• ホーム > 
  •  > タグ:
  • ウレタン防水
  • ベランダや屋上はウレタン防水がいいの?防水工事の種類を名古屋の塗り替え道場がお答えします!
    1. ベランダや屋上はウレタン防水がいいの?防水工事の種類を名古屋の塗り替え道場がお答えします!

      秋は水害が多い時期ですね。

      「台風やゲリラ豪雨で雨漏りしないか心配…」と思っている方も多いのでは?

      屋根やベランダ、屋上など防水施工が施されている場所はたくさんありますね。

      防水施工は種類があり、各場所に適した施工があります。

      今回は防水工事の種類をご紹介!

      うちもそろそろ…と考えていた方はまず種類を知りましょう!

       

      防水工事にはどんな種類があるの?

      雨漏りに備えて防水工事をお考えではないですか?

      うちもそろそろかな、と思っているならば台風や大雨の前にぜひメンテナンスをしましょう。

      メンテナンスで防水工事をしなければならない、となったら早めの施工がいいですよ。

      防水工事は主に3種類、ウレタン防水・FRP防水・シート防水があります。

      ウレタン防水とFRP防水は塗膜防水と呼ばれる施工場所に材料を塗る防水工事です。

      シート防水はその名の通り、シートを貼っていくもの。

      工法も材料もそれぞれ違い、費用や耐用年数も違いがあるのですよ。

      施工場所によって適する場所、適さない場所もあります。

      実はDIYできる防水施工もあるのですが、間違えた材料を使用したり、手順を間違えると大変なことに!

      全てやり直しになり、より費用がかかってしまうこともあります。

      そうならないためにも、それぞれの施工方法がどのようなものか、またプロに頼むとなぜ良いのかをご紹介していきますね。

      まずは、一度は耳にしたことがある一般的な防水施工、ウレタン防水からです。

       

      マンションや戸建てのベランダにはウレタン防水

      ウレタン防水は極々一般的な防水施工でマンション・戸建てのベランダ、共用廊下、平らな屋上などに施されています。

      液体状のウレタン樹脂を塗布して、シームレスな防水層を作る、塗膜防水と呼ばれる防水施工です。

      費用も比較的安価であり、施工期間も短いので改修工事などでよく採用されています。

      人が塗るため厚みを均等にするのが難しい、というデメリットがありますが、どんな形状の場所にも施工できる防水施工です。

      そして、この施工は2つの工法があります。

      密着工法通気緩衝工法です。

      施工場所の下地の状態で適する工法が変わってきます。

      1つ目の密着工法ですが、こちらは下地に直接ウレタン樹脂を塗る工法です。

      水分が多い場所には適しません。

      マンション・戸建てのベランダに最適な工法です。

      ケレン(清掃)作業をしてから、プライマーと呼ばれる接着剤を塗ります。

      その上からウレタン樹脂を2回(中塗り・上塗り)塗って仕上げ、更に上からトップコートをかけるのが一般的です。

      トップコートは防水層を紫外線から守る大切なもの。

      メンテナンス時にはトップコートを塗り替えるだけで防水層を長持ちさせることができます。

      自分で材料を買ってきて塗る、ということが密着工法は実はできます。

      しかし、人の手で塗るため熟練職人でないと難しい!

      失敗して材料も無駄になり、結局業者に依頼する、となったら費用もとてもかかりますよね…。

      プロに頼むのをおすすめします。

      2つ目の通気緩衝工法は、水分が多い場所にも施工可能です。

      屋上などに適しています。

      こちらもケレン作業をしてプライマーを塗るところまでは同じですよ。

      その後、通気緩衝シート(湿気や水分を逃すシート)と脱気筒を取り付け、上からウレタン樹脂を塗っていきます。

      トップコートも密着工法と同じく塗ります。

      耐用年数はトップコートを5年起きに塗り替えることで10年ほど。

      10年持つフッ素のトップコートもありますので、業者に相談してみましょう。

       

      丈夫で長持ちFRP防水

      ウレタン防水と同じく塗膜防水のFRP防水。

      RRPとは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforced Plastics)の略称で、衝撃性に強く、塗膜なのでシームレスに形成できて仕上がりがとてもキレイです。

      なんといっても丈夫!

      その強度を活かして屋上駐車場にも使われ、ベランダ・バルコニーの床やバスタブ、ボートなど様々な場所に施工されています。

      木造・鉄の下地には適しませんのでご注意ください。

      また、塗膜の効果速度が速いので工期が短いのが特徴です。

      乾燥が必要なので、天候に左右されますが1~2日程で完了!

      しかし、FRP防水はプラスチックゆえ、紫外線に滅法、弱いです。

      トップコート必須ですよ!

      こちらもウレタン防水と同じように5年ほどでトップコートを塗り替えましょう。

      防水層の寿命は10~12年ぐらいです。

      しっかりトップコートで保護をしておけば、劣化が早まることはありませんので5年目安でメンテナンスをおすすめします。

      これをサボると防水層まで劣化が進み、再施工になることも。

      費用、期間もかかってきますので、メンテナンスはしっかり行いましょう!

