく行われていれば、外壁の伸縮に応じてシーリング材がちゃんと伸縮するので、剥がれにくく耐久性も高くなります。

      また、外壁のサイディングボードのつなぎ目には、ハットジョイナーという建築用部材が目地部分に設置されている場合があります。

      ハットジョイナーそのものにボンドブレーカーの役割をするシート(薄い被膜のようなもの)が貼られているタイプのハットジョイナーがあります。

      そのシートがボンドブレーカーの役目をはたしてくれるため、その場合はボンドブレーカーやバックアップ材を設置しなくても2面接着になります。

       

      ・3面接着について

      3面接着とは2面接着と違い、ボンドブレーカーやバックアップ材を使用せず、上下または左右と目地底の3面にシーリング材を接着させる方法です。

       

       

       

       

       

      三面接着は構造上、動きの少ない、誘発目地や窓周りなどに施工致します。3面接着は防水性が高く、2面接着より浸水や漏水の可能性が減ります。

       

      そうすると金属パネルやサイディングボードの取り合いや目地も3面接着の方がいいのではないかと思うのですが、

      3面接着で目地を施工すると、目地底にシーリング材が接着してしまうと、せっかく新しく充填したシーリング材が外壁の伸縮に耐えられず剥がれたり、ひび割れを起こしやすくなります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      そのため、シーリング施工する箇所によって2面接着と3面接着をしっかりと分けないと、シーリングの性能を十分に発揮する事ができないため、シーリングの耐久が変わってしまいます。

       

    2. シーリング工事

      こんにちは。

      塗替え道場 春日井店 清水です。

      天気の悪い日が続き、なかなか晴れ間の少なく、

      なかなか工事が進まず、早く天気が落ち着いてほしいと願うばかりです。

       

      さて、今回はシーリング工事についてご紹介いたします。

      シーリングとは外壁サイディングのボードとボードの継ぎ目や外壁と窓の隙間にあるゴム状のものです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      シーリングは、主に建物の隙間から雨漏りを防ぐ防水性の確保にあります。

      新築時は塗装をせずに、シーリングがむきだしの場合が多い為、

      紫外線等の影響を受けて、約5年を過ぎたあたりからシーリングのひび割れ・肉やせ・はく離等の劣化がはじまり、

      シーリングの防水性や伸縮性が失われ、雨漏りや外壁のひび割れの原因となります。

       

      そのため、外壁塗装をする際には、

      ・既存のシーリング材を撤去し、新たなシーリング材で埋める、「打ち替え工事」

      ・既存のシーリング材の上に、新たにシーリング材を足す、「増し打ち工事」

      が必要となります。

       

      シーリング材の打ち替え工事の作業手順紹介いたします。

       

      1.既存のシーリング材をカッターなどで取り除きます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2.余分な場所にシーリング材などが付着しないように、マスキングテープで保護します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      3.シーリング材が目地に接着する為のプライマーを塗布します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      4.シーリングガンと呼ばれる器具を使い、シーリング材を目地に充填します

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      5.充填したシーリング材を、ヘラを使って表面をきれいにならします。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      6.シーリング材が乾ききる前に、マスキングテープをはがし、完了です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      シーリング工事は、一見すると地味ですが、建物の防水機能を保ち、建物耐用年数の維持に欠かせないのがシーリング工事です。

       

    3. 当社の魅力とは

      こんにちは\(^o^)/

      株式会社七色 塗替え道場の桝内です!

      まだまだ暑い日にちが続いておりますが、ブログを読んでくれている方々

      はいかがお過ごしでしょうか?

      ちなみに余談になりますが、このような暑い夏にお勧め塗料がございます。

      弊社でも遮熱断熱塗料取り扱いをしております。

      代表的なもので言えば、、、

       

      ~日進産業 ガイナ~

      ロケットにも使用されているような塗料です。

      ※高濃度のセラミックが売りの塗料となります。

       

      ~シンマテリアルワン キルコ~

      とにかく密着力及び伸び率が特徴の塗料です。

      ガイナ同様に遮熱断熱効果がある塗料となります。

      ※ピュアアクリルを採用している塗料です。

       

      さて、本題の当社の魅力ですが、とにかく自社で施工を行なっているというのが

      当社の魅力となります。

      「高品質をお値打ちに」

      をモットーとして行なっております。

       

