梅雨時期の足場工事!!
  1. 梅雨時期の足場工事!!

    こんにちは、塗替え道場の寺道です。

    梅雨入りしてから今まであんまり雨が降っていませんでしたが

    今週は天気が悪くて

    なかなか塗装やシーリングなどの工事ができません

    とはいっても足場職人は天気など関係なく

    雨の日も風の日も天気に左右されることなく

    足場をコツコツ組んでいます。

    塗装やシーリングなどの仕事と同じくらい大事な仕事です

    足場の組み方ひとつで塗装やシーリングなどのやりやすさも変わり

    一番が最後の仕上がりにも影響してきます。

    何といっても足場の職人は雨が降っていても関係なく

    軽快に足場を組んでいきます。

    昔の足場は丸太や単管などで組んでいて

    家を丸一棟組むとなると結構な時間がかかりましたが

    今の足場材は昔と違って決められた長さの部材があり

    それをはめて上からハンマーで叩くだけで作っていきますので

    昔みたいに番線で縛ったりクランプという材料で

    一回一回止めていかなくても良くなりました。

    ただその為足場材ひとつひとつの材料が高いです

    あまり足場材の金額ってあまり知られてないと

    思いますが。

    普通位の家を一棟まるまる組むとなると

    大体外壁塗装を一回分くらいの金額になると思います

    ですのでよくチラシなどで足場代無料とか

    よく見かけますが、正直無理だと思います。

    なぜかと言うと一棟組むだけで外壁塗装一回分の

    材料がいるのにその施工費すら無料って事は

    自社施工で足場材もたくさん持っている会社くらいしか

    できないと思います。

    その為今ではどこの業者さんでも自社施工!!

    などと言ってると思いますが、

    気を付けてください

    自社施工か自社施工じゃない業者の見分け方は簡単です

    まず資材置き場の有無、職人一人一人の顔が載っているブログなど

    そういう所を気にしてみて頂ければすぐにでも分かると思います。

    今回はこの辺で失礼して頂きますが

    やっぱり自社施工で安心安全な工事が一番だと思います。

    少しでも気になった方は気軽なく塗替え道場までお電話の方を

    よろしくお願い致します。

     

     

     

     

  2. 水性・油性

    みなさんこんにちは

    塗替え道場緑店の寺道です。

    みなさん外壁塗装を考えてる人はもちろん

    塗料によっても水性・油性またその水性・油性の

    中でも1液・2液があるのはお分かりでしょうか?

    塗料と言いましてもいろんな業者さんがいろんな

    塗料を使っている為すごい種類があります。

    基本的な所で言いますと、エスケー化研、日本ペイント

    TOTO、アステックペイント、菊水、ミズタニ、スズカファイン

    ロックペイント、関西ペイント、大日本塗料とたくさんあります。

    その中でも弊社が一番こだわっているのは

    2液の油性塗料です。

    外壁の素材によってもなのですが、単純に耐久がある

    水性に比べて色持ちする、艶もなかなかとばない。

    といった点や、やはり外壁の塗装を考えている方たちは

    美観もありますが、一番は耐久だと思います

    ただ水性と油性、1液と2液でもやはり、

    メリット・デメリットがあります。

    メリット

    水性の場合ですと1液、そのため職人による手間がかからない

    保管もしやすい、使い回しが出来る、臭いがほとんどない

    デメリット

    色持ちしない、気温が低いとなかなか乾かない(気温が低いと施工不可)

    色持ち、耐久が油性と比べて低いあ

    塗料がシンナーですぐ落ちる為塗装まえの養生などが雑

    メリット

    油性の場合ですと1液、2液タイプのものが2つあり

    1液より、2液の物の方が耐久がいい、水性に比べて

    色持ちや艶などの発色がいい

    油性の場合、なかなか塗料が落ちないため、養生などを

    しっかりやらないといけない為、養生がきれい。

    デメリット

    水性に比べて臭いがきつい(ただ今は昔と違ってそこまで臭いがきつくなく

    塗料自体も弱有機溶剤に代わっているため体の害も計算されて作られています)

    一度2液の物を使ったら使い回しが出来ない、保存が大変

    硬化剤を入れてから8時間以内に使い切らないと固まってしまうため。

    などと塗料によってもいろいろメリットやデメリットがあるため

    一概に絶対にこれがいいですとはいえませんが

    せっかく10~15年に1度の塗替えなので

    他社さんのお見積もりなどで気になることなどがあれば

    相談だけでもいいのでお気軽にお電話の方をしてきてもらっても

    構いませんので、専門店ならではのアドバイスをさせていただきます。

    どうぞよろしくお願いします

  3. 塗替え道場!!