      また、これもウレタン防水と同じですが10年持つフッ素のトップコートもありますので、施工場所の日当たりなどを考えて、業者に相談してみてくださいね。

      ちなみにFRPは材料の配合が難しいためDIYはおすすめできません。

      プロに任せてくださいね。

       

      屋上にピッタリ!シート防水

      短期間で工期を終えることができる防水はもう1つあります。

      シートを貼っていくシート防水で、主に屋上に使用されていますがご存じですか?

      こちらのシート防水も工法が2つ。

      密着工法機械固定工法です。

      その名の通り、密着工法は下地に密着させる工法。

      ケレン作業とプライマーを塗布したら、シートを貼っていきます。

      塗膜防水と違い、シートを使用しますので下地が平らでないとできません。

      また、水分が多い場所は適しません。

      ピッタリとシートを貼りますので、通気性がないため下地の影響を受けやすいのです。

      膨れやめくれといった劣化の原因となります。

       

      うちの屋上は水はけが悪くて濡れているからできないなぁ…

       

      そんな時は、機械固定工法がおすすめ!

      機械固定工法は固定ディスクと呼ばれる金具で防水シートを固定する工法です。

      脱気筒で水蒸気を逃すことができますので、下地の影響を受けにくい。

      下地の条件が悪い場合は機械固定工法で施工しましょう。

      風圧の影響を受けやすいというデメリットがあるのですが、シートを固定する金具の数がきちんと決まっています。

      信用のおける業者にしっかり、施工してもらうようにしてくださいね。

      金具の数をごまかされ、「シートがめくれてしまった!」ということがないように。

      耐用年数は13~15年ほどです。

      塗膜防水と比べると、少し長い寿命です。

      施工場所の環境などによって変わってきますが、メンテナンスをしっかり行うことで長持ちさせることができます。

      屋上にはめったに行かないから劣化に気づかなかった、ということがないように年に一度ぐらいは目視による確認をしてみましょう。

      シートですので、鳥害(鳥による突っつきなどの被害)や異物が当たって穴が空く、ということもあります。

      見つけたらすぐに補修を!

      雨漏りの原因にもなりますので、確認してみてください。

      もちろん、シート防水は素人ができるものではありませんので、これはプロに任せてくださいね!

       

      塗り替え道場に防水工事はお任せください!

      塗装を行っている塗り替え道場ですが、腕の良いベテラン防水職人をたくさん抱えております。

      また、塗膜防水は塗る作業ですので、経験豊かな塗装職人が承っているのをご存じでしょうか?

      足場をかけて塗装を行う際に、防水施工もご案内しています。

      費用をかけて足場を組みますので塗装工事だけでなく、他の施工も一緒に行ってトータルメンテナンスでご自宅を守りませんか?

      後日、防水施工をしようと思った時にはまた足場をかけて施工、となります。

      一回で全て終わるように台風・大雨シーズンに備えて、あらゆるところをメンテナンスしてみてくださいね。

      お見積りお待ちしておりま~す!

       

      次回は「吹付タイル」の動画をご紹介です。

      毎度おなじみ塗装班・職長寺西くんが解説してくれます。

      なかなか見られない補修工事をたっぷりお届けですよ!

      お楽しみに~☆

    2. ベランダ防水は自分でもできる!~寺西先生の塗装講座・ウレタン防水偏~

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」の動画から、今回は「ウレタンでベランダ防水をする!」のご紹介~!

      防水職人ではなく、塗装職人の塗装班職長・寺西くんがウレタン防水の施工を行います。

      「塗装職人が防水工事するの?!」と思う方も多いと思いますが、塗装と塗膜防水の作業はよく似ているのです!

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

       

      DIY?本気出したら自分できる!ベランダ防水は絶対もっと安くなる!

       

      ウレタン防水の材料の作り方はこちら!↓↓↓

      ウレタン防水工事は塗装職人でもできる!密着工法と絶縁工法で職人が違う!

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      社長の疑問

      前回の「ウレタン防水・材料の作り方」偏でご紹介したウレタン防水を実際に塗っていきます。

      現場は前回と同じく名古屋市中村区。

      出演は社長と塗装班職長・寺西くんでお送りしま~す。

      3平米ぐらいの戸建てのベランダをウレタン防水していきましょう!

      今回は施工を始める前に社長が常々、思っている事があるそうなのでちょっとご紹介。

       

      「この動画を視聴しているのは職人なのかお客さん(素人)なのか気になる。

      動画を職人が見ているのならば、塗装・足場・シーリングなど目的別で見ているとは思うがどういうものが見たいのか?

      職人さんが見てくれている、という感触はあるので塗装で悩んでいる人はいないだろうか?

      どのぐらい見ているのか知りたいので、コメントを入れて欲しい。

      こういう目的で見ています、などあればお願いします。

      参考にしていい動画を作っていきたい。」

       

      社長の日頃思っていることをご紹介しました~。

      確かに、「誰がどのような目的で見ているのか」というのは気になるところです。

      職人さんも自分の専門分野だけ見ているのか、興味のあるものを一通りみているのか、人それぞれ違うかもしれませんね。

      こういうのが見たい!」というのがあればぜひコメントをお願いします!