      ~足場~

      足場に関しても職人さんはもちろんの事、自社で足場資材も抱えております。

      ※レンタル等で資材を借りてきている場合、どうしてもそこで費用が掛かってしまう分

      そこでも差が発生する部分です。

       

      ~シーリング~

      シーリング(シール)に関しても、もちろん自社で施工をしております。

      塗装工事を行う際、脇役になりがちなシーリング工事ですが、お家の雨漏りにとって

      大きな影響を及ぼしますので気にして頂けたら有難いと思います。

      作業内容は

      撤去(カッター使用)→※ボンドブレーカ貼り→養生→※プライマー塗布→シーリング材充→シーリングならし→養生撤去→完成

      ※ボンドブレーカーとは、目地の底面に貼ってある絶縁シールの事です。撤去の際に一緒に剥がれてしまう場合があります。

      その際は再度新しいボンドブレーカーの貼り直しを行います。剥がれなかった場合は、ボンドブレーカー貼りの作業はございません。

      ※プライマーとは、接着剤のような役割がある工程です。

      実際私も入社当社はシーリング班に配属され、1年ほど現場経験をさせていただきました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ~塗装~

      塗装班に関してももちろん自社で職人さんを抱えております。

      塗装の工程は基本的に下塗りがある場合は、3回塗りが基本となります。

      もちろん塗装完了後(足場設置中)に塗装の仕上がりのチェックを行っております。

      チェックはプランナーサイドで行わせていただいております。

       

      初回商談をする際、2回目の塗り替えの方ももちろん多くいらっしゃいます。

      仕上がりについても会社によってかなりの差があります。塗装のラインがくちゃくちゃなのか。もしくはきっちりテープのラインがでているのか。

      外壁に付帯部で使用した塗料が明らかについてしまっているのか。ついていないのか。

      そもそも明らかに塗装の仕上がりにスケが見られるような状態なのか。透けていないのか。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ★補足★

      たまに会社によっては、同じ職人さんがシールの工事も塗装の工事も行っている施工会社も

      ありますが、それぞれ専門の職種ですので、基本的に年がら年中それぞれの仕事を行っております。

      各班ごとにしっかり分かれている会社の方が職人さんそれぞれ専門性が高い為、綺麗な仕上がりとなります。

       

       

       

    4. 丹羽郡R様工事進行中!

      こんにちは。

      塗替道場 春日井店の清水です。

      今回で、二回目の投稿になります。

      まだまだ暑さが続き、その中でも、現場で作業を進行してくれている職人さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

       

      今回は丹羽郡のR様の工事進行報告になります。

       

      ・足場組立作業中です。

      シーリング工事や、塗装工事など職人さんが作業するための仮設足場を組み立ててくれる足場班。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ・高圧洗浄中

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ・下塗り、ケレン中

      下地と塗る塗料の密着を良くする為に大切な作業になります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      今回はここまで報告させていただきます。

      次回は完工報告を致します。

      まだまだ、暑い日は続きますので、こまめな水分と塩分補給をし熱中症にならない様に気をつけて下さい。

    5. 塗替えを考えのお客様へ

      こんにちわ

      塗替え道場の田中です。

      今日は塗替えで業者選びに悩んでるお客様へ塗替え道場のみんなの気持ちを

      この度、12月より緑店に来ました、僕からのメッセージがあります!!!

      お客様の大事な我が家を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要です。

      建物は10年を過ぎた頃から外壁の劣化や木部、鉄部などの退色が目立って来ます。放置しておくと、建物全体の耐久性にも悪影響を及ぼします。

      建物の外壁は人間に例えると、皮膚にあたります。人間も紫外線などを長期間浴びると身体の内部に色んなダメージを受けることになります。人間は、日焼け止めクリームやを保湿クリームまとって防御します。

      外壁塗装はいわゆる人間でいう日焼け止めクリームの役割を果たしています。日焼け止めクリームも時間的に限度があるように、外壁の耐久性にも限度があります。適性な期間で外壁塗装を行うことで建物の構造体におけるダメージを防ぐことが出来ます。

      そして、建物の外壁(人間でいう皮膚)に栄養を与えることで活き活きとした外観が甦り、お住まいの方々に健康的な日常生活を送っていただけます。

      あとは塗装は大丈夫でも外壁には防水材がありましてシーリング(コーキング)材と言う物が施工されてますが気にされない人だとそのまま放置をすると僕たちがしている塗替えでは収まらないお家もあります。
       
