0120-168-373

まずは現地調査を予約する

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

メールでのお問い合わせ

塗替道場

本社 〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓4-99

  • 緑店
    〒458-0801 愛知県名古屋市緑区鳴海町字山下88
  • 一宮店
    〒491-0836 愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1
  • 春日井店
    〒486-0855 愛知県春日井市関田町3-56-2
  • 刈谷店
    〒448-0844 愛知県刈谷市広小路5-35
  • 豊田店
    〒471-0845 愛知県豊田市田中町5丁目39
  • 半田店
    〒475-0836 愛知県半田市青山4丁目7-10
  • 四日市店
    〒510-0836 三重県四日市市松本3丁目12-16
  • 横浜店
    〒241-0032 神奈川県横浜市旭区今宿東町
    1493リバービュー88 1階

スタッフブログ

2019/04/20

マンションの外壁塗装 依頼に適切な時期を知りたい!

外壁塗装をするなら、適切な時期を知っておくべき!

みなさんこんにちは!

気温もあたたかくなり、そして元号も変わり・・・新しい気持ちで外壁塗装をお考えの方も多いかと思います。外壁塗装は見た目を綺麗に美しく保つだけでなく、劣化を防ぎ、安心して暮らしていく上でとても大切な工事です。今回は、外壁塗装の依頼に向いている時期をご紹介。 そんなのいつでもいいんじゃないの?思われる方も多いと思いますが、実はそんなことありません。

まずは、職人が作業をおこないやすい環境でなければなりませんよね。そして、塗料を使っていくわけですから、塗料が本来の機能を発揮できる環境でないと綺麗な外壁塗装は完成しません。 だから、すぐに依頼をしてしまうのではなく、慎重に判断をすることが大切。適切な時期に工事をおこなうことで、満足のいくマンションの大規模修繕を実現させましょう!

気候条件に要注意!

そもそも、季節を問わず外壁塗装をおこなうことができないとされている基準があります。

・気温が5度以下の時

・湿度が85%以上の時(雨天)

気温があまりにも低いときや、湿度が高すぎるときには作業がおこなえないことがわかります。まず、気温が低すぎると塗料の伸びが悪くなってしまい、ムラができてしまいます。そして湿度が高い場合は十分に乾燥がされないので、仕上がりはもちろんのこと、後の不具合につながりかねません。塗料は水気に弱いのですね。だから、雨や雪が降っているようでは塗装ができないのです。

逆に、外壁塗装に適した気温は15~30℃と言われています。寒すぎず暑すぎない気温こそ、綺麗に仕上がる気候条件なのです!

できるだけ依頼を避けるべき時期は?

それでは、実際に施行依頼をできるだけ避けた方がいい時期をみていきましょう。とはいえ、一応は年中いつでもOKとしているところもあります。あまりふさわしくない時期のデメリットをみた上で、慎重に判断することをおすすめします。

①エアコンを使う時期

夏場の外壁塗装は、デメリットが多くあります。まずは気温。30度を超えてしまう猛暑日には、塗装がすぐに乾いてしまい、気泡が生じやすくなってしまいます。

また、住民の生活にも大きな影響を及ぼします。夏の生活に欠かせないエアコンですが、排水ホースから水が出てしまうと、塗装が流れてしまい作業がおこなえないのです。そのうえ、塗装中は窓を開けることができないので、住民の生活はとても不自由に。真夏にエアコン無し+窓を空けられないなんて、熱中症になりかねませんよね(>_<)そういった点で、夏場の依頼はあまり適していないと言えるでしょう。

②台風の時期

台風の時期の作業は、職人にとっても危険がいっぱい! 外壁塗装の際に組まれた足場は、強風によって倒壊しやすくなってしまいます。そのため、台風が接近するという予報があった際は直ちに事故を防止するための作業空間へと変えていきます。作業は何よりも安全が第一ですからね(^^) また、作業についても計画を改め、台風が来ても問題のないような状態へと持っていくのが一般的。とはいえ、台風があまりに長引く場合は工期が延期になってしまうこともあります。予定していた日にちを過ぎてしまったのに終わらない・・・なんてことも。そういった点で、台風が発生しやすい時期の依頼は、少し慎重になった方がいいかもしれません。

③職人不足になる時期

塗装業界の繁忙期となる季節は、一般的にといわれています。まさに今の時期は繁忙期真っ只中なんですね。寒さも和らぎ施工がしやすく、なおかつエアコンの要らないこの時期はまさにベストタイミング。依頼が殺到するのです!

さらに5月には大型連休も控えるということを考えると、職人不足でなかなか依頼ができない場合が多くなります。急ぎでない場合は極力避けるか、2ヶ月前などの早めの予約をしておくと良いでしょう。

④年末年始は駆け込みで大忙し!

1年の終わりである年末にも依頼が多く殺到します。できるだけ気持ちの良い状態で新年を迎えたいという方が多いのも当然のこと。そのため、職人不足となりやすいので注意が必要です。しかも、冬場は日が落ちるのが早いため、作業時間も短め。限られた時間の中で作業をおこなうので、当然工期が長めになってしまいます。さらに霜などで壁が濡れている場合は乾くまで作業がおこなえないので、何かと作業に遅れが生じることがあり、あまり良い時期とはいえません。

 

工事期間中に気をつけなくてはいけないことって?

無事に外壁工事が決まったとしても、その後の工事期間中に気をつけなくてはならないことはたくさんあります。たとえば外壁塗装の工事期間中は、洗濯物の規制期間があります。足場組立完了後、約2ヶ月程度おこなわれる塗装作業中はメインバルコニーの洗濯物が規制されてしまうので注意が必要です。とはいえ何カ月も洗濯物が干せないというわけではなく、マンションの改修工事がお休みになる日・祝日は洗濯物を干すことが可能。工事期間中は、週末にまとめて洗濯をするなど工夫が必要です。こういったことは事前にしっかりと住人に伝えることが大切です。

結論!外壁塗装のベストタイミングは秋

ここまで、外壁塗装にあまりふさわしくない時期を見てまいりました。決して、“梅雨の時期だから依頼は絶対にできない”、などということではありません。それもそのはず、依頼をする人が少ない時期には、割引をしてくれる業者もあります。しかし、それだけ気をつけなくてはいけない点が多い時期だということは忘れてはいけません。そのときは大丈夫でも、作業後に不具合が出てしまう可能性があるのです。

そういった点では、比較的気候も安定している秋頃に作業をおこなうのがベストといえそうです。しかし、台風の時期でもあるので、作業延期などのリスクがあることをきちんと説明してくれる業者選びをすることが大切なのです!

無料見積もり即日対応

相見積もり大歓迎

あのYouTubeで
有名な塗替え道場が
笑顔で
見積もりお伺いします

塗替え道場 スタッフ写真
塗替え道場 代表写真塗替え道場 代表写真
メールで無料見積・現地調査を申込む