       

      ウレタン防水について

      では、今回のメインであるウレタン防水に戻りましょう!

      材料を塗っていきますが、その前にウレタン防水のことをちょっとご説明。

      液体のウレタン樹脂を使用して施工をするのですが、1液性と2液性があります。

      2液性は化学反応で硬化させてゴム状の弾力のある防水層を作りますよ。

      施工法が密着工法絶縁工法の2種類ありまして、塗装職人が行うのは密着工法の方です。

       

      ・密着工法…下地に直接ウレタン樹脂を塗りかさねて防水層を作る工法。

               下地の影響を受けやすい。

      ・絶縁工法…通気緩衝工法ともいう。

               通気性の良いシートを貼り付けてその上から防水材のウレタンを

               塗り重ねる工法。蒸気化した水分による膨れなどを防ぐ。

       

      ウレタン防水のメリットは、シームレスな連続塗膜が形成できる、工期が短期間、低コストです。

      職人が手作業で行いますので、均一な塗膜にすることが難しい!

      そして密着工法の場合は下地の影響を受けやすく、下地調整が大事です。

      膨れやひび割れなどは、この下地調整が不十分だと起こりやすくなるので、しっかり行います。

      水分が多い場所は、密着工法は適しません。

      寿命は10~15年ぐらいで上からトップコートをかけて紫外線から守ります。

      トップコートも5年置きには塗り替えが必要になりますので、メンテナンスはきちんと行いましょう。

      劣化が進むと防水層までダメになってしまいますので再施工なんてことも。

      もちろん費用もかかりますので、そうなる前にメンテナンスを行ってくださいね。

      絶縁工法はシートを貼る施工なので下地の影響を受けることが少なく、水分が多い場所に打って付けなのですが、歩行には適しません。

      屋上などに良く用いられます。

       

      塗装職人が実践!ウレタン防水の塗り方

      2層目を今回は塗っていきます。

      普段は立ち上がり(垂直に立ち上がっている壁)と平場(平らな場所、床部分)は材料を分けて、違うものを塗っているそうです。

      立ち上がりは「中粘度」使用します。

      もっと立ち上がりが強い時や材料が流れやすい時期などは「立ち上がり用」を使用するそうですよ。

      戸建てのベランダぐらいならば、中粘度で厚目に作ればOKです。

      平場は「平場用」を使用します。

      塗り方を見ているとムラになっているな、と思うかもしれませんがそれは、「あえて」です。

       

      寺西先生曰く、

      レベリングと呼ばれる方法で高い所から低い所に流れて平らになるようにしています。平らになる仕組みになっていい感じの#$%&…

      え?いいところで噛みました!

      すみません…放送事故です…!

       

      気を取り直して塗っていきましょう!

      まずは小さい刷毛で狭い所を細かく塗り、その後大き目の刷毛で塗りますよ

      立ち上がりも込みでやりますので、厚目に作っていきます。

      ここで塗り方ポイント

      材料が濃いので刷毛目を出さずに塗る。

      刷毛目とは刷毛の跡で、塗膜に高低の線ができてしまいます。

      そうならないように塗るのはとても難しい!

      なるべく凹凸の縞模様が出ないように塗ってください。

      厚みを均等にしましょう。

      均等に塗るポイントは材料を塗るスパン(距離)を決めて、そのスパンの真ん中に置きます。

      前に塗ったところ、次に塗るところを均して繋げていきましょう。

      とても硬いので難しいですね。

      ちなみに立ち上がりから塗り始めるのは、「平場を先に塗っちゃうと歩けなくなる」からだそうです(笑)

      踏まないように気を付けてくださいね。

      防水で一番大事なのは塗装と一緒で塗膜(塗料などの被膜の厚み)です。

      刷毛目はある程度レベリングで直りますので、固めて肉厚を付けるのが大事な作業になります。

       

      防水のお金

      防水工事は決して安くありません。

      作業内容としては①プライマー②中塗り③上塗り④トップコートです。

      ②中塗りと③上塗りをしたら乾かさないと次の工程にいけませんので、「乾かし待ち」がほとんどの作業になってしまいます。

      作業そのものはこのぐらいのベランダならば30分~1時間ほどで終わるのですが、乾き待ちがあるので施工全体としては1日で終わるか終わらないか…。

      時間かかりますね~。

      なので、その間に他の作業をすると効率よくできる!

      乾かし待ちをしている間に屋根を塗りに行ったり、外壁を塗りに行ったりするといいのです。

      人工(作業をする人の労働力)にお金がかかるので塗装職人が防水をすると無駄なく作業が進むわけですね。

       

      ウレタンのローラー塗り

      ウレタン防水はローラーでも塗れます。

      塗装と使用している道具はほぼ一緒です。

      塗ってみて「厚み足りないな」と思ったらまた上から塗ればOK。

      乾いてから塗ることで厚みを持たせることができます。

      2度塗りと3度塗り、見た目が全然違いますので動画で確認してみてくださいね!