      建物内部のカビ菌などから健康被害が出ている事例も沢山挙げられています。  住まいと健康面から考えても外壁のメンテナンスは非常に重要だと言えます。

      私たちはそういったことを念頭におき現状の建物に適切な材料と工法を提案していきたいと日々研究し、努力し、お客様が求めていることをカタチに変え、適切な施工を心掛けてお客様との信頼関係を深めていきたいと思っています。

      最近の塗料業界も、毎年のように品質のいい新しい材料が登場し発売されています。

      僕たち専門業者としては情報が多すぎるのも大変ですが、お客様に対してよりよい商品情報をお伝えしなければならない使命があります。

      インターネットや変な情報に振り回されないよう僕たちは住まいの耐久性向上のために、日々努力を怠らず、外壁を守れる仏様(神様)になれる様に頑張ってに施工します。

      そして、住まいを通じて弊社とお客様との信頼関係を一生涯築いていければ幸いと考えております。

       

      外壁の事なら塗替え道場を宜しくお願い致します。
       

       

    6. 梅雨時期の足場工事!!

      こんにちは、塗替え道場の寺道です。

      梅雨入りしてから今まであんまり雨が降っていませんでしたが

      今週は天気が悪くて

      なかなか塗装やシーリングなどの工事ができません

      とはいっても足場職人は天気など関係なく

      雨の日も風の日も天気に左右されることなく

      足場をコツコツ組んでいます。

      塗装やシーリングなどの仕事と同じくらい大事な仕事です

      足場の組み方ひとつで塗装やシーリングなどのやりやすさも変わり

      一番が最後の仕上がりにも影響してきます。

      何といっても足場の職人は雨が降っていても関係なく

      軽快に足場を組んでいきます。

      昔の足場は丸太や単管などで組んでいて

      家を丸一棟組むとなると結構な時間がかかりましたが

      今の足場材は昔と違って決められた長さの部材があり

      それをはめて上からハンマーで叩くだけで作っていきますので

      昔みたいに番線で縛ったりクランプという材料で

      一回一回止めていかなくても良くなりました。

      ただその為足場材ひとつひとつの材料が高いです

      あまり足場材の金額ってあまり知られてないと

      思いますが。

      普通位の家を一棟まるまる組むとなると

      大体外壁塗装を一回分くらいの金額になると思います

      ですのでよくチラシなどで足場代無料とか

      よく見かけますが、正直無理だと思います。

      なぜかと言うと一棟組むだけで外壁塗装一回分の

      材料がいるのにその施工費すら無料って事は

      自社施工で足場材もたくさん持っている会社くらいしか

      できないと思います。

      その為今ではどこの業者さんでも自社施工!!

      などと言ってると思いますが、

      気を付けてください

      自社施工か自社施工じゃない業者の見分け方は簡単です

      まず資材置き場の有無、職人一人一人の顔が載っているブログなど

      そういう所を気にしてみて頂ければすぐにでも分かると思います。

      今回はこの辺で失礼して頂きますが

      やっぱり自社施工で安心安全な工事が一番だと思います。

      少しでも気になった方は気軽なく塗替え道場までお電話の方を

      よろしくお願い致します。

       

       

       

       

    7. 完工検査の巻

      こんにちは!!

      塗替え道場 本社アドバイザーの桝内です。

       

      いよいよ2月になりましたね(・・)/

      今日は皆様世の中は節分ですよ~~~

      「福は内~ 鬼は外~」

       

       

      さて、先日完工検査が終了した稲沢市のとあるお客様宅の写真を一部ご紹介したいと思います。

      壁と軒天の取り合いのラインからです。今までは外壁色だった軒天を白色にすることによって

      明るい雰囲気に仕上げることが出来ました。

      ちなみにこのような外壁(リシン壁)の場合テープがくっつきにくくラインが出しにくいのですが、きっちり外壁と軒天のラインが出ています。

      さすが職人さんといった仕事っぷりですね!!!!!

       

       

      外壁はもちろんピカピカ艶艶です☆

      シーリングもきっちり肉厚が付いていてこれで雨漏りの心配もないですね。

       

       

       

       

      塗替え道場では、付帯部に関しても一切妥協がございいません!!

      見て下さい。この輝き!!まるで新品の様になっちゃうんです。

      近くで見てもほとんど刷毛跡が見えないぐらいの仕上りですよ。

       

       

      以上、桝内ブログでした~~

    8. 寒くなってきましたね。

      こんにちは。

      愛知・岐阜・三重の外壁塗装専門店 塗替え道場の太田です!

