• ホーム > 
  •  > タグ:
  • アドバイザー・アシスタントの日常
  • はじめまして!!
    1. はじめまして!!

      みなさんこんにちは!はじめまして、本社プランナーの島です。

      ブログを書くのは初めてになりますが、

      今後皆様のお役に立てる内容(たまに雑談もありますが)を書いていきますので

      宜しくお願い致します(´・ω・`)

       

      さっそくですが、今日は屋根塗装について書いていきますよ~

       

      実際に最近施工した写真を見ながら書いていきます!

       

      今回は折半屋根です。旧塗膜がべろべろに剥がれてしまってますね・・・。

      手でもめくれてしまうぐらいです。

       

       

       

       

       

       

       

       

      屋根なので紫外線や雨にやられてだいぶ傷んでいるのがわかります

       

       

       

       

       

       

       

       

      作業の手順としては、まずべろべろに剥がれている旧塗膜を

      剥がしていきます!!ケレン作業といいます!!

      このケレン作業はとても大切な作業工程になります。

      この工程をしっかりとやらないとこの上から塗装をしても旧塗膜と一緒に剥がれてきてしまいます。

       

      ケレン中の写真になります。

      この作業の次に下塗りをしていきます。

      ここでサビ止めを塗っていきます。

       

       

       

       

       

       

       

       

      真っ白になりましたね!!

      サビ止めは白だけではなく赤サビもありますよ~

      上塗りに使う色などによって変えたりします。

       

      サビ止めをしっかりと塗布したあとに・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

      中塗りをしていきます。

      今回は水色の屋根に仕上がります!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      綺麗な水色になりました~

       

       

       

       

       

       

       

       

      艶もでてぴかぴかになりました(*^-^*)

      職人さんも汗だくになって作業していました(笑)

      屋根の上なのでとっても暑いです・・・。

      足の裏もヒリヒリしてきます(笑)

       

      今回は折半屋根でしたが、屋根といっても

      たくさん種類があります!!

      瓦・カラーベスト・折半屋根・・・・・・eat

       

      屋根の種類や状態によって使う塗料も変わります。

      塗装は奥が深いです・・・。(笑)

       

      最後に・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ドーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!(笑)

      職人さんの撮影をする部長です(´◉◞౪◟◉)

       

      では、またお会いしましょう~~~~~~~~~

    2. クリア塗装、通常塗装塗り分け

      こんにちは!!

      塗替え道場 本店の桝内です。

      いよいよ明日から12月ですね。

      今回のブログはクリア塗装と通常の塗りつぶし塗装の仕上りについて

      書きたいと思います(+o+)

       

      まず、クリア塗装とは現状のボードのデザインが気にいっている等今の風合いを生かしたい場合に塗る塗料となります!

      基本的に10年目安でクリア塗装が出来るか?もしくは出来ないか判断基準とも言われています。

      何故10年が目安か?というとクリア塗装は、その名前の通り透明な塗料を塗るわけなので、下地(もともと外壁)の状態が

      仕上りに大きく影響してくるからなのです。

      例えば、外壁にクラックが発生している場合は、クリア塗装の場合はクラックがそのまま見えてしまいます。

      絶対に新築から10年というわけではないですが、壁の状態によってはクリア塗装が出来ないような状態もありますので

      早めに施工を検討するのをお勧め致します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      塗りつぶし塗装は、色つきの塗料で塗りつぶしてしまう方法です。

      ボード自体の柄等はのこりますが、全て1色になってしまいますので外壁自体の雰囲気が変わります。(サイディングボードが多色使用している場合)

       

       

      その他外壁の凹凸を活かした塗り方等も出来ますので是非気になる方はお問い合わせください!!!!!

       

      ちなみに本社の内装改装中で、今はこんな感じになっています~

       

       

       

       

       

       

       

      以上桝内、ブログでした~~~~(^v^)

    3. 屋根ふき替え工事 瓦→ガルバリウム

      こんにちは!

      塗替え道場 本社営業の桝内です(*^_^*)

      最近は更新が出来てなくて申し訳ございません!!