      平場は人が歩くところなのでタップリ目に。

      砂地・小石とかが見えなくなるぐらい、肉厚に塗りますよ。

      塗装屋さんで、水性塗料を使用するところが多いそうなので、水性塗料は肉厚付けると中が渇かないそうです。

      樹脂はそういったことはなく匂いもあまりありません。

      これが乾いたらトップコートをして、ドレーン(排水周り)は塗装をしてお終いです!

       

       

      材料を用意出来たら自分でも塗れます!

      ベランダぐらいならDIYでもいいかもしれないですね。

      工事で心配事や疑問に思ったことなどがあったら、ぜひコメントを!

      また、寺西くんに「解説して欲しい!」・「聞いてみたい!」ことなどもコメントを入れてくださいね!

      よろしくお願いしま~す。

       

      次回のご紹介動画は「FRP防水」についてです!

      ウレタン防水に並んで塗膜防水であるFRPとは一体何なのでしょうか?

      また社長と寺西くんコンビの解説ですよ~。

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~。

       

       

    3. ウレタン防水工事は塗装職人でもできる!密着工法と絶縁工法で職人が違う!

      「塗替え同場」が配信している「塗替えTV」の動画から、今回は「ウレタン防水は塗装職人でもできる!」をご紹介します!

      防水職人でもない塗装職人がウレタン防水の施工を行いますよ!

      工法によって職人が違いますが、塗装職人は何をするのでしょうか…?

       

      気になる動画はこちら!

      ↓↓↓

      ウレタン防水工事は塗装職人でもできる!密着工法と絶縁工法で職人が違う!

       

      ★塗替え道場TVはこのHPの左側にあります!

      毎日、配信していますので、ぜひチャンネル登録よろしく~!

       

      塗装職人がウレタン防水を施工するわけとは?

      今回の現場は名古屋市中村区。

      戸建てのお家の前に車を停めて撮影しています。

      ウレタン防水の施工なのですが、なぜか塗装班職長・寺西くんがいますよ。

      防水職人でもないのになぜでしょうか…?

      実は塗り替え道場では塗装の職人が防水施工をします。

      ウレタンやFRPなどの密着工法を塗装職人、絶縁工法シート防水は防水職人が手掛けているのです。

      恐らく、塗装職人が防水施工をすることはあまりないのではないでしょうか?

      ちょっと珍しいかもしれませんね。

      なぜ塗装職人がやっているのでしょうか。

      それは、密着工法が「塗る」施工だから。

      塗るとは何を塗っているか分かりますか?

      ウレタン防水は密着工法と絶縁工法の2種類あり、施工方法がそれぞれ違います。

      防水機能を持たせるためにウレタン樹脂を使用するのは同じなのですが、密着工法は下地となる場所にウレタン樹脂を直塗りします。

      なので、塗装職人が塗った方がキレイに仕上がる!

      仕上がり重視の防水施工は塗装職人が行って、難しい防水施工は防水職人がやっているのです。

      2つの工法がありますが、そもそもウレタン防水とはどのようなものなのでしょうか。

       

      ウレタン防水とは?

      ここでウレタン防水をご説明します!

      ウレタン防水」とはその名の通り、液体のウレタン樹脂を使用して施工をします。

      1液性と2液性があり、塗装用の材料と同じく化学反応で硬化させ、ゴム状の弾力のある防水層を作るのです。

      密着工法と絶縁工法の2種類の工法があります。

       

      ・密着工法…下地に直接ウレタン樹脂を塗りかさねて防水層を作る工法。

               下地の影響を受けやすい。

      ・絶縁工法…通気緩衝工法ともいう。通気性の良いシートを貼り付けて

               その上から防水材のウレタンを塗り重ねる工法。

               蒸気化した水分による膨れなどを防ぐ。

       

      このウレタン防水の良い所は、材料が液状なのでシームレスな連続塗膜が形成でき、工期も短期間でしかも低コスト。

      既存の防水層の上からでも塗ることできます。

      しかし、職人が手作業で行いますので、均一な塗膜にすることが難しいと言われます。

      密着工法の場合は下地の影響を受けやすいので、下地調整が欠かせません。

      膨れやひび割れなどは、この下地調整が不十分だと起こりやすくなりますよ。

      特に水分が多い場所は、密着工法は適しません。

      寿命は10~15年ぐらいと言われています。

      絶縁工法は通気緩衝シートを貼るので、下地の影響を受けることが少ないです。

       

      水分が多い場所に打って付けですが、歩行には適しません。

      どちらも上からトップコートをしないと、紫外線などで劣化が進んでしまします!

      5年置きぐらいでトップコートの塗り替えが必要です。

      メンテナンス時にはトップコートの塗り替えをしましょう!

      防水層まで劣化が進むと再施工となってしまいます。

      10年ほど長持ちする寿命の長いフッ素系のトップコートもありますので、紫外線がよく当たる日当り良好な施工箇所ならばフッ素系がおすすめ。

      価格は高くなりますが、業者に相談してみましょう!