    こんにちは、塗替え道場緑店の寺道です。
    もうかれこれ足場から現場管理の方に移って約半年がたちます。
    だいぶ仕事も覚えましたが、まだまだこれからです。
    今回はベランダ防水についてですが、

    よく木造住宅に見られる、FRP防水

    Before

    After

    とはなにか!?

    FRPとはよく船や自動車のバンパーなどに使われている

    繊維強化プラスチックの略称でガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックです。

    FRP防水は優れたFRPの特性を防水に応用したもので

    防水層は、軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。

    みなさんベランダの防水と建物の劣化は関係ないと思われがちですが

    防水層から建物の内部に水が侵入してしまうと、木造住宅では

    大事な柱などを腐食させてしまいます。

    鉄骨住宅でも骨組みに錆びを生じさせ、強度を弱くしてしまいます。

    そして、建物内部に侵入した水分は壁や天井を変色、劣化させます。

    そうなる前に早めのメンテナンスをお勧めします。

    FRP防水でもメリットとデメリットがあり

    ※メリット

    ・耐久性が高い(防水の中でも強度がある)

    ・密着性が強い(専用のプライマーで下地への密着性が高い、ある程度膨張や伸縮もできる)

    ・耐摩擦性に優れている(駐車場や競技場でも使用している為はがれにくい)

    ・軽量の為、建物にかかる負担が少ない(年数が経った家や木造住宅などはFRPが最適)

    ※デメリット

    ・紫外線に弱い(基本的にプラスチック素材なので長時間の紫外線に弱く劣化してひび割れてしまうことがあります

    その為、定期的にトップコートを塗り直す)

    ・木造の幅広いベランダ、鉄の下地には不向き(ある程度の伸縮はできるが、伸縮性には優れていないので

    、変形量が大きくなる木造のベランダではついていけず、ひび割れてしまう)

    と色々ありますが。

    現状の防水の種類もありどんな家でどれだけ防水の面積があるかも素人の方では分からないと思いますので

    これを見て御自宅の防水が気になった方や、聞きたいことなどがあれば

    どんな些細な事でもいいのでお気軽にお電話してくだされば。

    私たちがすぐに対応させて頂きますので

    外壁塗装工事や防水工事などは塗替え道場  寺道!!まで(^-^)/

  4. 外壁塗装の施工事例をご紹介!!

    最近、クリアー塗装の現場を担当させて頂く事が続いています!!

     

    せっかくなので、Before/Afterご紹介です(*^_^*) !

    Before

    After

    Before

    After

    どちらも、お施主様だけでなく、ご近隣の方からも

    綺麗になったね~と、

    声を掛けて頂く事がたくさんあり、

    とても嬉しかったです(^^)

     

    そもそもクリアーって?思われた方も、

    いらっしゃるかもしれません!

     

    クリアー塗装はタイル調やレンガ調の

    サイディングなど

    もともと模様を色を生かしたい!!

    という方におすすめしている、

    施工方法です。

     

    今ある外壁や劣化状況によっても、

    この施工方法が、

    おすすめ出来る場合とそうでない場合とがあります。

    お家の状況に合わせてアドバイスさせて頂きますので。

    気になる方は、ぜひご相談ください(^_-)-☆

人気の記事

新着記事

ブログ内検索

カテゴリ

ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

ご連絡お待ちしております。お電話でも承ります。塗替え道場フリーダイヤルCall:0120-168-373受付時間【月~土】9:00~19:00【日】9:00~18:00

ガイドブック請求
お見積もり
お問い合わせ