      10月は珍しく雨ばかりで大変でしたね、、、。

      外壁塗装も天候に左右されてしまいますので、多くのお客様に多大なご迷惑をお掛けしてしまい

      申し訳ございませんでした。

       

      今回屋根の葺き替え工事をさせていただいたお客様のお宅の紹介をさせていただきます。

      稲沢市 O様

      今回は屋根瓦からガルバリウム屋根への葺き替え工事を行いました。

      ガルバリウムとは、金属系の素材で屋根や外壁に使用されていることも、最近よく目にするようになった素材です。

      特徴としましては、①軽い ②丈夫 ③錆びにくい

      上記3点が挙げられます。

       

      施工前写真

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      施工後写真

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ちなみに波板交換も今回行わせて頂きました。

      作業の流れとしましては、既存の瓦・木材・残土を処分し、合板を貼り付けその上にルーフィングシート(防水シート)を貼り、ガルバリウムの取付を行いました。屋根自体の軽量化にもなりますので耐震性にも優れています。

      ※デメリットとして、金属系独特の雨音がしてしまうとという点があります。

       

      見た目もかなり変わりますので、ご興味がある方は是非塗替え道場にお問い合わせください(^-^)

       

      以上桝内ブログでした~~

    4. お家の点検について

      こんにちは!

      塗替え道場 本社営業の桝内です(^o^)

      今日はあいにくの天気ですね~

      5月15日(月) 三重県四日市市 四日市郵便局にて外壁塗装【無料相談会】を開催致します!

      開催時間:9:00~15:00

      是非、お越しくださいませ!!!!!

       

      今回のブログはお客様自身でも外壁の点検方法について記載をしていきます♪

      年数が経過してくると、お家もどんどん劣化が進行していきます。

      ①塗料の点検項目

      ・手で外壁を触ってもらって手に粉がつかないか(チョーキング現象)

      ・色褪せはないか

      ・苔や黒カビ等の発生はないか(凸凹している様な外壁に関しては苔やカビは発生しやすいです。)

       

      ②素地の点検項目(サイディングの場合)

      ・サイディングボードが浮きが無いか

      ・反りかえりが無いか

      ・欠けやクラックが発生していないか

      ※モルタル壁やALC等は外壁のクラックが雨漏りの原因に繋がりやすいので気をつけて下さい。

       

      ③シーリングの点検項目(窓廻りやボードとボードの間にあるゴム状のもの)

      ・隙間が発生していないか

      ・シーリングが剥がれてしまっていないか

      ・亀裂が発生していないか

      ・シーリングに弾力があるか(指で押さえてみて弾力が無い場合は硬化してしまっています。)

       

      お家の塗り替えやシーリング工事はお家の見た目だけではなく、お家を長持ちさせる為に重要となります。

      傷んでしまった状態で長年放置してしまうとサイディングボード等の素地自体に痛みが発生してしまい、サイディングボードの

      貼り替え等余分なコストに繋がってしまいます。一度お客様自身でもご自身のお家をゆっくり見て頂く機会を作って頂ければ

      と思います。

       

       

      以上、桝内ブログでした(T_T)/~~~

       

       

    5. 塗料の1液 2液の特徴

      こんにちは 塗替え道場の塚本です。

      今回は塗料の1液2液の特徴について紹介します。

       

      1液の特徴は主剤に対して硬化剤が予め含まれていて、溶剤が蒸発する時間が早く空気で乾燥することで塗膜となります。

      塗料缶の蓋を開ければすぐに使用することができるので、作業効率は楽になります。

       

      2液の特徴は主剤に対して硬化剤を混ぜたもの。主剤と硬化剤を混合した塗料の使える時間が決まっており、その時間内で使い切らなければなりません。

      1液と比べて作業効率は大変なのですが、主剤と硬化剤を使用することで硬化剤の化学反応が起こり、分子の結合が密になるため塗膜と下地との密着性が良くなり耐久性も高くなります。

       

      1液は硬化剤を無理矢理に1液化しているので性能が低下します。

      2液は主剤と硬化剤が別々なので、保存期間は短いがしっかりと性能を発揮できます。

       

      塗料の種類、特徴など他にも何かわからないことがあればぜひ一度お気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

       

       

       

    6. 水性、油性の違い

      こんにちは 塗替え道場の塚本です。

       