      何度も塗り重ねることで防水層を形成するのですが、ただ塗るだけでは下地に付きません。

       

      材料の作り方お見せします!

      では動画に戻りましょう。

      材料の作り方をお見せします!

      今、プライマーを塗り終わったところだそうです。

      プライマー」とは下塗りの材料で、接着剤の役割があるもの。

      1液性なので、混ぜて作る必要はありません。

      そのまま使えますので、施工箇所に塗るだけです。

      ①下塗り(プライマー)・②中塗り・③上塗り・④トップコートの順番になります。

      この①下塗りが終わったところなので、これから中塗り材を作りますよ。

      中塗り材はウレタン層になる部分で、使用する材料は「DSカラーゼロ」。

      ウレタン樹脂になります。

      ここで社長が今日のために特別に作ってもらったウレタン樹脂を取り出しましたよ…?

      これはウレタンを固めた15cmぐらいの厚みのあるものです!

      凄いですね!重そう!

      叩くと重たい音が響きます。

      キン消しみたい(笑)

      若い世代は「キン消し」知らないですよね…?

      キン肉マン消しゴムです。興味があったらググってみてください(笑)

      話は戻りますが、塗装と一緒で1液2液に分かれている2液性を使用します。

      塗装の材料と違うのは、主剤より硬化剤が多い所。

      見本の屋根材を見てみましょう。

      主剤の方が塗装材料は多いのです。

      屋根材も一斗缶に対して、硬化剤は小さい缶ですね。

      防水材料DSカラーゼロは主剤:硬化剤が9:18

      1:2ということですが、9:18である意味はちょっと分かりません…。

      硬化剤が主剤に対して2倍の量なのですね。

      ちなみに価格は防水材料の主剤の方が安いそうですよ。

      トップコートが高いのです。

      防水は厚みがないといけませんので、厚みが付くように塗ります。

      1平米3kgと言われているそうなので、主剤+硬化剤で27Kgあるので9平米分です。

      結構、厚みを付けられます。

       

      まぁ、塗り替え道場では毎回このサンプルぐらいの15cmは付けますけどね~(ウソ)

      こんなに厚み付けちゃったらお客様に怒られてしまいますよ(笑)

       

      そしてこの材料は季節によって使い分けます。

      気温によって硬化の時間が変わってくるので、「春用」と「冬用」があるのです。

      今回は冬用を使用します。

       

      かくはんが大事

      では実践です!

      主剤は0.9kg、1割分を入れました。

      ウレタン樹脂はどのような見た目なのでしょうか?

      水飴みたいですね!

      透明トロトロしています。

      なんだか美味しそう…。

       

      飲んだら死にます!!!

      ご注意ください!

       

      体の中で固まると防水効果が発揮されるかも?

      ダイエットにいいかも?

       

      そんなことはありませんよ!

      飲用禁止です!

       

      主剤:硬化剤は9:18でしたので、2倍の量を入れます。

      0.9kgの主剤なので、硬化剤を1.8kg入れましょう。

      入れる時は缶の口をにして注いでください。

      缶の口が汚れてしまいますので。

      では入れましょう。ドポドポドポ…。

      次はシンナーを入れます。ウレタンはトルエンという強いシンナーを1~0.5割。

      0.9kg+1.8kg=2.7kg

      これの0.5割なので0.13kgです。

      かくはんします!

      インパクトを使用して混ぜ合わせますが、このサイズ(量)で大きいかくはん機を使用すると溢れてしまいますので小さいものを使用。

      最初はゆっくりで徐々に速めますよ。

      4~5分ほど、長めに混ぜてください。

      かくはん不足硬化不良が起きて固まらない時があるので、かくはんはしっかり行いましょう。

      トロトロなので手では絶対混ざりませんよ。

      かくはん機がないとできませんので、しっかり混ぜてくださいね!

       

      材料の作り方は分かりました~?

      工事で心配事や疑問に思ったことなどがあったら、ぜひコメントを!

      また、寺西くんに「解説して欲しい!」・「聞いてみたい!」ことなどもコメントを入れてくださいね!

      よろしくお願いしま~す。

       

      次回のご紹介動画は「ベランダ防水」についてです!

      この動画でご紹介しているウレタン防水を実際に塗っているところをお見せします。

      また社長と寺西くんコンビでお送りしますよ~。

      お楽しみに~☆

       

      では、また見てね~。

    4. 見た目も美しい!トップコートの役割とは?

      最後の仕上げはトップコート

      防水工事に欠かせないトップコート」。

      メンテナンス時などにもトップコートの塗り替えなのか、再施工なのか、と度々登場しますよね?

      見積もりにも防水施工にセットになって、載っているかと思います。

      このトップコートは思っている以上に大切な物で、するのとしないのでは雲泥の差があります!

      雨漏りをさせないためにもトップコートをきちんと施工しておくことがとても大事になってくるのですよ~。

      今回は「トップコート」について詳しくお伝えしていきます。

      この知識があれば、次のメンテナンス時に役立つこと間違いなしです!