       

      冬になってきましたね~、今日はこの冬1番の寒さだそうです。

      寒くなってくると外に出るのも辛くなってきますよね…

      この季節は夏とは違い、雨のほかに工事の妨げになる雪が降ったりします。

      気温が低すぎると艶が飛んでしまったり、湿度が高いと施工不備が出てきますので工事の仕上がりは職人さんの判断にかかってきたりします。

      気温や夜露の影響などで夏場よりも1日の施工時間が短かったりする場合もありますが、

      塗替え道場は雪が降る地域にこの時期に施工した建物を、毎年ピカピカのつやつやに仕上げておりますので安心してご依頼いただければと思います(*^_^*)

      夏場は塗料やシーリング材もすぐに乾いてくれたりするのですが、寒い冬の時期は乾燥時間を別で設けないといけない場合があり、

      少し工事期間が長引いてしまう場合がありますが、きちんときれいに仕上げるために必要な乾燥日となりますのでご了承ください。

      それにしても、一日中寒い外で作業してくれている職人さんは本当に頭が上がりません。

       

      □■□■□■□■□■□■□■□■

       

      先日、塗り替え道場で主に使用している建築用シーリング材のブランドリニューアルのお知らせが来ました。

      今年の4月に改訂した、ガイドブックセットにお入れしている「外壁塗装の基礎知識 虎の巻」に

      参考として画像を載せていますが、商品名が変更になるものもあるそうで、しばらくは古い画像になってしまいます…(>_<)

      名古屋市 外壁塗装専門店

      事務員は実際にお見積書を作成したり、現場を見に行く機会が少ないため、なかなか細かい材料名が覚えられなかったりします。

      ようやく覚えてきたシーリング材をまた覚えなおしということでごちゃごちゃにならないようにしっかり頭の中を整理していきたいと思います!

      以上、太田でした~

       

      お問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

       

        0120-168-373 

      24時間対応資料請求専用留守番電話

         052-304-9740

       

      ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

       
      ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

      ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

      株式会社南建設 塗替え道場 
      フリーダイヤル 0120-168-373

      愛知エリア
      ■本社
      〒455-0801
      愛知県名古屋市港区小碓4丁目99番地
      TEL 052-304-9313
      FAX 052-304-9314

      ■緑店
      〒458-0801
      愛知県名古屋市緑区鳴海字山下88番2
      TEL 052-893-9810

      ■一宮店
      〒491-0836
      愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1

      ■春日井店
      〒486-0855

      愛知県春日井市関田町3-56-2 
      TEL 0568-37-1791

      ■津島店
      〒496-0047
      愛知県津島市申塚町1-89

      ■名東店
      〒465-0003
      愛知県名古屋市名東区延珠町508

      ■刈谷店
      〒448-0844
      愛知県刈谷市広小路5丁目35

      岡崎店

      〒444-0226
      愛知県岡崎市中島町明生池6-1 プロスパビル202

      ■豊田店
      〒471-0845
      愛知県豊田市田中町5-39

      ■半田店
      〒475-0836
      愛知県半田市青山4丁目7-10

      三重エリア
      四日市店
      〒510-0836
      三重県四日市市松本3丁目12-16

      ■桑名店
      〒511-0934
      三重県桑名市赤尾1012番地 

      岐阜エリア
      ■岐阜店 
      〒501-2565

      岐阜県岐阜市福富151番地1

      ■多治見店
      〒507-0033
      岐阜県多治見市本町7丁目45

       

    9. 最近気になること

      こんにちは。

      愛知・岐阜・三重の外壁塗装専門店 塗替え道場の太田です!

       

      最近は台風が立て続けに来ており、天気が不安定ですね…

      雨や湿気は塗装工事にとって大敵なので、一時中断を余儀なくされます。

      工事中のお客様にはご迷惑をお掛け致しますが、スムーズに工事が進むよう努めさせていただきます(^^)/

       

      □■□■□■□■□■□■□■□■

       

      最近会社近くへ引っ越しをしたのですが、建物が築12年ということで

      塗替え時期を迎えております…(>_<)

      内装は綺麗なのですが、明るい時に外壁を見ると気になるところがたくさんあります(;O;)

      シーリングの劣化、色あせ、チョーキング…

      外壁塗装のサインがいたるところに出ています(+o+)