      今回は、塗料の水性と油性の違いについて紹介します。

      ・水性

      塗料の主成分は清水で、内装にも使用できます。

      メリットはローラーを使いまわせるので作業効率が良く臭いが少なく値段が安いです。

      デメリットは発色が弱く、耐候性が油性と比較すると落ち、雨水に弱く、乾燥するのが遅いと言ったことから耐久も美観も長持ちしません。

       

      ・油性

      塗料の主成分はシンナーで内装には不向きです。

      メリットは発色が良く耐久性に優れ、雨水にも強く塗料との密着が良いことから耐久と美観が長持ちします。

      デメリットはローラーは使い捨てで養生もしっかり行うので作業効率が悪く塗りにくい、人件費が掛かります。

       

      水性、油性によって金額の差、メリット、デメリットがあり、お客様によっても金額を優先するのか美観、耐久性をとるのか変わってくることと思います。ですから皆さんぜひ一度お気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

       

    7. 塗料紹介

      こんにちは 塗り替え道場の塚本です。

      今回は前回に引き続き塗料の種類について紹介したいと思います。

       

      •無機塗料

      耐久年数20〜25年

      一般的によく知られている塗料は有機物である合成樹脂を使用したものなのですが、無機塗料はガラスや陶器などのような合成樹脂を含まない塗料です。しかし無機だけでは塗料として成り立たないので最低限の有機物を含ませています。

      無機の劣化しない、燃えない、汚れないといったメリットと有機の曲がる、柔らかいといったメリットを配合させた塗料で艶を消す事ことがができないのがデメリットです。

       

      •光触媒塗料

      耐久年数15〜20年(ECO-EX)または10〜15年(ECO-SP)の場合

      特徴は太陽の光で汚れを分解して浮かせ、雨水で汚れを洗い流すセルフクリーニング効果があり、空気浄化、遮熱効果もあります。

      デメリットは中塗りを2回塗り、計4回塗りになるので塗装職人の手間がかかり人件費が多くなる。

      塗料の質が固いのでシーリング材の上に塗布すると、早い段階で塗膜に亀裂が発生することがあるデリケートな塗料です。

       

      塗料の種類によって金額の差、メリット、デメリットがあり、お客様によっても金額を優先するのか美観、耐久性をとるのか変わってくることと思います。ですから皆さんぜひ一度お気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

    8. 塗料紹介

      こんにちは。塗り替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      今回は塗料の種類について少し紹介したいと思います。

       

      •シリコン塗料

      耐久年数12〜15年でウレタン塗料との差額がほとんど無くなり主流となってきている。

      シリコンの含有量が少なく、耐久性が低い製品も出回っているので注意が必要。

       

      •フッ素塗料

      耐久年数15〜20年でシリコンより高い耐久性に加え美観を長期間保つことができる。

      従来の3フッ化フッ素の分子構造にはフッ素、炭素原子、塩素が含まれていて塩素原子が劣化する弱点があったのですが

      現在の4フッ化フッ素ではこの塩素原子を技術開発によりフッ素原子に置き換えることで紫外線の影響を受けにくくなりました。

       

      塗料の種類によって金額の差、メリット、デメリットがあり、お客様によっても金額を優先するのか美観、耐久性をとるのか変わってくることと思います。ですから皆さんぜひ一度お気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

       

       

    9. 合同企業説明会

      塗替え道場ファンのみなさんこんにちは。。。

      本社アドバイザーの田中のトシ君です!!

       

      今週は........な な なんと

      ポートメッセ名古屋で行われた合同企業説明会に行ってきました\(^o^)/

       

      合同企業説明会は今度就職を考えている大学生さん達が希望職種の企業さんの会社説明を聞きに行ける場なんです。

       

       さすがにここまでデカイ規模の説明会なので色々な企業の方達が居て受付でちょっとびびりました(笑)

      初めは緊張していた僕ですが持前のポジティブ精神で呼び込みも上達しました!!!

      会社説明では率先して代表の小林社長みずからが色んなお話もしてくれてました。

       

       

      こういった感じで説明会をさせてもらい新卒新入社員を募集してます。

       

       

      さーて明日からも頑張りますんで外壁リフォームの事なら塗替え道場にご連絡下さい!!!

    1 2 3 4 5 6 21

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