      ぜひ、覚えておいてくださいね

       

      そもそもトップコートってなに?

      トップコートそのものには防水性能がないことをご存じでしたか?

      上から塗ればそれで「雨漏りが止まる」というものではないのですね~。

       

      「何のために塗るの?」

       

      実は防水層を守る「保護」の目的でするものなのです。

      防水層は雨水の侵入を防ぐために塗っていますよね。

      その上にトップコートを塗るので、何重にもなっているのです。

      ベランダなどに防水層を何度も塗って作っていき、その上からまたトップコートを塗って仕上げます。

       

      「塗らないとどうなるの?」

      「その分、お金がかかるでしょ?」

       

      防水工事をする際にトップコートだけを塗るという工事も確かに存在しているので、別料金なイメージがあるかもしれないですね。

      しかし、新規で防水工事をする時や防水層の再施工の場合はトップコートを塗るまでが、工事にセットされています。

      それだけ、「トップコートを塗る」ということは大事な工程で、省くことはできないのです。

      ベランダなどの屋外は、常に直射日光に晒されていてダメージを受けやすい場所。

      紫外線によるダメージが何よりも強いのです。

      そこに雨風によるダメージも加わりますので、防水層に劣化が生じてきます。

      ダメージが進むと当然、雨漏りしやすくなりますので気がついたら「家の中に雨水が侵入していた!」となるのです。

      雨漏りのような気づきやすい症状ならばいいのですが、内部に染み込み腐敗の原因になっていたら大変!

      大切な家屋がどんどん傷み、住めなくなってしまいますね。

      そうならないためにも、防水層を「守る」ということが必要になるのです。

      しかし「トップコートさえしておけば劣化がでなくて安心」ということではありません。

      防水性能はトップコートにはありませんよ。

      トップコート自体にも寿命があり、塗り替えが必要なのです。

      毎年やらなければならない、というほど軟なものではないのでご安心ください!

      メンテナンスが大変なものではないですよ~。

      だいたいの寿命は5年ほど。

      防水層自体の寿命は10年ぐらいなので、途中でトップコートの塗り替えが出てきます。

      5年ぐらいのスパンならば、そんなに面倒と感じるほどではないですよね。

      もちろん、雨漏りなどのトラブル発生時はすぐ対処しないといけませんよ。

      まだ、そんなに年数経ってないから~」と放置してしまうのが一番、良くありません。

      何も無くても、5年ぐらいでメンテナンスをして家屋を守りましょう!

       

      被膜防水には絶対必要!

      防水工事にはウレタン防水・FRP防水といった、塗り重ねて施工する被膜防水が主として行われていますね。

      防水層を塗って作るので、手間も時間もかかり、施工する職人も熟練度が求められます。

      特にFRP防水は「防水施工技師」でないと施工が行えません。

      施工が難しく、キレイに仕上げるのが大変なのです。

      これだけ大変な施工ですから、その状態をキープしたいですよね!

      なので、トップコートは必ずしないといけません。

      紫外線が防水層をダメにしてしまうので、ベランダなどは特に気を付けなければならないのです。

      FRP防水は主材料がプラスチックのため、紫外線にはめっぽう弱いですよ!

      トップコートで保護をしておかないと、あっという間に劣化してしまいます。

      防水層がダメになってしまうと、再施工になりますので工事費用も桁違いに…。

      まして、雨漏りまでしてしまったら損害は大変な物です。

      そんなことにならないように、トップコートはケチらず必ずしましょう。

      実はこれ、DIYでも可能です。

      たったこれだけの劣化で業者に頼むのも面倒だな…」と思ったならば、劣化している部分だけトップコートをして、しのぐことできますよ。

      節目のメンテナンス時期の前に、劣化を見つけた時ならば「とりあえず」で行うことをおすすめします。

      もしかしたら、防水層が劣化しているかもしれません!

      見ただけでは分からない不具合が生じている可能性がありますので、必ず業者にメンテナンスを依頼して、きちんと見てもらってくださいね。

      さて、トップコートですが、いろいろなメーカーが作っていて材料の違いで値段も変わってきます。

      ウレタン防水で一般的に広く使用されているのが「アクリルウレタン系」です。

      使用寿命は5年ほど。

      そして「フッ素系」のトップコートもあります。

      耐用年数はなんと10年

      フッ素はとても高性能なので、長持ちしますよ。

      しかし、高額なのであまり一般化していません。

      業者に頼む際もどちらがいいか、よく相談してみてください。

      メンテナンスを10年しなくてもよいのはとても魅力的ではありますがその分、高額。

      業者にも勧められることもあるかと思います。

      日当たりがよく、紫外線の劣化が心配であるならば、この丈夫なフッ素はかなりお勧めです。

      しかし、本当にこの場所に必要なのかどうか、よく考えてみてくださいね。

      FRP防水の場合は「ポリエステル系」と「アクリルウレタン系」の2種類あります。

      ポリエステル系は新築工事によく使用され、割れやすいので再塗装ではあまり使用されません。

      主にアクリルウレタン系をメンテナンス時には使用されます。

      伸縮性に優れているので、割れにくい性質があるのでほとんど、塗り直しにはこちらが使われていますよ。

      どちらも5年ほどで塗り直しが必要なものなので、劣化を見つけたら「そろそろかな」と検討してみましょう。

      トップコートを塗布しても、10~12年ぐらいがFRP防水の寿命になります。

      その間に5年スパンでメンテナンスがあると思ってください。

      これを怠ると、防水層まで傷める結果になってしまいますから要注意です。

       