      自分が住む部屋なので、内装や間取り、立地をメインに選んだのですが

      外に出るとやっぱり気になってしまいます…

       

      ↓↓夜撮影したのでちょっとわかりにくいですが(+o+)

       名古屋外壁塗装専門店

      シーリング(目地。壁材と壁材との間にある物)が剥がれてきています。

      すぐに雨漏れには繋がらなくても、すき間から雨が侵入し中の金属がさびてしまったりします。

      シーリングの劣化の原因は紫外線やプライマー不足、シーリングのボリューム不足などがあげられますが、

      今回は新築時にプライマー(接着剤)が足りなかったのかな?と思います。

       

      そして良く見ると色が黒っぽくなっていて、ブリード現象も起きていしまっていますね…

      ※ブリード現象とは、シーリング材の中に入っている可塑剤(やわらかくするための物)が時間の経過とともに塗膜へ滲み出てしまい、塗料をべたつく状態へ変質させ、そこへ汚れやほこりが付着してしまう為に起きる現象です。

       

      名古屋外壁塗装専門店

      画像下の銀色の物はポストなのですが、良く見るとポストの左横と上で色が違うのです。

      色あせしております。

      新築時を見たことが無く、綺麗な状態を知らなくても色あせって分かってしまう物なのですよね(^_^;)

      紫外線が最大の劣化要因なので、日が当たるところの方が色あせがひどく、日が当らないところは劣化のスピードが緩やかで比較的色鮮やかだからかな~と思います。

      1つの建物でも、全体で劣化の具合が違って来てしまうんです。建物のメンテナンスは非常に難しいです。

       

      名古屋外壁塗装専門店

      そしてチョーキング現象も起こっていました。

      ※チョーキング現象とは、塗料の顔料が紫外線等により劣化し、粉状になってしまうこと。触るとチョークの粉のように手についてしまいます。

       

      今までだったら気になっていなかったのに、これが職業病というやつか…と最近しみじみ実感させられます。

      でも、遊びに来た同期も同じことを話しており、私だけではなかった…とちょっと安心?しております(笑)

       

      壁の劣化は日々してしまいますし、シーリンングは雨漏れ等にも関わってくることなので手遅れになる前に是非外壁のメンテナンスもして頂きたいな~なんて思ったり☆

      外壁塗装工事を塗替え道場でしないかな~なんてちょっと思ったり(*^^*)笑

      最近はそんなことをよく考えております。

       

      以上、事務の太田がお送りしました~

       

      P.S.

      実はエアコンが少し曲がっているのも気になります…笑

      名古屋外壁塗装専門店

       

      お問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

       

        0120-168-373 

      24時間対応資料請求専用留守番電話

         052-304-9740

       

      ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

       
      ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

      ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

      株式会社南建設 塗替え道場 
      フリーダイヤル 0120-168-373

      愛知エリア
      ■本社
      〒455-0801
      愛知県名古屋市港区小碓4丁目99番地
      TEL 052-304-9313
      FAX 052-304-9314

      ■緑店
      〒458-0801
      愛知県名古屋市緑区鳴海字山下88番2
      TEL 052-893-9810

      ■一宮店
      〒491-0836
      愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1

      ■春日井店
      〒486-0855

      愛知県春日井市関田町3-56-2 
      TEL 0568-37-1791

      ■津島店
      〒496-0047
      愛知県津島市申塚町1-89

      ■名東店
      〒465-0003
      愛知県名古屋市名東区延珠町508

      ■刈谷店
      〒448-0844
      愛知県刈谷市広小路5丁目35

      岡崎店

      〒444-0014
      愛知県岡崎市若宮町1丁目78番地
      TEL 0564-83-5651

      ■小牧店
      〒485-0082
      愛知県小牧市村中331番地

      ■豊田店
      〒471-0845
      愛知県豊田市田中町5-39

      ■豊橋店
      〒440-0085
      愛知県豊橋市下地町2丁目54

      ■半田店
      〒475-0836
      愛知県半田市青山4丁目7-10

      三重エリア
      四日市店
      〒510-0836
      三重県四日市市松本3丁目12-16

      ■桑名店
      〒511-0934
      三重県桑名市赤尾1012番地 

      岐阜エリア
      ■岐阜店 
      〒501-2565

      岐阜県岐阜市福富151番地1

      ■多治見店
      〒507-0033
      岐阜県多治見市本町7丁目45

       

       

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