      シート防水にも大活躍

      「うちの屋上はシート防水だから関係ない」

      「被膜防水でないなら必要ない?」

       

      いいえ、そんなことはありませんよ!

      シート防水もトップコートをすることで、寿命をグン!と伸ばすことができるのです!

      合成ゴムや塩ビを主材料とするシート防水ですが、高度な技術で施工をします。

      このシートをきちんと保護して状態をキープできるようにするためにはトップコートが不可欠。

      水性タイプのトップコートを使用します。

      こちらも5年ほどで塗り替えが必要となりますが、他の防水工事と同じスパンでのメンテナンスなので、「扱いが面倒」といったこともないのでご安心を。

      トップコートを塗らない場合もあるのですが、日当たりが良い場所は紫外線で劣化が進みますので塗った方が長持ちします。

      紫外線はどの材料にも損傷を与えますので、屋上などは特にチェックしていかないといけませんね!

      遮熱効果もあるので、ぜひ点検して塗り替えをしてください。

       

      トップコートにスポットを当ててお伝えしてきました!

      するのとしないのでは、明らかに差が出ますので家屋を守るためにもぜひメンテナンス時にはトップコートの塗り替えをしましょう。

      塗り替えをするだけで、防水層を守れるのでメンテナンスにかかるお金も安く済みますよ。

      再施工にならないように、業者にきちんと見てもらってくださいね。

      次回は「劣化の種類」についてご紹介です☆

    5. 防水施工をする時に知っておきたいこと~パート2~

      防水の種類2つ目

      前回、FRP防水をご紹介しましたので、次はウレタン防水です!

      FRP防水を覚えていますか~?

      耐久性に優れたシームレス防水でしたね。

      今回ご紹介するウレタン防水もシームレスに施工できるので、ちょっと似ています。

      混同しやすいのですが、材料が全然違う別物なのです。

      よく行われている施工なので、きっと知っている方も多いと思いますよ。

      ウレタン防水の魅力を1つずつ、見ていきましょう。

       

      どんな形にも対応!ウレタン防水の魅力

      弾力性も伸縮性もあり、どこにでも施工できるウレタン防水!

      施工法は1つではなく、なんと2つもあるのですよ。

      それがウレタン防水の特徴であり、魅力とも言えます。

      FRP防水と同じようにシームレスに施工ができるので、よく使われるのです。

      聞いたことがある!という方も多いのでは?

      では、ウレタン防水の良さを早速、ご紹介していきますね♪

       

      ウレタン防水の特徴

      防水をする際に良く聞く施工方法と言えば、このウレタン防水。

      身の回りの物にもウレタンを使用している物があるので、知っている方も多いですよね。

      でも、「ウレタンってなんだろう?」って思いませんか?

      よく耳にするのはウレタンスポンジ。

      建築材料ですとウレタンフォームなどが聞いたことあると思います。

      「ウレタン」というのは、樹脂の一種で「ウレタン結合」と呼ばれる化学反応でできています。

      配合方法を変えると性質と見た目の異なるウレタンが作れるのですよ!

      面白いですね~。

      このウレタンは防水だけではなく、塗料や断熱材、接着剤と種類がたくさんあります。

      私たちの生活の中でも、いろいろな所で活躍しているのですね。

      防水材料として使用する場合は、液体状にしたウレタン樹脂を重ね塗りすることで防水層を作れるのです。

      ウレタン防水には魅力が2つあります!

      まず、魅力1つ目は他の防水施工の素材に比べて「価格が安い」こと。

      防水工事の中でも主流となっているのは安価であるから。

      これは嬉しい魅力です。

      安いに越したことはないですから、これならやってみようと思いますよね。

      そして、魅力2つ目は「施工が簡単」であること。

      施工法は2つあります。

      ・密着工法

      ・絶縁工法(通気緩衝工法)

      密着(くっ付く)と絶縁(離れる)の違いで、材料のウレタン樹脂は両方とも使用します。

      何がくっ付いていて、何が離れているのでしょうか?

       

      ベランダには密着工法

      密着工法とは「下地に防水層を密着させる」工法のこと。

      下地にウレタン防水材を塗って、補強材→ウレタン防水材と重ねていきます。

      防水層が厚くなるように塗り重ねる工法です。

      ウレタン樹脂の防水材を直接塗るので、密着というのですね。

      「費用を安く抑えたい」・「早く仕上げたい」という時に適していますよ。

      防水工事を短期間で行うことができるので、こちらを選ぶ方が多いです。

      しかし、下地に直接防水材を塗る工法なので、下地の影響を受けやすいことがあります。

      下地の処理がきちんとされていないまま施工をしてしまうと、ひび割れや膨れと言った現象を引き起こす原因に!

      事前に、下地処理として乾燥を十分させる必要があるので、バルコニー・ベランダなどの防水工事に適した工法です。

      では、乾燥させていないまま施工した場合の不具合はどういう風に出るのでしょうか?

      乾燥させていないということは、塗れた状態に防水材で蓋をすることになりますよね。

      そして、特にベランダなどは直射日光が当たりますので、太陽熱で水分が蒸気となっていきます。

      この逃げ場を失った蒸気が「膨れ」となり結果、劣化に繋がっていくのです。

      「膨れ」とは文字通り、膨れてくることを差します。

      耐久性が低下する見逃せないサインなのですよ。

      この膨れが表れたら再施工などの検討が必要にもなりますので、注意が必要です。

       

      屋上には絶縁工法

      もう1つの施工法は絶縁工法です。

      こちらは「下地に防水層を密着させず浮かせる」工法。

      浮いているので濡れている場所にもできる、ということです。

      下地とくっ付いていない、離れているから絶縁なのですね。

      通気緩衝工法ともいい、通気緩衝シート貼り付けた上に放水材を塗って施工します。

      密着工法より費用がかかるのがネックではありますが、水分が含まれる場所に効果的ですよ。

      膨れが出そうだな、という場所にはこちらの絶縁工法が適しています。

      とはいえ、膨れが出そうな場所など素人には分かりませんよね。

      例えば、「雨漏りをしている築年数の古い建物」などがそれに当たります。

      また、「屋上などの面積が広い場所」などにも適していますよ。

       

      メリット・デメリットについて

      ウレタン防水の魅力のお話をしてきましたが、メリットは何でしょうか?

      魅力は「安い」・「簡単」でしたね。

      それ以外にも良い所があるのですよ~。

      よく使われ、防水施工の中でも主流の方法になっている防水施工。

      その最大のメリットは「樹脂である」、ということなのです。

      ・どのような形にもマッチする

      ・つなぎ目無しのシームレス

      ・トップコートを使用して長持ちさせられる

      この3点が最大のメリットとなります。

      樹脂なので、どのような場所・形にも塗れる、という訳です。

      しかも、「上塗りが何度もできる」、厚みも自由に形成できるため「つなぎ目無し(シームレス)」の美しい見た目に整えることもできますよ。

      そして、トップコートを使用することで15年ほど、長期間の防水効果を保つことができるのです。

      FRP防水と同じようにトップコートを5年目安に再塗装することが長持ちの秘訣となります。

      こんなに良いこと尽くめなんて、「どこかに落とし穴があるのでは?」と思いませんか?

      デメリットも、もちろんあります。

      それは、人の手で行う施工なので「均等に塗ることができない」ということ。

      専用の機器もを使用することもできますが、それでも最小限に抑える程度にしか施工できなにのです。

      やはり膜厚に差が出てしまうのですね。

      そして、「乾燥するまでの時間がかかる」ということ。

      その間は「立ち入り禁止」となりますので例えば、マンションの廊下部分などに施工した場合は歩けません。

      このデメリットは性能を下げるようなものとは言えないので、万能な防水施工ですよね!

       

      注意点とその他

      さて、ウレタン防水は場所を選ばず使用できる、とっても良い施工方法です。

      価格も安く、施工期間も短いのでメンテナンスをする際には、ウレタン防水をすすめられることも多いと思います。

      「安いから~」の常套句で、近寄ってくる悪徳なリフォーム会社が数多く存在しますよ!

      実はウレタン防水はごまかしがしやすい施工方法なのです。

      特に多い手口は「樹脂の量をごまかす」というやり方。

      樹脂量が「㎡辺り何㎏」と施工時に決まっているのですが、もちろん素人には分かりませんよね。

      しかも見ただけでは量が分からないものです。

      この樹脂量をごまかして請求してくる業者が最も多いですよ。

      なので、「ごまかしができる」ということをぜひ、覚えておいてください。

      見た目で判断できませんので、信用できる業者に依頼しましょう。

      ところで、施工時期はいつ頃がいいのでしょうか?

      簡単に見極められますが、何だと思いますか?

      それは期間です。

      10年以上の場合は再施工、5年の場合はトップコートの塗り替え。

      単純ではありますが、これが1つの目安。

      もちろんメンテナンス自体は早めに行った方が費用も抑えられます。

      また、目視で劣化が分かるので、表面の色やひび割れなどを見つけたら、「そろそろかな…」と思ってください。

      雨漏りや膨れと言った明らかな異常があったら、早急に対処が必要ですよ。

      放っておくと、大切な家屋が傷んでしまいます!

      室内でも、雨漏りなどは見つけやすいですから「雨漏りしているかも!」と思ったら業者に依頼をしてくださいね。

       

      次回はシート防水についてお伝えしま~す♪

       

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